【内服】トラネキサム酸のシミ、肝斑への効果

トラネキサム酸の肝斑への効果

肝斑

肌のくすみの原因として、多いものの一つに「肝斑(かんぱん)」があります。一般的なシミ(老人性色素斑)と肝斑(かんぱん)は異なり、治療法も異なります。

肝斑治療
頬の肝斑

疫学

肝斑は、思春期以降の女性(10代後半から50代)に多く、女性は男性の4倍~9倍も有病率が高い疾患です1, 2

全人口に対する有病率は、1.5%~33.3%であり 3, 4, 5, 6、正確な数値は分かっていません。これは、人種間の違いや環境の違い(紫外線の強さなど)によって地域差が大きいためです。最も肝斑が起こりやすいのは妊婦さんで、有病率は15.8%~50.8%と報告されています7,8

当院でも20代~40代の女性患者さんが主で、妊娠中から急にくすみが強くなったと訴えられる方も多くいらっしゃいます。

原因

肝斑の原因と悪化要因は、遺伝的素因、物理的刺激、妊娠、経口避妊薬、紫外線暴露、化粧品、光毒性のある薬品などが報告されています9, 10, 11, 12

治療

肝斑では、肌への刺激を徹底的に避けることが重要で、スキンケアやメイクの際に擦らないこと、洗顔をやり過ぎないこと、紫外線を避けること、肌に合わない化粧品を使わない(接触性皮膚炎を避ける)ことが大切です。

肝斑の治療は大きく分けて、外用、内服、レーザー治療の3つがあります30

  • 外用…トレチノイン、ハイドロキノン、ナイアシンアミド、アスコルビン酸、アゼライン酸、トラネキサム酸、ケミカルピーリングなど
  • 内服…トラネキサム酸、アスコルビン酸、グルタチオンなど
  • レーザー…Qスイッチレーザー、ピコレーザー
  • その他…ダーマペン(マイクロニードル)によるトラネキサム酸導入

肝斑に対する外用治療は、有効性はあるものの改善率は高くありません。そのため、効果の高いトラネキサム酸の内服治療が重要となります。

トラネキサム酸の外用の効果や薬効機序、グルタチオンの内服については、以下の記事もご覧ください。

トラネキサム酸の肝斑への有効性

日本人女性11例に、トラネキサム酸を1日量750mg~1500mg、4週間~7ヶ月投与した試験では、軽度改善を含めると、全例に有効性が認められました13。別の研究では、日本人女性40例を対象とし、トラネキサム酸を1日量1000mg~1500mg投与したところ、95%の例で改善が認められたと報告されています14

シンガポールで行われた561名(女性91.4%、男性8.6%)が対象の後ろ向き研究では、トラネキサム酸1日量500mg、治療期間の中央値4ヶ月で、89.7%の患者が改善を認め15、74名の中国の患者を対象にした研究では、トラネキサム酸1日量500mg、治療期間6ヶ月で有効率は64.8%と報告されています16

肝斑に対するトラネキサム酸の内服は、非常に有効性が高い治療と言えます。

飲み方

肝斑治療におけるトラネキサム酸の用量や治療期間についてです。

用量

国内のトラネキサム酸製剤は「トランサミン」が先発医薬品で、現在は多数のジェネリック薬があります。1錠が250mgか500mg、1日3回毎食後の服用で750mg~1500mg/日の用量で処方されています。

過去の研究では、500mg~1500mg/日で肝斑に有効性が報告されています。半減期が1~1.5時間と短いため、1日2回、もしくは、3回に分けて投与されます。

トラネキサム酸500~1500mgの異なる用量で4週、8週、その後2年間までの肝斑に対する有効性を調べた研究では、4週時点での軽度改善率が、500mgで53.8%、750mgで57.1%、1000mgで66.7%、1500mgで86.7%と投与量が増えると治療効果が高くなることを示しましたが、MASI(肝斑面積重症度インデックス)とメラニンインデックスの定量分析では有意差を認めませんでした29。ただし、小規模な研究であり、用量によって効果がどの程度変わるのかは、今後の研究を待つ必要があります。

当院では250mgを1日3回、1日量750mgで処方しています。毎食後だと飲み忘れる方もおられます。1回忘れても500mg/日ですので気にする必要はありませんが、頻回に忘れたり不規則な飲み方では効果を得られません13

