EGホワイトローション– EG White Moisturizing Lotion –

美肌と美白作用を持つ「ビタミンC誘導体」と 「ヒトプラセンタエキス」に加え、「トラネキサム酸」を美白成分として配合。

「EGF」の働きで内側から肌を修復し、高分子ヒアルロン酸と天然保湿因子アミノ酸の力で、潤いのある素肌に導く医療用の保湿化粧水です。

  • 無香料
  • 無着色
  • 防腐剤フリー
  • アルコールフリー
  • オイルフリー
  • 合成界面活性剤フリー
  • ポリリジンを配合しているため、穀物系の特有の臭いがすることがございます。
  • 基本のプラセンタはメルスモンです。ラエンネックを配合した場合、プラセンタ特有の臭いが強くなります。
EGホワイトローション 4,048円(税込)
内容量 / 110ml ※院内調剤のため内容量に多少の誤差が生じます。
使い方 / 適量を手の平にとって、お顔全体、首などに馴染ませてください。
使用期限 / 要冷蔵 処方日より2ヶ月 ※冷蔵庫保存でお早めにお使いください。
機能性成分 / リン酸アスコルビルNa2%(ビタミンC誘導体・美白) ヒトプラセンタエキス2%(美白・保湿) トラネキサム酸1%(美白) ヒアルロン酸Na(保湿) EGF10000単位(上皮成長因子)
他の全成分 / 水 グリセリン(保湿) BG(保湿・静菌) PCA-Na(アミノ酸・保湿) 乳酸Na(保湿) アルギニン(アミノ酸・保湿) アスパラギン酸(アミノ酸・保湿) PCA(アミノ酸・保湿) グリシン(アミノ酸・保湿) アラニン(アミノ酸・保湿) セリン(アミノ酸・保湿) バリン(アミノ酸・保湿) プロリン(アミノ酸・保湿) トレオニン(アミノ酸・保湿) イソロイシン(アミノ酸・保湿) ヒスチジン(アミノ酸・保湿) フェニルアラニン(アミノ酸・保湿) ポリ-ε-リシン(保湿・静菌)

プラセンタ– Placenta –

ヒトプラセンタの効果

プラセンタの美白、美肌作用については、多数の研究報告があります。また、ヒトプラセンタの注射には、下記に示す様々な作用が報告されています。

  • 保湿作用
  • 美白作用
  • 活性酸素除去
  • 血行促進
  • 新陳代謝促進
  • 細胞の再生
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー

当院のEGホワイトローションとEGホワイトクリームは、院内調剤で「ヒトプラセンタエキス」を配合しています。

2種類のヒトプラセンタ

EGホワイトローションには、ヒトプラセンタエキス「メルスモン」を配合しています。ご希望の方はオプション(無料)でラエンネックをご選択いただけます。

ラエンネックの方がプラセンタ濃度が10%ほど高い反面、特有のにおいが強いため、肌につけると気になる方もいらっしゃいます。そのため、ご希望がない場合にはメルスモンで調剤しています。


メルスモン

ラエンネック
胎盤エキス100mg112mg
におい弱い強い
添加物ベンジルアルコールペプシン 乳糖 PH調整剤
刺激性なしなし
メルスモンとラエンネックの比較

EGF– Epidermal Growth Factor –

EGF(Epidermal Growth Factor|上皮成長因子)は、アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士によって発見された細胞の新生、再生を促すタンパク質です。

人間がもともと体内に持っているタンパク質で、肌細胞の再生能力を引き上げて、肌のターンオーバーを正常化する働きが報告されています。

加齢とともに減少するEGF

EGFの量は生まれたばかりの新生児が最も多く、20代後半から急激に減り始め、30代では20代の時と比べて3分の1にまで減少してしまいます。

肌の老化は、体内のEGFが加齢とともに減少することで、肌細胞の再生能力が衰えるこが一因であると考えられています。

(図)Age-related decrease of urinary excretion of human epidermal growth factor (hEGF) Masahito Uchihashi,Life Sciences,Vol.31,P679-683

加齢とEGF

EGFの細胞新生作用

EGFを配合したクリームを60日間使用した試験において、0.1 ppmの低濃度のEGFでも、高い抗老化作用を持っていることがわかりました。流動細胞計測法による試験では、新生細胞数の増加を認めたと報告されています。US5618544 A Gregory L. Brown

美白成分「トラネキサム酸」– Tranexamic Acid –

EGホワイトクリームは、メラニンを作る細胞の働きを抑え、肝斑や色素沈着を改善させる「トラネキサム酸」を1%配合しています。トラネキサム酸については、「EGホワイトクリーム」のページをご覧ください。

VC誘導体「アスコルビンリン酸Na」– L-Ascorbic Acid 2-Phosphate Trisodium Salt –

アスコルビン酸とは、ビタミンCのことです。アスコルビルリン酸Naは、ビタミンCにリン酸が付いたビタミンC誘導体で、古くから皮膚科でニキビの治療や美肌、美白目的に使用されてきました。*

ビタミンCは酸素に弱く、空気に触れるとすぐに酸化してしまうので不安定でした。アスコルビルリン酸Naは、ビタミンCにリン酸を付けたことで安定性が増し、空気に触れても酸化せずに不活性のままです。

アスコルビルリン酸Naは、皮膚上の酵素でリン酸が切断され、ビタミンCに変わります。そのため、肌に触れるまでは不活性ですが、EGホワイトローションを肌に塗ると効果を発揮します。

VC誘導体の作用には以下のものが報告されています。

  • ニキビの抑制
  • メラニンの抑制
  • コラーゲンの合成促進
  • 肌の細胞寿命の延長
  • 紫外線に対する細胞障害の抑制
  • 抗酸化作用(活性酸素除去)

*Klock J, : Sodium ascorbyl phosphate shows in vitro and in vivo efficacy in the prevention and treatment of acne vulgaris, Int J Cosmet Sci, 2005; 27: 171―176.


関連ページ-Related Pages-

error: Content is protected !!