EGホワイトクリーム– EG White Moisturizing Cream –

ビタミンC誘導体とトラネキサム酸を美白成分として配合。

美肌成分のヒトプラセンタ / EGF / FGFを新鮮なまま添加。

お肌に潤いを与え、透き通るような素肌へ導く医療用の保湿クリームです。

  • 無香料
  • 無着色
  • アルコールフリー
  • パラベンフリー
  • 無鉱物油
  • カチオン系界面活性剤フリー
EGホワイトクリーム 5,478円 (税込)
内容量 / 30g ※院内調剤のため内容量に多少の誤差が生じます。
使い方 / 適量を手の平にとって、お顔全体、首などに馴染ませてください。
使用期限 / 要冷蔵 処方日より3ヶ月 ※冷蔵庫保存でお早めにお使いください。
機能性成分 / トラネキサム酸2%(美白) リン酸アスコルビルNa2%(VC誘導体・美白) ヒトプラセンタエキス2%(美白・保湿)EGF13000単位/30g(上皮成長因子) bFGF14000単位/30g(線維芽細胞増殖因子)
他の全成分 / 水、スクワラン(油剤)、グリセリン(保湿剤)、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(油剤)、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-5(乳化)、トコフェロール(酸化防止)、ベヘン酸グリセリル(乳化)、オクタステアリン酸ポリグリセリル-6(乳化)、メタリン酸Na(キレート)、塩化Na(収れん)、フェノキシエタノール(防腐)

美白成分「トラネキサム酸」– Tranexamic acid –

「トラネキサム酸」は、人工的に合成されたアミノ酸です。メラニンを作る細胞の働きを抑え、肝斑や色素沈着を改善させる効果が認められています。*

EGホワイトクリームは、トラネキサム酸を2%の高濃度で配合し、しっかりと肌に働きかけて肝斑などのシミを予防します。

*Chung JY. Topical tranexamic acid as an adjuvant treatment in melasma: Side-by-side comparison clinical study. J Dermatolog Treat. 2016 Aug;27(4):373-7.
*Lee do H. Reduction in facial hyperpigmentation after treatment with a combination of topical niacinamide andtranexamic acid: a randomized, double-blind, vehicle-controlled trial. Skin Res Technol. 2014 May;20(2):208-12.

トラネキサム酸の美白作用

シミは、紫外線、加齢、タバコ、ストレス、ホルモンバランスのほか、肌をこするなどの物理的な刺激が誘因となって形成されます。様々な誘引物質が表皮細胞を刺激すると「プラスミン」が放出されます。

プラスミンはメラニン色素細胞を刺激し、メラニン色素細胞はチロシナーゼという酵素の働きで、チロシンからドーパ、ドーパキノンを経て、メラニンを作ります。チロシンからメラニンに近づくにつれて色が濃くなり、シミやくすみの原因となります。

トラネキサム酸は、表皮細胞から放出されるプラスミンの働きを阻害することで、最初の段階でシミのもとを抑えます。

トラネキサム酸の作用

FGF– Fibroblast Growth Factor –

線維芽細胞増殖因子(FGF)は、肌の線維芽細胞を増殖させることにより、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の合成を高める作用があります。

EGホワイトクリームに配合されているFGFは、23種類あるFGFファミリーの2番目にあたるbFGFです。bFGFは、23種類のFGFの中で、最も強い線維芽細胞増殖能を有しています。

EGFとFGFの相乗効果

12人の被験者に対して、EGFを0.1 ppm濃度で配合したクリーム、bFGFを0.1 ppm濃度で配合したクリーム、その両者を合わせたクリームを、皮膚の異なる部位に1日2回60日間塗布しました。その後、皮膚切片を取ってヒドロキシプロリン*の量を調べた研究があります。

EGF単独ではヒドロキシプロリン量の増加を認めませんでしたが、bFGF単独で1.45とコントロール1に対して1.45倍の増加、EGFとbFGFの併用で、平均で1.8倍の増加を認めました。

EGFとbFGFの併用により、さらにコラーゲン合成能力が高まることが報告されています。

*ヒドロキシプロリンはコラーゲンの主要成分であり、この量が多いほどコラーゲンの合成能力が高いことを示しています。
*EGホワイトクリームは、EGFとbFGFをそれぞれ0.4 ppm配合しています。

egfとbfgfの効果

EGF

EGホワイトクリームには、EGFが0.4 ppmの濃度で配合されています。EGFについては、「EGホワイトローション」のページを御覧ください。

VC誘導体とヒトプラセンタ

EGホワイトクリームには、医療用ヒトプラセンタと、ビタミンC誘導体のアスコルビルリン酸Naがそれぞれ2%の高濃度で配合されています。アスコルビルリン酸Naとヒトプラセンタについては、「EGホワイトローション」のページをご覧ください。


関連ページ-Related Pages-

error: Content is protected !!