治療期間

トラネキサム酸を2年間内服した試験では、治療期間が長くなるほど改善率が高くなることが示されています29

トラネキサム酸を2ヶ月内服して、2ヶ月休薬するといった飲み方を行っている患者さんが時々おられますが、理由を伺うと「血栓リスクを少なくするために医師から指示された」とのことです。市販薬のトランシーノⅡの説明書にも、2ヶ月で一旦中止する旨の記載があることから31、そのように考えてしまうのかもしれません。

しかし、実際はトランシーノの安全性テスト期間が2ヶ月だったという理由だけで、2ヶ月と記載されています。

前述したように、トラネキサム酸が血管閉塞イベントを上昇させるという医学的根拠は乏しく、また、休薬を挟むことで血栓リスクが減るというエビデンスもありません。

トラネキサム酸は忍容性が高い薬剤であり、中止すると肝斑が再発しやすいことを考えると、当院では原則、4ヶ月~年単位で内服を行うように説明しています。ただ、夏だけ悪化しやすいなどの特定の要因がある場合や、日常のケアで十分に再発しにくくなっているケースでは、数ヶ月程度の短期の内服だけ指示することもあります。

効果が出るまでの期間

トラネキサム酸はいつから効くのでしょうか?

トラネキサム酸の内服開始から4週以内に効果が出たとの報告もありますが14、多くは4~8週と報告されています13, 15, 29。当院では「1ヶ月後から効果が徐々に現れてきます。」と説明しています。

トラネキサム酸は、即効性は期待できず、じんわりと効果が出てくるため、「効果がよくわからない」と途中でやめてしまう方も多くいます。効果や治療期間などの正しい説明が重要です。

安全性と副作用

トラネキサム酸の副作用として、最も多いものは消化器症状(腹痛、悪心、嘔吐、胸やけなど)ですが、頻度は0.1~1%と少なく、0.1%未満に過敏症(発疹等)、人工透析患者で痙攣(頻度不明)が報告されています17

血栓症

トラネキサム酸には止血作用があり、血栓症リスクを上げる可能性が報告されています18, 19。しかし、分娩後出血の女性や外傷後患者における大規模なRCTでは、トラネキサム酸は血管閉塞イベントのリスクを増加させず、外傷性脳損傷患者を対象としたメタアナリシスでは血管閉塞イベントをむしろ減少させ、非外科的患者や肝斑治療においても血栓症を増加させませんでした20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 29。トラネキサム酸が血栓症リスクを増加させるという明確な医学的根拠はありません。

トラネキサム酸は、血栓性素因や腎不全のある方は飲めませんが、重篤な副作用は非常に稀であり、安全性が高い薬剤と言えます。

ピルとトラネキサム酸の飲み合わせ

ピルとトラネキサム酸を一緒に飲んでいた42歳の女性が心筋梗塞を発症したとの報告がありますが28、症例報告であり、ピルとトラネキサム酸の相互作用についての明確な医学的根拠はありません。

しかし、ピルは血栓症のリスクを増加させるため、薬理作用から積極的に推奨する医師は少なく、当院でも原則併用しないように説明しています。

妊娠中と授乳中の服用

トラネキサム酸の添付文書上には、妊娠中、授乳中についての注意書きはありません。

妊娠中のFDAのカテゴリーはB(動物実験では胎仔への影響はないが、人での対象試験は未実地)であり32、多くの妊婦に使用されてきた経緯もあり、危険性は少ないと考えられています。

ただ、妊娠中は通常の状態よりも血栓症リスクが高まっていることに加え、不急な治療はどのようなものでも避けることが推奨されています。

出血時の治療ではなく肝斑治療が目的であれば、妊娠が終わってからでも十分間に合いますので、当院では原則控えるように説明していますが、主治医の医師にご相談ください。

授乳中においては、過去に問題が起こった報告もなく、安全に使用できると考えられています33

白髪の副作用

トラネキサム酸の副作用として、白髪が増えるという報告はありません。動物実験では、トラネキサム酸の抗炎症作用によって白髪が改善する可能性も報告されています34

肝斑の再発リスク

トラネキサム酸の治療終了後20日~2ヶ月で色素の増強が認められ13、再発率は9.5~27.2%と報告されていますが15, 16、長期的にはさらに高いものとなります。

肝斑の再発率は高く、正しいスキンケアや日焼け止めで再発をある程度は抑えることができますが、遺伝やホルモンが原因の場合は、長期に付き合わなければなりません。

トラネキサム酸内服の料金

トラネキサム酸は肝斑改善薬として認可されており、「トランシーノⅡ」という医薬品が薬局で販売されています。「トランシーノホワイトCクリア」という医薬品もありますが、こちらにはトラネキサム酸は配合されていません。

