肌のクリニックレーザー外来

シミ治療

肌のクリニックでは、QスイッチYAGレーザーやトレチノイン・ハイドロキノン療法を用いたシミ治療を行っています。

原則、初診時は診察のみとなり、当日施術はできませんのでご了承ください。ただし、診療時間に空きがある場合は当日施術を行う場合もあります。

老人性色素斑・日光色素斑

老人性色素斑(日光黒子)は、加齢と紫外線によって起こるシミです。シミの悩みの半数以上を占める最も頻度が高いシミで、1円玉以上の大きなものから、そばかす程度の細かいものまであります。

QスイッチYAGレーザー治療

老人性色素斑を早く治したい方にはQスイッチヤグレーザー治療をおすすめします。だいたいのシミは1回、多くても2回の治療で消えますので、何ヶ月~何年も美白ケアを一生懸命頑張って来た患者さんは、あっさりと治療が終わって驚かれるかもしれません。

レーザー照射後、1日~3日くらいでかさぶたが出来ます。1週間~2週間前後で自然に剥がれて、ピンク色の新しい皮膚が出てきて、シミが消失します。治療が早いといっても、レーザー治療後に炎症後色素沈着というシミが戻ってくる状態が起こります。「戻りジミ」と呼んでいますが、起こる人も起こらない人もいます。戻りジミは3ヶ月~半年ほどで自然と消えていきますが、戻りジミを防ぐためには、治療後に紫外線を避けることが必要です。

当院では、透明のUVカットフィルム(エアウォールUV)を貼って保護しています。透明フィルムなので目立ちにくく、上からお化粧もできます。肌の湿潤環境も保たれるので、炎症後色素沈着(戻りジミ)が起こりにくくなります。また、ハイドロキノンという漂白剤を併用したり、ビタミンCやトラネキサム酸の内服を併用することも大切です。

シミのレーザー治療

QスイッチYAGレーザーを1回、多くても2回照射するだけで、上記の写真のように頑固なシミが消失します。写真はメーカー提供写真ですが、1回でこのレベルくらいには綺麗になると思っていただいて問題ありません。ただし、写真を見ていただくと、ところどころ細かいシミが残っているのが分かると思います。大きなシミの場合は、1回で大部分は取れるものの、完全に真っ白にはなりません。気になるようであれば、3ヶ月~半年後にもう一度照射をすることもできますし、細かいシミはレーザートーニングで2週間間隔で顔全体に照射して、薄くしていくこともできます。

トレチノイン・ハイドロキノン療法

大きなシミに対しては、トレチノイン・ハイドロキノン療法もお勧めです。レーザーは治療後にフィルムを貼る必要がありますが、トレチノイン・ハイドロキノンは外用剤なので、日焼け止めだけしようしていただければ治療が可能です。

トレチノイン・ハイドロキノンは、塗った部分の皮膚が赤くなり、ポロポロと皮が剥ける状態になりますので、顔全体にシミが沢山あるような場合は適さず、大き目のシミが少数ある場合に適します。1クール2ヶ月間で大体のシミは消えますが、濃いシミの場合は2クール~3クール行わなければならず、少し時間がかかる治療です。

詳しくは、調剤化粧品のトレチノイン・ハイドロキノン療法のページをご参照ください。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADMは両側性にほほの上部・こめかみ付近・小鼻などに多発するシミです。色は灰色~茶褐色、青黒いものなど様々で、大きさは1~3mmほどの小さいものが多いです。境界はハッキリせず、いくつかまとまって出現するのが特徴です。肝斑やそばかすと間違えられることが多く、また、混在していることもあります。

QスイッチYAGレーザー治療

ADMは、シミが表皮の下の真皮層にあるため、トレチノイン・ハイドロキノン療法は効果が出にくく、レーザー治療でないと治りません。QスイッチYAGレーザーによって、確実に治すことが可能ですが、深い層にシミがあるため、1回の治療では全て取り切れず、5回程度の治療を要します。治療と治療の間隔は、3ヶ月から6ヶ月ほど空けなければならないため、期間を要します。

レーザー照射後は、かさぶたができることは少なく、照射したところに一致して点状の内出血斑ができるため、点状に赤くなります。完全に消えるまで、10日ほどかかることもあります。テープ保護は原則不要ですが、当院では炎症後色素沈着を防ぐため、透明のエアウォールUVを貼っていただき、トラネキサム酸・ビタミンCの内服をしてもらいます。メイクやスキンケアは普段通りで構いません。

そばかす・雀卵斑

そばかすは医学用語で「雀卵斑(じゃくらんはん)」と言います。白人に多く、日本人でも色白の人に多いという特徴があります。そばかすは、目の周囲や頬に両側性に存在することが多く、幼小期から思春期にかけて目立ってきます。

