スネコスとは

スネコスは、架橋されていないヒアルロン酸と6種類のアミノ酸(グリシン、L-プロリン、L-リジン、L-アラニン、 L-バリン、 L-ロイシン)を配合した注射剤です。自己のコラーゲンならびにエラスチンの生成を刺激して、細胞外マトリックスを増加させることで、真皮のハリを改善させます。

保険適用外の治療であり、未承認医薬品のため、「医薬品副作用被害救済制度」の対象外です。

製剤の種類

スネコスは、低分子ヒアルロン酸の「スネコス200」と中分子ヒアルロン酸の「スネコス1200」の2種類があります。

種類スネコス200スネコス1200
特徴低分子のヒアルロン酸+6種アミノ酸
真皮のハリや小じわの改善
中分子のヒアルロン酸+6種アミノ酸
ほうれい線などの深いシワの改善
適応目まわり、クマ、顔全体、首、デコルテ、手の甲、ニキビ跡ほうれい線、ゴルゴライン、頬のくぼみ、手の甲、ニキビ跡

治療適応

◆しわ・たるみ・目の下のクマ

注入後、コラーゲンとエラスチンの増生が促されます。1週間後から少しずつ効果が出始め、6ヶ月経過後も効果が持続します。真皮のハリや厚みが増すことで、目の下のクマを目立ちにくくする効果も期待できます。ちりめんジワなどの浅いシワに有効です。深いシワに対しては、顕著な改善はないものの、回数を重ねるとナチュラルな効果が期待できます。

  • 部位・・・目の周囲、口角、頬などの部位や顔全体、首、デコルテ、腕、手、内股、膝などにも注射可能です。
  • 治療頻度・・・1~2週間毎に4~8回注入します。
  • 使用量・・・スネコス200を1アンプル(約3cc)患部に注入します。範囲が広い場合には2アンプルを注入します。深いシワの場合には、スネコス1200とスネコス200を同日に注入します。

◆ニキビ跡

ニキビ跡の凹みは、真皮組織の減少(ハリの喪失)でより目立つようになります。スネコスを炭酸ガスレーザーやダーマペンと併用することで、コラーゲンとエラスチンの増生が促され、真皮のハリが増すことで、ニキビ跡の凹みを目立たなくさせる効果が期待できます。

  • 部位・・・ニキビ跡の凹み部分を中心に注入します。
  • 治療頻度・・・1~2週間毎に4~8回注入します。エコツーやダーマペンから前後2週間空けてください。
  • 使用量・・・スネコス200を1アンプル(約3cc)患部に注入します。範囲が広い場合には2アンプルを注入します。大きなニキビ跡の場合には、スネコス1200とスネコス200を同日に注入します。

スネコスのメリット・デメリット

スネコスのメリットは、なんと言ってもその安全性とナチュラルな仕上がりです。架橋剤が入っていないため、異物性肉芽腫などのアレルギー報告がありません。また、ヒアルロン酸のように入れすぎて、不自然に膨らむということもがありません。目の下など、皮膚の薄い部分に注入しても、凹凸になることがなく、チンダル現象が起こることもありません。

スネコスのデメリットは、皮膚に残らないため、すぐにシワが改善するような即効性が期待できないことです。ボリュームアップ効果が弱いため、顕著な変化は得られません。

※チンダル現象…ヒアルロン酸を目の下等の浅い皮膚に入れると、青く透けて見え、クマが目立つようになる現象です。浅層のヒアルロン酸は吸収されずに一部残ってしまうことがあり、水分を溜め込むと、チンダル現象やむくみの原因となります。

スネコス注射に使用する針

スネコス200の注射では、標準で最も細い34G(直径0.18mm)のマイクロ注射針を用いています。可能な限り細い針を使用することで、痛みや内出血の頻度を抑えています。(スネコス1200には30Gの注射針を使用しています。)

34G針の太さの比較4

治療を受けることができない方

  1. 妊娠中、授乳中の方
  2. 注射部位の皮膚に異常がある方

スネコスの副作用

●注射部位の赤み、腫れ、痛み、熱感…通常、数時間~1日で改善します。目まわりの施術では、注射後にかなり腫れますが、数時間から1日で改善していきます。

●内出血…皮膚に分布する毛細血管を刺してしまった場合に起こります。施術の上手下手よりも、確率的なものですのでご了承ください。特に目まわりは内出血が起こりやすい部位であり、消えるまでに1~2週間ほどかかります。

●アナフィラキシーショック…過去にスネコスによる重度のアレルギー症状(全身性の発疹、皮膚・唇・舌の腫れ、呼吸困難、動悸、血圧低下、意識障害、痙攣)は報告されていませんが、理論上はどのような薬剤にもリスクがあります。

●麻酔によるアレルギー…非常にまれですが、テープ麻酔やクリーム麻酔の成分・添加剤による重度のアレルギー症状(全身性の発疹、皮膚・唇・舌の腫れ、呼吸困難、動悸、血圧低下、意識障害、痙攣)が起こる可能性があります。