トランシーノⅡは1錠あたり187.5mgのトラネキサム酸が配合されており、1日4錠(750mg)で実売価格で計算すると、1日あたり90円~120円です。

病院やクリニックで処方して貰う場合は、肝斑は保険適用病名になっておらず、自費診療となります。トラネキサム酸1錠(250mg)あたり20円~30円で処方されていることが多く、1日3錠(750mg)で1日あたり60円~90円です。その他、診察料等がかかることがあります。

肝斑は診断が大切になりますので、お近くの皮膚科、美容皮膚科でご相談ください。

あわせて読みたい

トラネキサム酸のシミへの効果

老人性色素斑

広義にはシミは肌に生じる黒い色素病変を指すので、肝斑やADM(後天性真皮メラノサイトーシス)なども含まれますが、一般的に患者さんが認識されているシミは、老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)というシミです。

下記の写真で見られるシミで、加齢や紫外線によって生じます。

シミ治療
老人性色素斑

トラネキサム酸のシミへの有効性

肝斑に効果のあるトラネキサム酸ですが、シミ(老人性色素斑)にはどうでしょうか?

残念ながら、通常のシミにはトラネキサム酸の効果はほぼなく、内服でも外用でも消すことは難しいのが現状です。治療としてはQスイッチレーザーが第一選択となります。

炎症後色素沈着への有効性

シミをレーザーで除去した後の炎症後色素沈着(PIH、戻りジミ)に対するトラネキサム酸の有効性はどうでしょうか?

日本人女性を対象とし、Qスイッチルビーレーザーでシミを除去した後のPIHを、トラネキサム酸750mg群とプラセボ群で比較した試験では、トラネキサム酸はPIHの発生を予防しませんでした36

Qスイッチヤグレーザーでシミを除去した40人の患者を、トラネキサム酸1500mg群とプラセボ群に分けて評価したランダム化比較試験では、両者でPIHの発生、メラニン値など臨床的に有意差はありませんでしたが、ダーマスコピーによる観察では、トラネキサム酸群で色素顆粒の発生が有意に低下したと報告されています35

Qスイッチヤグレーザーでシミを除去した後、トラネキサム酸(50mg/ml)と生理食塩水を皮内注射してPIHの発生を比較した試験では、トラネキサム酸群でPIHの発生が低かったと報告されています37

いずれの試験もレーザー治療後からトラネキサム酸を開始しており、トラネキサム酸の効果が緩徐に発現することを考えると、1~2ヶ月前から内服していた場合の効果についても今後研究する必要があります。

レーザー治療後のPIHに対しては、現状、トラネキサム酸が有効とは言えませんが、当院では肝斑を合併している方へは、レーザー治療の2ヶ月前から内服を開始することを推奨しています。