色白の人にそばかすが多い理由は、遺伝的な素因によります。色白の人はメラニンができにくいため、正常なメラニンを作って紫外線から肌を守ることができません。そうすると、紫外線によって逆に異常なメラニンが出来て、シミになります。この紫外線に弱い遺伝子は、ご両親から受け継がれますので、そばかすがある方のご両親の顔にはやはりそばかすがある場合が多いです。

思春期以降にできたそばかすは、遺伝的なものの他、小さな老人性色素斑が散らばっているタイプのものがあります。また、パラパラ型太田母斑と呼ばれる、ADMが混在していることもあります。

QスイッチYAGレーザー治療

そばかすの治療は、基本的に老人性色素斑と同じです。美白化粧品はそばかすには無効であり、トレチノイン・ハイドロキノン療法では、シミの数が多くて塗る範囲が広くなり過ぎるため、お勧めしません。また、光治療では薄くはなるものの完全に取ることは難しいため、レーザー治療が第一選択になります。そばかすは1回~2回のレーザー治療でほとんど取れますが、ADMが混在しているケースは、回数が必要なため、長い治療期間がかかることがあります。

老人性色素斑と同様に、レーザー照射後、1日~3日くらいでかさぶたが出来ます。1週間前後で自然に剥がれて、ピンク色の新しい皮膚が出てきます。レーザー治療後は透明テープによる保護とトラネキサム酸・ビタミンCの内服をしてもらいます。1ヶ月ほどで戻りジミが起こる場合がありますが、その後3ヶ月から6ヶ月で消えていきます。そばかす治療

レーザートーニング

そばかすの治療はQスイッチYAGレーザーの532nmという波長でしっかり治療するのが早道ですが、波長を1064nmへ変えて、レーザーを弱い出力で、顔全体に照射することで治療をすることも可能です。QスイッチYAGレーザーの中空照射は、レーザートーニングと呼ばれています。

レーザートーニングは、ダウンタイムはほとんどなく、術後に保護テープを貼る必要もありません。また、肝斑を合併しているそばかすの場合、一緒に薄くしていくことが可能です。

2週間間隔で、回数は10回ほど必要ですが、ダウンタイムがない治療しかできない方には、レーザートーニングによる治療をおすすめします。ただし、そばかすや小さなシミは回数を行うごとに目立たなくなりますが、完全に消えない場合もあり、しっかりと治すためには、原則は532波長で治療を行うことをおすすめします。

レーザートーニングについては「肝斑治療」のページもご参照ください。

シミ治療の料金・値段

2017年までは下記の料金となります。2018年以降は料金の見直し・改訂をしますのでご了承ください。

項目 料金(税抜)
初診料 2,900円
再診料(必要時) 980円
直径5mm以下のシミ  1個1回 4,000円
直径10mm以下のシミ  1個1回 8,000円
以後直径が5mm増加ごとに +4,000円

5mm以下のシミが10個以上~20個まで(※1

顔全体1回 38,000円

5mm以下のシミが21個以上の場合1個増加ごとに(※2

1,500円

5mm以下のシミが50個以上~(※3

顔全体1回 83,000円

エアウォールUV 10cm(※4

小 100円

大 200円

レーザートーニング

Qスイッチヤグレーザー中空照射

(肝斑・シミ・くすみ・美白)

 

顔全体初回 7,800円

2回目以降 9,800円

首追加 +3,000円

首のみ 6,800円

体は面積に応じて

ロングパルスヤグレーザー中空照射

(赤み・毛穴・小じわ)

顔全体初回 8,800円

2回目以降 11,800円

首追加 +3,000円

首のみ 6,800円

体は面積に応じて

ダブル照射(※5

ロングパルスヤグレーザー+Qスイッチヤグレーザー

顔全体初回 16,600円

2回目以降 17,600円

首追加 +6,000円

首のみ 13,600円

体は面積に応じて

クリーム麻酔(必要時)

顔1面 3,000円

体は面積に応じて

ペンレステープ(テープ麻酔)1箇所 1枚 300円
トレチノイン0.5% 5g 1,980円
トレチノイン0.1%  5g 2,480円
医療用ハイドロキノン4% 5g 2,180円
トラネキサム酸500mg(※6 90錠 2,400円
ビタミンC(シナール)(※6 90錠 1,200円

※1 そばかすのように、5mm以下のシミが複数ある場合の割引料金です。ただし、顔に適応であり、首や体の場合は別途料金が必要です。また、5mm以上のシミや、ADMと混在している場合などは別途料金が必要です。

※2 5mm以下のシミ21個目以上からの割引料金です。顔に適応であり、首や体の場合は別途料金が必要です。また、5mm以上のシミや、ADMと混在している場合などは別途料金が必要です。

※3 5mm以下のシミが50個以上ある場合、何個取っても一律料金です。ただし、顔に適応であり、首や体の場合は別途料金が必要です。また、5mm以上のシミや、ADMと混在している場合などは別途料金が必要です。

