ニキビ跡の赤みの消し方・治し方

ニキビ跡の赤み(PIE)

ニキビ跡の赤みは、ニキビが大きく腫れたり、膿を持ったりして、その後にピンク~赤色、または、紫色の斑点が残った状態です。

この赤みは、炎症後紅斑(Post Inflammatory Erythema, PIE)と呼ばれます。紅斑(こうはん)は医学用語で、赤い斑点(赤いスポット)という意味です。

ニキビあとの赤み(炎症後紅斑 PIE)

PIEは自然に消退していきますが、一度できると頑固で消えにくいものも多くあります。PIEの赤い斑点をニキビだと思って「ずっとニキビが治らない」と相談してくる患者さんもいらっしゃいます。

原因

PIEは、皮膚の毛細血管が拡張したり、増生したり、損傷したりして引き起こされます。「こもりニキビ(嚢胞性ニキビ)」のような、皮膚の下にしこりをもった大きなニキビや、炎症が強く赤く腫れたニキビが主な原因となります。

その他にも、湿疹、皮膚炎、日焼け、物理的な皮膚の損傷などが原因で起こることもあります。

治療

自然に治っていくものもありますが、時には数ヶ月~数年続くものもあります。これは、炎症が起こる深さも関係しています。

小さなニキビの炎症であれば、皮膚の浅い部位に小さなPIEが起こり、ターンオーバーによって自然に軽快していきます。しかし、ニキビの炎症が強く、皮膚の深い部位にPIEが起こった場合には、真皮の代謝は非常に遅いため、PIEが治りにくくなります。

自宅できる治療

ニキビ跡の赤みを消すために自分でできることは限られていますが、以下のものがあります。

化粧品・医薬部外品

レチノール(ビタミンA)、ビタミンC、ナイアシンアミド、トラネキサム酸など、肌のターンオーバーを促したり、色素沈着を予防したり、抗炎症作用のある成分が入った化粧品・医薬部外品を使用します。

化粧品成分がPIEに対して効果的に働くというエビデンスはありませんが、紫外線やレーザー後の紅斑に対する効果や、炎症後色素沈着(PIH、シミ)の予防効果は報告されています。

レチノールは肌のターンオーバーを促進する作用があるものの、逆に赤みが出るケースがあります(ビタミンA反応)。その場合には、使用頻度を落として継続していくことで肌が慣れてきて、赤みも起こりにくくなります。

また、アットノンやヒルマイルドといったヘパリン類似物質が入った傷跡用のクリームやジェルを使用している方も時々おられますが、実はヘパリン類似物質のエビデンスは乏しく、効果はあまり期待できません。

化粧品と医薬部外品はあくまで補助的なもので、自然に消えているのか、効果が出ているのかが判断しにくいと言えます。

紫外線を避ける

炎症や刺激は、毛細血管の拡張や増生を促します。ニキビが治って皮膚の炎症が収まれば、周囲の毛細血管は縮小し、徐々に退縮して赤みがなくなります。

しかし、日焼けをして常に肌に炎症を起こしていたり、マッサージなどの物理的な刺激を加えたりしていると、血管の退縮が起こりにくくなります。

日焼けやマッサージなど、肌への刺激になることは避けましょう。

医療機関での治療

PIEがなかなか改善しないケースでは、治療を行うことで比較的早期に改善させることが可能です。

トレチノイン

トレチノインは表皮のターンオーバーを促進し、細胞の新生やメラニンの排出を促すため、肝斑や炎症後色素沈着(PIH)といったシミに使用されます。皮膚を新生させる作用があるため、ニキビ跡の赤みを早く消す作用も期待できます。トレチノインは、レチノールよりも作用・副作用とも強く、使い始めの2週間は逆に赤みが強く出てしまうことに注意が必要です。

美白剤のハイドロキノンを併用することもあります。ハイドロキノンが直接赤みを改善することはありませんが、炎症後のシミを抑制する作用があります。トレチノインでシミを追い出すとともに、ハイドロキノンで新しく出てきた細胞のメラニンを抑えることで、白い肌に置き換えていきます。

