イソトレチノイン治療中と治療後のレーザーの安全性

イソトレチノインとレーザーの間隔

アキュテイン(イソトレチノイン)は難治性ニキビに対する治療薬で、1982年からアメリカで使用されています。

イソトレチノインの最も頻度が高い副作用は皮膚や粘膜の乾燥です。また、イソトレチノインは光の感受性を高める可能性があります。

イソトレチノイン治療中のレーザー治療で創傷治癒不良(傷が治りにくくなる)の症例報告があったことから1 2、レーザ―治療を受ける場合、イソトレチノインを中止後6ヶ月以上の間隔を空けることが推奨されています。

しかし、創傷治癒不良は1980年~1990年代の症例報告のみであり、比較試験ではなく、6ヶ月間のインターバルの医学的根拠ははっきりしませんでした。近年、イソトレチノイン治療中や、治療後6ヶ月以内でも安全にレーザーを受けられることが多くの研究から報告されています。

各治療との相互作用

ノンアブレーティブレーザー

イソトレチノイン治療を終了後1ヶ月以内の10人の患者を対象に、顔の片側にノンアブレーティブフラクショナルレーザー(1550nmのエルビウムグラスレーザー)を当てた比較試験では、すべての患者で肥厚性瘢痕やケロイドは観察されず、ニキビ跡の改善が認められました3

アジア人18人を対象に、低用量のイソトレチノインでニキビを治療中に、顔の片側にノンアブレーティブフラクショナルレーザーを照射した試験では、レーザー照射部分に一過性の赤みと浮腫が生じたものの、安全性に問題はなかったことが報告されています4

アブレーティブレーザー

イソトレチノイン(10mg~60mg/日)治療中~終了後3ヶ月以内に、炭酸ガスフラクショナルレーザーを受けた20人のアジア人患者を6ヶ月以上フォローアップした研究では、有害事象は軽微で、肥厚性瘢痕やケロイドは見られませんでした5

脱毛レーザー

イソトレチノイン治療中の女性患者7人にダイオードレーザー(810nm)で脱毛をおこなった研究では、大きな有害事象はなく安全に施術できたことが報告されています6

110人の患者を対象として、イソトレチノイン治療中にレーザー脱毛を受けた患者と受けてない患者について評価した後ろ向き研究では、どちらの患者も瘢痕、創傷治癒の遅延、ケロイドは認められませんでした7

ケミカルピーリングとサンドペーパー

イソトレチノイン治療後1~3ヶ月以内に35%TCAピーリングとサンドペーパー(やすり)によるアブレーション治療を受けた10人の患者の前向き研究では、すべての患者は正常な創傷治癒を示し、肥厚性瘢痕やケロイドは見られませんでした8

多施設共同研究

インド皮膚外科学会は、11の医療施設で2012年から1年間、イソトレチノインを内服している患者の外科的治療の転帰を研究しています9

183人の患者が登録され、レーザー脱毛(ダイオード、YAGレーザー)、マイクロニードル(ダーマペン等)、CO2レーザー、QスイッチYAGレーザー、ピーリング(グリコール酸、サリチル酸、TCA)、IPL、サブシジョン、皮膚生検、切開、パンチング、歯科治療など504の外科的治療が行われました。183人中、61人が外科的治療前にイソトレチノインを中止し、122人が外科的治療中もイソトレチノインを内服していました。

504の外科的治療のうち、2つのケースでケロイドの形成を認めました(グリコール酸ピーリングと複合母斑の高周波焼灼術)。また、紅斑の発生、色素沈着などの副作用の発生率はイソトレチノイン治療を行っていない患者の文献上データと同程度と報告されています。

当院の知見

前院から含めて、当医療法人では14年間、延べ1万人以上の方へイソトレチノイン治療を行っています。当初はすべてのレーザーやピーリングを治療終了後6ヶ月以上空けて行っていましたが、10年ほど前から、イソトレチノイン治療中にサリチル酸マクロゴールピーリングを行うようになりました。

イソトレチノイン治療中にサリチル酸マクロゴールピーリングを行った患者は、1000人以上いますが、軽微な赤み等を除いて、副作用は出ていません。

5年ほど前からは、トーニングやロングパルスヤグレーザー(Nd:YAGレーザー)などの低出力のレーザーをイソトレチノイン中止後3ヶ月後から開始可能としました。そしてここ数年では、イソトレチノイン治療中に低出力レーザーを併用している症例もありますが、重篤な副作用は一例もありません。