※4 エアウォールUV(UVカット機能がある透明保護テープ)は、レーザー照射時に初回に貼付する分は無料です。

※5 ダブル照射は、ロングパルスヤグレーザーとQスイッチヤグレーザーを同時に照射します。ロングパルスヤグレーザーが「赤み・毛穴・小じわを改善」、Qスイッチヤグレーザーが「シミ・くすみ・黒ずみを改善」する作用があるため、肌の様々な悩みを改善し、素肌本来の美しさと透明感を取り戻します。

※6 トラネキサム酸・ビタミンCの保険処方はできません。トラネキサム酸・シナールの処方のみをご希望の場合には診察料はかかりません。(初診時のみ必要。)

シミ治療のよくある質問

当日施術を受けることはできますか?
原則、当日施術はできず、後日に施術予約を取っていただきます。ただし、小さなシミが1~2個で、レーザー室が空いている場合、当日施術を行うこともあります。
シミのレーザー治療を受けられない場合はありますか?
トレチノイン軟膏をシミの部分に使用している方は、治療中止後1ヶ月間以上、イソトレチノイン(アキュテイン)の内服をしている方は、治療中止後6ヶ月間以上の間隔を空ける必要があります。また、日焼け後の肌にはレーザーは当てられませんので、強い日焼けをした後は、1ヶ月間以上空けてからでないと治療はできません。
他院でピーリングを行っている方は、ピーリングから2週間以上間隔を空けてください。
妊娠中にシミ治療を受けられますか?
レーザー治療・トラネキサム酸の内服は、妊娠中にも影響はほとんどないと考えられていますが、当院では念のため、妊娠中には治療をお控えいただいております。授乳中は問題ありません。トレチノイン軟膏は、妊娠中・授乳中にはお使いいただけません。ハイドロキノン外用剤は、妊娠中は中止、授乳中はお使いいただけますが、ハイドロキノンが赤ちゃんの口に入らないようにご注意ください。トラネキサム酸ローション(調剤化粧品)やビタミンCの内服は、妊娠中・授乳中ともに問題ありません。
治療後シミがもどってしまいました
レーザー照射後、40%の方にシミが戻ってきます。これはレーザーの刺激による炎症後色素沈着と呼ばれるシミで、「戻りジミ」と呼んでいます。
戻りジミは、3ヶ月~半年ほどで自然に消えていきますので心配しないでください。戻りジミを減らすためには、術後できるだけ長い間保護テープを貼っておくこと、患部をこすらないこと、紫外線に当たらないことが大切です。当院では、高濃度ビタミンCローション・トラネキサム酸ローション・ハイロドキノンの外用や、トラネキサム酸・ビタミンCの内服など、戻りジミを減らす治療も行っていますので、ご希望の方は医師にご相談ください。
治療後にまだシミが残っているのですが
ADMなどの深い層にあるシミは、1回の治療では取り切れず、通常3~5回程度の治療が必要なります。
老人性色素斑などの普通のシミは、通常1回で取れますが、レーザーに反応が悪い場合は1回では取り切れず、2~3回の治療が必要になることがあります。 また、戻りジミ(レーザー後の炎症後色素沈着)をシミが残っていると勘違いしている可能性もあります。その場合は、3~6ヶ月で自然に消えていきます。
シミが残存する場合は、1回目の照射後3~6ヶ月空けていただき、炎症後色素沈着が治まってから、2回目の照射を行います。
ダウンタイムはありますか?
レーザーを照射後、1週間~2週間程度は透明の目立たない保護テープを貼っていただきます。当院ではエアウォールUVを採用しており、透明でありながら紫外線もカットでき、上からメイクも可能ですので、シミが小さい場合、テープを貼っていても言われないと分からないほどです。テープはできれば1週間~2週間貼りっぱなしにしておきます。
目の周りのシミは取れますか?
目の周囲のシミも注意深く行っていけば取ることはできますが、眼球(白目)についているシミは取ることができませんので、眼科へご相談ください。
痛みは強いですか?麻酔は必要ですか?
レーザー中は輪ゴムで弾かれるような痛みがあります。ほとんどの方は無麻酔で我慢できるほどですが、痛みに弱い方はテープ麻酔やクリーム麻酔などの表面麻酔をしてから施行します。
施術後に注意することはありますか?
レーザー後の戻りジミを最小にするために、患部をこすらない・触らないこと、紫外線を当てないことが大切です。当院ではエアウォールUVという紫外線をカットする透明テープを貼りますので、剥がれない限りはそのまま1週間~2週間貼りっぱなしにしておいてください。そうすることによって、患部は物理的刺激や紫外線から保護され、炎症が早く引きます。
ピンク色の綺麗な肌が出てきた後も、引き続き患部をこすらないこと、紫外線を当てないことを心がけてください。