トレチノイン・ハイドロキノン

高濃度VCエチルローション、トレチノイン、ハイドロキノンの3つを使ったシミ・毛穴治療を行っています。

レーザー後の戻りジミ(炎症後色素沈着)や二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)にも使用します。

トレチノイン_ハイドロキノン

トレチノインの特徴

「トレチノイン」は表皮のターンオーバーを促進し、表皮の細胞を増殖させます。結果として、メラニン色素を持った表皮の細胞はどんどんと上へ押し上げられます。約1ヶ月~2ヶ月という短期間で、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に排出させてしまいます。

ニキビや毛穴の改善作用がありますので、シミだけでなく、ニキビ・ニキビ跡治療、シワや毛穴の改善目的に使用することもできます。

ハイドロキノンの特徴

シミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素を作る細胞を減少させるため、できてしまったシミを効果的に漂白していきます。米国では、多くの患者さんへ皮膚のシミ取り目的で治療薬として処方される薬です。

市販のハイドロキノンの濃度は1~2%のものがほとんどで、すぐに褐色になって、活性がなくなってしまうものもあります。当院では、4%濃度の安定型ハイドロキノンを処方しています。開封後でも6ヶ月間安定です。

トレチノインとハイドロキノン療法

トレチノインは表皮のターンオーバーを促進し、シミを外に排出させ、老人性色素斑(シミ)、炎症後色素沈着、肝斑に効果を発揮します。表皮の細胞を増殖させ、コラーゲンの産生を促すことで、小ジワや毛穴を改善させる効果があります。

トレチノインと並行して、メラニンの産生を防ぐ高濃度ビタミンCローションと、美白剤であるハイドロキノンを併用することで、新しい白くきれいな皮膚に置き換えていきます。

治療期間

通常の治療期間は1日2回の使用で、1クール=2ヶ月です。肝斑や頑固なシミ、毛穴、小じわには、クールとクールの間を1~2ヶ月以上空け、2クールから3クールの治療を行います。シミが改善した後、戻りにくくするために、ハイドロキノンのみ4週間ほどさらに継続します。

処方にあたっての注意事項

初めての方は、使い方や副作用についての診察と説明を受けていただきます。また、紫外線を浴びるとシミが戻ってしまいますので、紫外線予防ができない方は、治療を受けることができません。

外用の仕方

  1. 刺激の少ない石鹸で、泡で優しくなでるように洗います。ごしごしこすらないにようにしましょう。
  2. VCエチル5%ローションを顔全体に塗り、その後、保湿性が高い化粧水やクリームで保湿します。
  3. トレチノイン軟膏(黄色の軟膏)を、患部(シミや毛穴、小じわが気になる部分)だけに、ベビー綿棒などで薄く丁寧にぬって、3分程おいて乾かします。
  4. ハイドロキノンを上から薄く重ね塗りします。シミの部分よりひとまわり大きめに塗ってください。
  5. 乾いた後、SPF30以上の日焼け止めや下地を塗ります。こすらず、重ねるようにして塗ってください。
  6. お化粧をする場合は、UVカット入りのファンデーションやBBクリームをおすすめします。

使用にあたっての注意事項

濃いシミや、多数顔全体にあるシミに対しては、トレチノイン・ハイドロキノン療法の効果は高くありません。その場合、レーザーによるシミ治療をおすすめいたします。

  1. 始めの2週間は皮が剥け、赤みやかゆみが出てくるので一番辛い時期になります。その後は肌が徐々に慣れていきます。全く刺激を感じない場合は、トレチノインの濃度を上げる必要がありますので、医師にご相談ください。(1日2回の使用ですが、刺激や赤みが強い場合は1日1回に減らしてください。)
  2. 強い治療ですので、医師に指示された用量・用法を守り、定期的な診察を受けてください。
  3. 最初はシミが濃くなったように感じることがありますが、2ヶ月目から徐々にシミの輪郭がぼやけて薄くなってきます。強い赤みや刺激、かぶれがある場合は、必ず医師の診察を受けてください。
  4. 目の周囲、傷、かぶれがある部位へお使いになれません。口唇や乳輪周りは原則避けて頂きますが、医師の許可がある場合はご使用になれます。
  5. 非常に稀ですが、ハイドロキノンによる白斑が報告されています。また、長期使用や高濃度のハイドロキノンによる、使用後の炎症後色素沈着も報告されています。連続してのご使用は、2~3ヶ月以内とし、必ず1~2ヶ月のインターバルを設け、お肌に異常があれば医師の診察を受けてください。
  6. トレチノイン、ハイドロキノンは妊娠中、授乳中はお使いになれません。念のため、トレチノインは妊活の1ヶ月前からご使用をお控えください。
  7. 紫外線予防を念入りにしてください。ノンケミカルでSPF50+の「CセラUVクリーム」「メイクアップUVベース」をおすすめしています。
  8. 普段のスキンケアには、予防美白作用のある調剤化粧品をおすすめします。
トレチノイン軟膏 0.05% 1,980円 + tax / 0.1% 2,480円 + tax
内容量 / 5g
使用期限 / 処方日より冷蔵:2ヶ月
必ず冷蔵保存で、お早めにお使いください。
有効成分 / トレチノイン0.05% / 0.1%

※ハイドロキノンは従来の5g 2,180円のものから、10g 2,980円のタイプへ変更となります。

安定型ハイドロキノン4% 2,980円 + tax
内容量 / 10g
使用期限 / 開封後冷蔵:6ヶ月 未開封時:2年間
未開封時は常温保存可能ですが、活性を長く保つため、冷蔵庫での保存をおすすめします。
開封後は冷蔵庫で保管してください。
有効成分 / 安定型ハイドロキノン4%

ご予約・お問い合わせ

スマホ予約
高円寺院 KOENJI
TEL 03-5913-7435
月~土 10:30-13:30/15:30-18:30 
日・祝 休診

麹町院 KOJIMACHI
TEL 03-6261-7433
平日 11:00-14:00/16:00-19:00
土日 10:00-13:00/15:00-18:00
祝日 休診

※両医院とも完全予約制となっております。
※医学的なご質問等は別途「電話再診料」を頂きますのでご了承ください。