注射後の注意点

  1. 注射後2日間は、注射部位を擦ったり、揉んだり、押したりしないようにしてください。
  2. 当日のメイク、入浴、サウナ、飲酒、運動はお控えください。軽い洗顔やシャワーは当日から可能です。

ご予約方法

スネコス注射のご予約はお電話のみとなりますので、各医院までお電話ください。

スネコスの料金

項目料金(税込)
診察料初診 3,850円
再診 1,650円
スネコス2001本(3cc)33,000円
スネコス12001本(3cc)55,000円
麻酔料テープ麻酔 1枚 330円
クリーム麻酔 半顔~全顔 3,300円
クリーム麻酔 顔一部 1,500円
  1. 初回注入には診察が必要です。再診時も診察をお勧めしますが、診察をご希望されない方は施術料のみとなります。
  2. スネコスは1本3ccですが、調剤時に吸い取れる量が限られ、実際の注入量は、200は2.7cc、1200は2.5cc程度です。
  3. クリーム麻酔の顔一部は、目まわり、頬の一部のみなど、狭い範囲の施術に適応となります。

スネコス注射のよくある質問

基本的にはスネコス200を用います。ほうれい線や手背などの深いシワの場合、スネコス1200とスネコス200を同日に注射する「クッションテクニック」と呼ばれる方法を用います。

スネコスは非架橋のヒアルロン酸とアミノ酸製剤であり、自己の細胞外マトリックス(Extracellular matrix、ECM)、つまり、コラーゲン、エラスチンの産生を刺激する注射で、「ECM製剤」と呼ばれています。スネコスは、注入部位に留まらず、速やかに代謝・吸収されていきます。

シワ治療などで使用するヒアルロン酸は、架橋型のヒアルロン酸です。その部位に留まり、シワの溝を物理的に埋める「フィラー製剤」の一つです。

注入直後の腫れは、数時間から数日で収まり、その後7日~10日ほどで自己のコラーゲンやエラスチンの産生が促されて、少しずつシワが改善していきます。6ヶ月後のデータでもシワの重症度スコアの低下が報告されています。

1回では効果が低いため、1~2週間毎に最低4回の注射を行います。

当院では、スネコスが初めての方には4~8回、その後は約6ヶ月毎に4回の注入をお勧めしています。

スネコスは、シワの溝を埋めるフィラー剤ではありませんので、ほうれい線などの深いシワに対しては、4~8回注射を行っても消えることはありません。少しずつ目立たなくなるというイメージを持っていただくと良いと思います。

逆に、ヒアルロン酸製剤のように顔がパンパンになって、不自然にほうれい線が無くなるということがありませんので、「ナチュラルに肌の調子が良い」、「なんとなくほうれい線が気にならなくなった」という印象を持たれるでしょう。

同日に併用可能です。

同日部位の場合には、同日に施術はできませんが、それぞれ2週間間隔を空ければ可能です。

スネコス200の注射では、34Gの最も細い針を使用しますので、麻酔なしでも注入可能です。

スネコス1200の注射では、30Gの針を用いますので、クリーム麻酔かテープ麻酔をしたほうが良いでしょう。

痛みに弱い方の場合、スネコス200でもクリーム麻酔をします。

注射後についての質問

スネコス200の注射では、34Gの極細針で注射するため、針穴はほとんど目立ちません。注射した部位の赤みは、30分~数時間で目立たなくなり、注射部位の腫れは数時間から1日で気にならなくなります。

皮膚が薄い部分では内出血が起こることがあり、その場合、消えるまで1~2週間程かかることがあります。

当日のメイクは避けてください。翌日からは、お化粧をしても問題ありません。

注射は極細の針で行い、ほとんど血がでませんので、テープは通常必要ありません。

当日の飲酒は控えてください。翌日からは問題ありません。

当日の運動をお控えください。翌日からは問題ありません。

  1. Patrizia Sacchi and Raffaele Rauso, “Clinical Trial for Assessing the Effectiveness and Tolerability of the Medical Device Sunekos 200, Applied with Electroporator in Skin Ageing” Clinical Dermatology Open Access Journal. Published Date: June 14, 2018.

肌クリのご予約・お問い合わせ

再診の方はお問合せ時に「診察券番号」をお知らせください。
●高円寺院 TEL 03-5913-7435
東京都杉並区高円寺南4-6-7 アンフィニビル4階
月~土 10:30-13:30/15:30-18:30 休診:日 / 祝
●麹町院  TEL 03-6261-7433
東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビルB1階
平日 11:00-14:00/16:00-19:00 土日 10:00-13:00/15:00-18:00 休診:祝日
※完全予約制となっております。
※大変申し訳ありませんが、お電話が混み合って繋がりにくいことがございます。スタッフの人数が限られておりますので、何卒ご理解をお願いいたします。
※医学的なご質問等で医師が対応する場合、別途「電話再診料」を頂きますのでご了承ください。