肌のクリニックレーザー外来

目のクマ治療

肌のクリニックでは、レーザーを用いた目の下のクマ治療を行っています。

目のクマの原因

目の下のクマは、一般的には青クマ、茶クマ、黒クマなどと色で分類されることが多いのですが、色で分類することにあまり意味はありません。なぜなら、同じメラニン色素の沈着であっても、メラニンが存在する深さによって色が違って見えるからです。

近年、クマの原因として表皮と真皮の色素沈着が報告されています。成人でクマを持っている方のほとんどに、色素沈着があることがわかっています。この色素沈着は先天性(生まれつき)のものがほとんどですが、目を擦ったりする物理的な刺激や、紫外線などの影響で後天的にできることもあります。

表皮にある色素沈着は、若いうちからでも目立ちやすく、はっきりとわかります。真皮にある色素沈着は、加齢によって目の下の皮膚が徐々に薄くなると目立ってきます。若いうちは、表皮や真皮は厚く、真皮層のコラーゲン繊維もたくさんあって弾力に富んでいるので、色素沈着があっても目立ちませんが、加齢で真皮のコラーゲンが減少すると、色素沈着が透けて見えるようになるわけです。早い人では10代後半くらいから目立ってくるようになります。

目のクマのレーザー治療

ほとんどのクマの原因である色素沈着には、レーザーが第一選択となります。当院では、QスイッチYAGレーザーを使用して、色素沈着を除去するとともに、ロングパルスヤグレーザーを使用して、薄くなった真皮層に熱エネルギーを加え、コラーゲンの産生を促して真皮を厚くする治療を行います。

1回の治療で、ロングパルスヤグレーザー→Qスイッチヤグレーザーの順で照射し、これを約2週間間隔で10回ほど行います。ダウンタイムが無いように出力を調整していますので、術後にカサブタになることはなく、すぐにメイクも可能です。

さらに効果を高めたい方は、臍帯血幹細胞培養上清HSCM100の治療を併せて行うこともできます。HSCM100の治療を併用する場合は、2週間間隔でレーザーと交互に行います。

レーザーで改善するクマとしないクマ

レーザー治療で改善しないクマは、凹みによるクマです。これは加齢による皮下組織(脂肪組織)の減少によるものですので、凹みによるクマは、ヒアルロン酸や脂肪組織の注入など、注入剤が必要になります(当院では注入による治療は行っておりません)。

逆に、ヒアルロン酸の注入で改善しないクマは色素沈着によるクマです。目の下が青~黒っぽくなっていたり、茶色っぽく見えるクマはレーザーが第一選択なります。数回の治療では効果は感じにくいのですが、5回目くらいから徐々に色素沈着が目立たなくなってくるのを実感できます。

治療回数は10回程が目安ですが、場合によっては20回ほど行うこともあります。

 

目のクマ治療の料金・値段

項目 料金(税抜)
初診料 2,900円
再診料(必要時) 980円

目クマレーザー

(QスイッチYAGレーザー+ロングパルスヤグレーザー)

1回 9,800円