イソトレチノインはニキビの飲み薬ですが、トレチノインと同様の作用があるため、ニキビとともにPIEも改善するケースを多く認めます。ただし、服用中は赤ら顔になる副作用があるため、一過性にPIEが悪化したように見えることがあります。

ダーマペン

ダーマペン(マイクロニードル)は、先端に多数の微小な針がついた医療用デバイスです。皮膚表面を細かく傷つけることで、肌が再生する過程を利用して新しい肌に入れ替えていきます。

細胞新生作用があるため、PIEにも効果を認めたという報告もありますが、レーザーと比較するとマイルドな効果です。皮膚を傷つける侵襲的な治療のため、ダーマペン後にPIEやPIHが起こるリスクがあることも念頭に置く必要があります。

ダーマペンは、ニキビ跡の萎縮性瘢痕(凹み)を改善させる作用もあり、当院では主にこちらの用途で施術しています。

レーザー

赤みをターゲットに治療できるレーザーは、主に「ロングパルスヤグレーザー」と「ダイレーザー(色素レーザー)」の2種類です。

ロングパルスヤグレーザー
1064nm
スペクトラ、トライビームプレミアム、エクセルV(ジェネシス)、クラリティ、ジェントルマックスプロ、エリート、スプレンダーXなど
ダイレーザー
585nm 595nm
Vビーム、VビームⅡ、VビームPrima、シナジーJなど

ヘモグロビンに対する吸光度はダイレーザー>ロングパルスヤグレーザーですが、深部まで届くのはロングパルスヤグレーザー>ダイレーザーです。どちらを選択してもPIEに対する効果は大きく変わりません。スポットサイズ、パルス幅、出力などのパラメーター設定のほうが重要であり、機種によって適正があります。

ニキビ跡のPIEは顔に多数できることが多いため、当院ではロングパルスヤグレーザーを顔全体に5000ショット照射したり、200Vの高出力機種を用いてスポット径を20mmとして照射をすることで治療します(強力ロングパルスヤグレーザー)。

光治療

光は多波長で、赤みの色素(ヘモグロビン)だけにターゲットを絞ることができないため、レーザーのように単一波長で血管を破壊するほどの効果は得られません。しかし、ヘモグロビンに吸収される波長帯をメインに採用している光治療器もあり、PIEには有効です。

ピーリング

医療機関では、グリコール酸、サリチル酸、TCAなどのピーリングが用いられます。ピーリングはレーザーほどの効果は期待できませんが、比較的安価であり、背中などの広い面積を治療するのに適しています。時には、ピーリングとレーザーを併用することもあります。

当院では、サリチル酸マクロゴールピーリング(30%、または、40%)を用いて治療しています。

ステロイド軟膏

ステロイドは強力な抗炎症作用をもつため、ニキビ跡の極初期(できたばかり)の赤みを改善させるのに役立ちます。しかし、長期使用で血管拡張やニキビ悪化などの副作用が懸念されるため、すでに時間が経過しているPIEには用いません。使用にあたっては医師の指示に従ってください。

最も大切なこと

PIEの治療を行う上で最も大切なことは、ニキビ跡の原因(主にニキビ)を排除することです。

治療写真の黒の矢印部分をご覧ください。レーザー10回後の写真には、以前には存在しなかった紅斑が出現しています。これは、新たにニキビができた跡です。

こちらの患者さんは、イソトレチノインによるニキビ治療が終了しており、ニキビは時々1~2個できる程度まで落ち着いていたため、レーザーで大部分のPIEは改善しています。しかし、ニキビができ続ける場合には、PIEはどんどん増えていきますので、レーザーやピーリングを受けたとしても、いたちごっことなり改善しません。

また、お顔全体に赤みが目立つ方がおられますが、よく観察すると多数のコメドや小さなニキビの炎症が原因のことがあります(酒さや脂漏性皮膚炎などが原因のこともあります)。例え小さなニキビても、皮膚に慢性的な炎症を引き起こす原因となり、毛細血管が退縮しにくくなります。そのようなケースでは、レーザー前、もしくは、レーザーと併用して、細かいニキビも治療で一掃してしまうことが重要です。