あわせて読みたい

執筆 医師:岩橋 陽介

参考文献・サイト

参考文献・サイト

  1. Arun Achar, (2011) “MELASMA: A CLINICO-EPIDEMIOLOGICAL STUDY OF 312 CASES” Indian J Dermatol. 2011 Jul-Aug; 56(4): 380–382. doi: 10.4103/0019-5154.84722 PMID: 21965843
  2. Hexsel D, (2014) “Epidemiology of melasma in Brazilian patients: a multicenter study.” Int J Dermatol. 2014 Apr;53(4):440-4. doi: 10.1111/j.1365-4632.2012.05748.x. Epub 2013 Aug 22. PMID: 23967822
  3. Hiletework M, (1998) “Skin diseases seen in Kazanchis health center.” Ethiop Med J. 1998 Oct;36(4):245-54. PMID: 11957300
  4. Sanchez MR, (2003) “Cutaneous diseases in Latinos.” Dermatol Clin. 2003 Oct;21(4):689-97. doi: 10.1016/s0733-8635(03)00087-1 PMID: 14717409
  5. El-Essawi D, (2007) “A survey of skin disease and skin-related issues in Arab Americans.” J Am Acad Dermatol. 2007 Jun;56(6):933-8. Epub 2007 Feb 22. doi: 10.1016/j.jaad.2007.01.031 PMID: 17321004
  6. Werlinger KD, (2007) “Prevalence of self-diagnosed melasma among premenopausal Latino women in Dallas and Fort Worth, Tex.” Arch Dermatol. 2007 Mar;143(3):424-5. doi: 10.1001/archderm.143.3.424 PMID: 17372115
  7. Moin A, (2006) “Prevalence and awareness of melasma during pregnancy.” Int J Dermatol. 2006 Mar;45(3):285-8. doi: 10.1111/j.1365-4632.2004.02470.x PMID: 16533230
  8. Rathore SP, (2011) “Pattern and prevalence of physiological cutaneous changes in pregnancy: a study of 2000 antenatal women.” Indian J Dermatol Venereol Leprol. 2011 May-Jun;77(3):402. doi: 10.4103/0378-6323.79741. PMID: 21508591
  9. Handel AC, (2014) “Risk factors for facial melasma in women: a case-control study.” Br J Dermatol. 2014 Sep;171(3):588-94. doi: 10.1111/bjd.13059. Epub 2014 Aug 7. PMID: 24749693
  10. Duteil L, (2014) “Differences in visible light-induced pigmentation according to wavelengths: a clinical and histological study in comparison with UVB exposure.” Pigment Cell Melanoma Res. 2014 Sep;27(5):822-6. doi: 10.1111/pcmr.12273. Epub 2014 Jul 25. PMID: 24888214
  11. Grimes PE, (1995) “Melasma. Etiologic and therapeutic considerations.” Arch Dermatol. 1995 Dec;131(12):1453-7. doi: 10.1001/archderm.131.12.1453 PMID: 7492140
  12. Neel Prabha, (2014) “Cosmetic Contact Sensitivity in Patients with Melasma: Results of a Pilot Study” Dermatol Res Pract. 2014;2014:316219. doi: 10.1155/2014/316219. Epub 2014 Jul 14. PMID: 25132846
  13. 東 萬彦. (1988) “肝斑に対するトラネキサム酸療法” 皮膚 第30巻 第5号 676-680
  14. 御子柴 甫. (1985) “肝斑に対するトラネキサム酸内服療法” 西日本皮膚科 47(6), 1101-1104
  15. Lee HC, (2016) “Oral tranexamic acid (TA) in the treatment of melasma: A retrospective analysis.” J Am Acad Dermatol. 2016 Aug;75(2):385-92. doi: 10.1016/j.jaad.2016.03.001. Epub 2016 May 17. PMID: 27206758
  16. Wu S, (2012) “Treatment of melasma with oral administration of tranexamic acid.” Aesthetic Plast Surg. 2012 Aug;36(4):964-70. doi: 10.1007/s00266-012-9899-9. Epub 2012 May 3. PMID: 22552446
  17. 日医工株式会社 “トラネキサム酸錠250mg「YD」” https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3327002F1169_2_03/ アクセス 2020.04.23
  18. Myers SP, (2019) “Tranexamic acid administration is associated with an increased risk of posttraumatic venous thromboembolism.” J Trauma Acute Care Surg. 2019 Jan;86(1):20-27. doi: 10.1097/TA.0000000000002061. PMID: 30239375
  19. No authors listed. (2013) “Tranexamic acid and thrombosis.” Prescrire Int. 2013 Jul;22(140):182-3. PMID: 23951593
  20. Dunn CJ, (1999) “Tranexamic acid: a review of its use in surgery and other indications.“Drugs. 1999 Jun;57(6):1005-32. doi: 10.2165/00003495-199957060-00017 PMID: 10400410
  21. Chornenki NLJ, (2019) “Risk of venous and arterial thrombosis in non-surgical patients receiving systemic tranexamic acid: A systematic review and meta-analysis.” Thromb Res. 2019 Jul;179:81-86. doi: 10.1016/j.thromres.2019.05.003. Epub 2019 May 5. PMID: 31100632
  22. Tengborn L, (2015) “Tranexamic acid–an old drug still going strong and making a revival.” Thromb Res. 2015 Feb;135(2):231-42. doi: 10.1016/j.thromres.2014.11.012. Epub 2014 Nov 20. PMID: 25559460