トーニングやロングパルスヤグレーザーで多い有害作用は、一過性の赤みや毛包炎ですが、イソトレチノイン服用中の患者とイソトレチノインを使用していない患者で比較すると、有害作用は変わらないだけでなく、イソトレチノイン服用中の患者では毛包炎がほとんど起こりません。

医療脱毛レーザーについては、高出力であり、イソトレチノインの有無に関わらず稀に火傷を引き起こすリスクもあるため、イソトレチノイン中止後1ヶ月以上経過してから可としています(従来6ヶ月)。

もちろん例外はあり、イソトレチノインの用量、皮膚の状態、レーザーの種類、出力などのパラメーターによって、個々の症例で適切に判断する必要があります。

参考文献・サイト

参考文献・サイト

  1. R Rubenstein, “Atypical keloids after dermabrasion of patients taking isotretinoin” J Am Acad Dermatol. 1986 Aug;15(2 Pt 1):280-5. doi: 10.1016/s0190-9622(86)70167-9. PMID: 3018052
  2. H Zachariae. “Delayed wound healing and keloid formation following argon laser treatment or dermabrasion during isotretinoin treatment” Br J Dermatol. 1988 May;118(5):703-6. doi: 10.1111/j.1365-2133.1988.tb02574.x. PMID: 2969261
  3. Sandeep S Saluja, “Safety of non-ablative fractional laser for acne scars within 1 month after treatment with oral isotretinoin: A randomized split-face controlled trial” Lasers Surg Med. 2017 Dec;49(10):886-890. doi: 10.1002/lsm.22711. PMID: 28853175
  4. Jun Xia, “Concomitant Use of 1,550-nm Nonablative Fractional Laser With Low-Dose Isotretinoin for the Treatment of Acne Vulgaris in Asian Patients: A Randomized Split-Face Controlled Study” Dermatol Surg. 2018 Sep;44(9):1201-1208. doi: 10.1097/DSS.0000000000001546. PMID: 29781900
  5. Hyun Woo Kim, “The safe delivery of fractional ablative carbon dioxide laser treatment for acne scars in Asian patients receiving oral isotretinoin” Dermatol Surg. 2014 Dec;40(12):1361-6. doi: 10.1097/DSS.0000000000000185. PMID: 25361201
  6. Khalil A. Khatri. “Diode Laser Hair Removal in Patients Undergoing Isotretinoin Therapy” Dermatol Surg. 2004 Sep;30(9):1205-7; discussion 1207. doi: 10.1111/j.1524-4725.2004.30373.x. PMID: 15355360
  7. Byalakere Shivanna Chandrashekar, “Safety of performing invasive acne scar treatment and laser hair removal in patients on oral isotretinoin: a retrospective study of 110 patients” Int J Dermatol. 2014 Oct;53(10):1281-5. doi: 10.1111/ijd.12544. PMID: 25039864
  8. Fabíola Rosa Picosse, “Early chemabrasion for acne scars after treatment with oral isotretinoin” Dermatol Surg. 2012 Sep;38(9):1521-6. doi: 10.1111/j.1524-4725.2012.02460.x. PMID: 22687256
  9. Omprakash Heggadahalli Mahadevappa, “Surgical Outcome in Patients Taking Concomitant or Recent Intake of Oral Isotretinoin: A Multicentric Study-ISO-AIMS Study” J Cutan Aesthet Surg. 2016 Apr-Jun; 9(2): 106–114. doi: 10.4103/0974-2077.184054 PMID: 27398012

ご予約・お問い合わせ

高円寺院 Koenji
TEL 03-5913-7435
月~土 10:30-13:30/15:30-18:30 
日・祝 休診

麹町院 Kojimachi
TEL 03-6261-7433
平日 11:00-14:00/16:00-19:00
土日 10:00-13:00/15:00-18:00
祝日 休診

※両医院とも完全予約制となっておりますので、お電話かネットからご予約ください。
※医学的なご質問等、医師が対応する場合は別途電話再診料を頂戴することがございます。