クリニックの弱酸性石鹸– Weakly Acidic Soap –

1種類のアミノ酸系の石鹸から作られているお肌にやさしい弱酸性の洗顔料。

必要な皮脂を落とし過ぎないマイルドな洗浄力で、洗顔後もつっぱりません。

髪の毛からつま先まで全身にご使用いただけます。

  • 無香料
  • 無着色
  • 防腐剤フリー
  • アルコールフリー
クリニックの弱酸性石鹸 1,298円(税込)
内容量 / 200ml ※院内調剤のため内容量に多少の誤差が生じます。
使用期限 / 処方日より2ヶ月 ※直射日光や高温多湿な場所を避け、お早めにお使いください。
全成分 / 水 ココイルメチルタウリンNa(洗浄) ポリ-ε-リシン(保湿・静菌) クエン酸(PH調整)

洗浄成分は1種類・全成分も4種類だけ– Sodium Taurine Cocoyl Methyltaurate –

アミノ酸系のせっけんやシャンプーには、複数の洗浄成分が配合されたものが多くあります。なぜなら、アミノ酸系せっけん単体での洗浄力や、泡立ちやすさが弱いため、複数の界面活性剤を配合して、泡立ちを補助したり、洗浄力を高めたりする必要があるからです。

当院には敏感肌やアレルギー体質の患者さんが数多く来院されます。多くの洗浄成分を配合すれば、それだけ肌に合わないケースが出てくるため、シンプルな処方設計で洗顔料を作りたいと常々思っていました。

クリニックの弱酸性石鹸

クリニックの弱酸性石鹸は4つの成分だけで作られています。

  • 精製水
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ポリリジン
  • クエン酸

この中で洗浄成分はココイルメチルタウリンNaだけです。

ココイルメチルタウリンNaはヤシ油から作られたアミノ酸系の界面活性剤で、マイルドですがお肌の汚れを落とすには必要十分な洗浄力を持っています。

タウリン(アミノ酸の一種)の保湿力で、洗い上がりはしっとりし、ツッパリ感や刺激を感じません。

「水」へのこだわり

せっけんを製造するのに使用している水は、硬度ゼロの「軟水=精製水」です。

精製水を使用することにより、EDTA(エデト酸)などのキレート剤(金属イオンと結びついて不活化する成分)を配合しない洗顔料を作ることができます。

「ポリリジン」について

ポリリジンは、アミノ酸のL-リジンが繋がったポリアミノ酸です1。自然発酵法で作られ、保湿作用に加えて抗菌作用があります。国内では1989年から食品用途として長い実績と安全性が確認されており、アメリカFDAでもその安全性が認められ、天然食品添加物として認証を取得しています2 3

クリニックの弱酸性石鹸は、ポリリジンを化粧品用途に精製したポリ-ε-リシンを製品の保存、安定化目的で配合しています。防腐剤と比較してポリリジンの抗菌作用は弱いため、使用期限を守ってお使いください。

※ポリジンの影響で、穀物系の特有の臭いがすることがございます。

「シンプル」な処方設計

防腐剤、アルコール、キレート剤、着色料、シリコン、香料などは配合しておらず、極限までシンプルな処方設計としました。BGを無配合としたことで粘膜刺激性が低くなり、さらに低刺激になったクリニックの弱酸性石鹸をぜひお試しください。

クリニックの弱酸性石鹸のよくある質問

妊娠中や授乳中、子供にも使用できますか?

妊娠中、授乳中でも安心してお使いいただけます。また、赤ちゃんから大人まで安心してお使いいただけますが、赤ちゃんはそもそも石鹸自体が不要なため、入浴時は、ぬるま湯かお湯で洗い流すだけでも十分です。

無香料タイプだけしかありませんか?

お肌に優しい処方を実現するため、無香料のみの処方とさせていただきます。

香料入りのものをお使いになりたい場合、市販の100%アロマオイルを10滴ほど入れることで、様々な香りを楽しむことが可能です。ただし、ご自分でアロマオイルなどを添加される場合、アレルギー性や光毒性に注意してください。また、当院においての品質保証はできかねますのでご了承ください。

詰め替え用のせっけんはありますか?

詰め替え用はご用意しておりません。防腐剤や静菌作用のある成分を一切配合していないため、容器は使い捨てとさせていただいております。また、常温保存で処方日から2ヶ月以内が使用期限となりますので、ご注意ください。

浴室で保管しても大丈夫ですか?

洗面台での常温保存は問題ありませんが、防腐剤フリー処方のため、浴室内(高温多湿な場所)での保管はお控えください。


関連ページ-Related Pages-

参考文献・サイト一覧
  1. 一丸ファルコス株式会社, “ポリリジン10” https://www.ichimaru.co.jp/products/polylysine.html, アクセス2020.09.12
  2. FDA, “GRAS Notice No. GRN 000135” Office of Food Additive Safety January 16, 2004 https://web.archive.org/web/20080511163336/http://www.cfsan.fda.gov/~rdb/opa-g135.html, アクセス2020.09.12
  3. chisso, “天然食品添加物「ポリリジン」が米国FDAの認証を取得” https://www.chisso.co.jp/english/news/040224.html, アクセス2020.09.12
error: Content is protected !!