治療についての詳細や副作用などについては、下記のページをご参照ください。

  1. Alster TS, West TB. Effect of topical vitamin C on postoperative carbon dioxide laser resurfacing erythema. Dermatol Surg. 1998 Mar;24(3):331-4. doi: 10.1111/j.1524-4725.1998.tb04163.x. PMID: 9537007.
  2. Dreher F, Maibach H. Protective effects of topical antioxidants in humans. Curr Probl Dermatol. 2001;29:157-64. doi: 10.1159/000060664. PMID: 11225195.
  3. Dreher F, Gabard B, Schwindt DA, Maibach HI. Topical melatonin in combination with vitamins E and C protects skin from ultraviolet-induced erythema: a human study in vivo. Br J Dermatol. 1998 Aug;139(2):332-9. doi: 10.1046/j.1365-2133.1998.02447.x. PMID: 9767255.
  4. Jakhar D, Kaur I. Topical 5% tranexamic acid for acne-related postinflammatory erythema. J Am Acad Dermatol. 2020 Jun;82(6):e187-e188. doi: 10.1016/j.jaad.2019.09.074. Epub 2019 Oct 4. PMID: 31589950.
  5. Bierman JC, Laughlin T, Tamura M, Hulette BC, Mack CE, Sherrill JD, Tan CYR, Morenc M, Bellanger S, Oblong JE. Niacinamide mitigates SASP-related inflammation induced by environmental stressors in human epidermal keratinocytes and skin. Int J Cosmet Sci. 2020 Oct;42(5):501-511. doi: 10.1111/ics.12651. Epub 2020 Aug 20. PMID: 32657437.
  6. Grimes PE. A microsponge formulation of hydroquinone 4% and retinol 0.15% in the treatment of melasma and postinflammatory hyperpigmentation. Cutis. 2004 Dec;74(6):362-8. PMID: 15663072.
  7. Busch KH, Aliu A, Walezko N, Aust M. Medical Needling: Effect on Skin Erythema of Hypertrophic Burn Scars. Cureus. 2018 Sep 6;10(9):e3260. doi: 10.7759/cureus.3260. PMID: 30430049; PMCID: PMC6219864.
  8. Sofen B, Prado G, Emer J. Melasma and Post Inflammatory Hyperpigmentation: Management Update and Expert Opinion. Skin Therapy Lett. 2016 Jan;21(1):1-7. PMID: 27224897.
  9. Bhatia ND, Werschler WP, Cook-Bolden FE, Guenin E. Tolerability of tretinoin lotion 0.05% for moderate to severe acne vulgaris: a post hoc analysis in a black population. Cutis. 2020 Jul;106(1):45-50;E1. doi: 10.12788/cutis.0059. PMID: 32915939.
  10. Morton LM, Smith KC, Dover JS, Arndt KA. Treatment of purpura with lasers and light sources. J Drugs Dermatol. 2013 Nov;12(11):1219-22. PMID: 24196329.
  11. Adamic M, Troilius A, Adatto M, Drosner M, Dahmane R. Vascular lasers and IPLS: guidelines for care from the European Society for Laser Dermatology (ESLD). J Cosmet Laser Ther. 2007 Jun;9(2):113-24. doi: 10.1080/14764170701280693. PMID: 17558762.

ご予約・お問い合わせ

再診の方はお問合せ時に「診察券番号」をお知らせください。
2021年の年末年始のお休みは両院とも12/29~1/5となります。
●高円寺院 TEL 03-5913-7435
月~土 10:30-13:30/15:30-18:30 休診:日 / 祝
●麹町院  TEL 03-6261-7433
平日 11:00-14:00/16:00-19:00 土日 10:00-13:00/15:00-18:00 休診:祝日
※完全予約制となっております。
※大変申し訳ありませんが、お電話が混み合って繋がりにくいことがございます。スタッフの人数が限られておりますので、何卒ご理解をお願いいたします。
※医学的なご質問等で医師が対応する場合、別途「電話再診料」を頂きますのでご了承ください。