  23. Shakur H, (2010) “The WOMAN Trial (World Maternal Antifibrinolytic Trial): tranexamic acid for the treatment of postpartum haemorrhage: an international randomised, double blind placebo controlled trial.” Trials. 2010 Apr 16;11:40. doi: 10.1186/1745-6215-11-40. PMID: 20398351
  24. WOMAN Trial Collaborators. (2017) “Effect of early tranexamic acid administration on mortality, hysterectomy, and other morbidities in women with post-partum haemorrhage (WOMAN): an international, randomised, double-blind, placebo-controlled trial.” Lancet. 2017 May 27;389(10084):2105-2116. doi: 10.1016/S0140-6736(17)30638-4. Epub 2017 Apr 26. PMID: 28456509
  25. July J, (2020) “Tranexamic acid is associated with reduced mortality, hemorrhagic expansion, and vascular occlusive events in traumatic brain injury – meta-analysis of randomized controlled trials.” BMC Neurol. 2020 Apr 6;20(1):119. doi: 10.1186/s12883-020-01694-4. PMID: 32252661
  26. CRASH-2 trial collaborators, Shakur H, (2010) “Effects of tranexamic acid on death, vascular occlusive events, and blood transfusion in trauma patients with significant haemorrhage (CRASH-2): a randomised, placebo-controlled trial.” Lancet. 2010 Jul 3;376(9734):23-32. doi: 10.1016/S0140-6736(10)60835-5. Epub 2010 Jun 14. PMID: 20554319
  27. Bala HR, (2018) “Oral Tranexamic Acid for the Treatment of Melasma: A Review.” Dermatol Surg. 2018 Jun;44(6):814-825. doi: 10.1097/DSS.0000000000001518. PMID: 29677015
  28. Iacobellis G, (2004) “Combined treatment with tranexamic acid and oral contraceptive pill causes coronary ulcerated plaque and acute myocardial infarction.” Cardiovasc Drugs Ther. 2004 May;18(3):239-40. doi: 10.1023/B:CARD.0000033646.21346.e4 PMID: 15229393
  29. Zhu CY, (2019) “Analysis of the effect of different doses of oral tranexamic acid on melasma: a multicentre prospective study.” Eur J Dermatol. 2019 Feb 1;29(1):55-58. doi: 10.1684/ejd.2018.3494. PMID: 30734717
  30. Oluwatobi A, (2017) “Melasma: an Up-to-Date Comprehensive Review” Dermatol Ther (Heidelb). 2017 Sep; 7(3): 305–318. doi: 10.1007/s13555-017-0194-1 PMID: 28726212
  31. トランシーノⅡ 使用上の注意” https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/package_insert/pdf/transino-2_3.pdf アクセス 2020.04.23
  32. NIH “Tranexamic Acid in Pregnancies With Vaginal Bleeding” https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT03632824 アクセス2020.04.24
  33. 国立成育医療研究センター “授乳中に安全に使用できると考えられる薬” https://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/druglist_aiu.html アクセス2020.04.24
  34. Hiramoto K, (2019) “The Role of gp91phox and the Effect of Tranexamic Acid Administration on Hair Color in Mice.” Int J Mol Sci. 2019 May 30;20(11). pii: E2665. doi: 10.3390/ijms20112665. PMID: 31151207
  35. Suthinee Rutnin, (2019) “A Prospective Randomized Controlled Study of Oral Tranexamic Acid for the Prevention of Postinflammatory Hyperpigmentation After Q-Switched 532-nm Nd:YAG Laser for Solar Lentigines” Lasers Surg Med. 2019 Dec;51(10):850-858. doi: 10.1002/lsm.23135. PMID: 31302943
  36. Harunosuke Kato, (2011) “A prospective randomized controlled study of oral tranexamic acid for preventing postinflammatory hyperpigmentation after Q-switched ruby laser” Dermatol Surg. 2011 May;37(5):605-10. doi: 10.1111/j.1524-4725.2011.01957.x. PMID: 21457392
  37. Punyaphat Sirithanabadeekul, (2018) “Intradermal tranexamic acid injections to prevent post-inflammatory hyperpigmentation after solar lentigo removal with a Q-switched 532-nm Nd:YAG laser” J Cosmet Laser Ther. Nov-Dec 2018;20(7-8):398-404. doi: 10.1080/14764172.2018.1444770. PMID: 29505310

ご予約・お問い合わせ

高円寺院 Koenji
TEL 03-5913-7435
月~土 10:30-13:30/15:30-18:30 
日・祝 休診

麹町院 Kojimachi
TEL 03-6261-7433
平日 11:00-14:00/16:00-19:00
土日 10:00-13:00/15:00-18:00
祝日 休診

※両医院とも完全予約制となっておりますので、お電話かネットからご予約ください。
※医学的なご質問等、医師が対応する場合は別途電話再診料を頂戴することがございます。