近年、髪の毛のことで悩む女性が増えています。「最近、抜け毛が最近多くなった。」「ボリュームがなくなって地肌が見えるようになってきた。」などの女性からのご相談が増えてきました。

女性の薄毛の原因として、もっとも多く見られるのは、女性型脱毛症(Female pattern hair loss : FPHL)です。女性男性型脱毛症(Female androgenic alopecia : FAGA)とも呼ばれています。FPHLとFAGAは同義ですが、ここでは主にFAGAという呼称を使用しています。

女性男性型脱毛症 : FAGAとは

女性男性型脱毛症(Female androgenic alopecia : FAGA)は、男性型脱毛症(AGA)の女性版とも言える疾患です。女性のびまん性脱毛症の中で、最も多くを占めています。

疫学

FAGAは、12歳~40歳と比較的若年で発症し、アメリカでは、30歳前後の女性の約12%、60代の女性の30%以上がFAGAに罹患していると報告されています。若い女性でも10人に1人は、髪の毛の悩みを抱えていることになります。

症状

頭の広い範囲の毛が抜けて薄くなります。全体的に髪が細くなり、ボリュームがなくなります。男性のAGAと比較して、FAGAの薄毛は全体的に起こりますが、男性と同じく、前頭部、頭頂部、分け目などが目立ち、後頭部の症状は軽くなります。

原因

人の髪の毛の85%~90%は成長期にあり、2年から6年かけてゆっくりと成長します。10%~15%の毛は、退縮期から休止期を経て、約3ヶ月で抜けていきます。FAGAの患者では、毛包は小さくなり、太くて硬い毛が生える毛包が、柔らかい毛が生える毛包へと変化します。毛の成長期が短くなり、毛周期の短縮化が起こることで、毛がしっかりと成長する前に抜けてしまいます。

FAGAの毛周期が短くなる原因は、男性のAGAと同じく「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。DHTは、男性ホルモンの一つですが、大半のFAGAの患者では、血清男性ホルモン値は正常です。男性ホルモンの過多ではなく、男性ホルモンに対する毛包の感受性(受容体の感受性)が高くなることで、FAGAが発症すると考えられています。

検査と診断

通常、頭皮の一部を取って調べる「生検(せいけん)」は必要ありません。問診と視診、治療に対する反応、進行の仕方で診断することが可能です。

ダーマスコピーで見る場合は、抜け毛が多いエリアの20%以上に、毛幹の太さの違いが認められることや、軟毛が増加していることなどで判断します。患部の毛束をゆっくりと引っ張り、うぶ毛や軟毛が抜けるかどうかの「引っ張りテスト(Hair pull test)」を行うこともあります。休止期脱毛症の場合、ほとんどが成長が終わった太い毛が抜けるのに対し、FAGAの場合、半数近くで短い毛や細い毛が抜けます。

血液検査も通常は必要ありません。原因の項で書いたように、ほとんどのFAGAの患者さんでは、ホルモン異常を認めないからです。ただし、以下に記載した症状や男性化兆候がいくつか見られる場合、ホルモン検査や婦人科検診を受けて、多嚢胞性卵巣症候群(PCOs)の有無の確認をおすすめします。

PCOsが疑われる症状

多毛(毛深い)、肥満、ニキビ、不正性器出血、月経異常、乳汁分泌症、不妊症、高血糖

その他、脱毛症を引き起こす鑑別検査として、甲状腺検査、フェリチン検査、ビタミンDレベル、内臓機能検査は、初診時に行っておいても損はありません。ホルモン検査や各種血液検査は当院で行うことができますので、ご希望の方は医師にご相談ください。

女性男性型脱毛症の治療

当院の女性男性型脱毛症(FAGA)の治療は、脱毛を抑えるお薬として「スピロノラクトン」を使い、発毛させるお薬として「ミノキシジルローション」、「ミノキシジルタブレット」を用います。

ミノキシジルが外用薬か内服薬かによって、標準治療と強力な治療に分けられます。

標準治療

FAGAの標準治療

治療の基本は、「脱毛を防ぐこと」と「発毛させること」の2つです。スピロノラクトンが男性ホルモンを抑えて抜け毛を防ぎ、ミノキシジルが髪の毛を増やすため、2つを併用することで相乗効果が期待できます。

強力治療

FAGAの強力治療

強力治療は、標準治療のミノキシジルが外用剤から内服剤に変わります。ミノキシジルタブレットは最も強力な発毛薬ですが、副作用がありますので、外用で効果が出ない方や重症な方に限り使用します。

補助的治療

FAGAの補助的治療

以前は補助的治療として、「パントガール」を処方していたのですが、効果をほとんど認めなかったため、現在ではプラセンタ注射やサプリメントを使用しています。

プラセンタはあくまで補助的な治療効果しかありませんが、脱毛の予防、髪の艶、お肌の若返り、更年期障害や疲れの改善など、髪の毛以外にも様々な効果が期待できるため、当院でお勧めしている治療の一つです。

ピル

40歳以下の患者さんには、ピルの内服も良い治療法の一つです。特に抗男性ホルモン作用のある酢酸シプロテロンが配合されたピルは、FAGAに効果的であることが証明されています。

男性ホルモン活性を抑えるピルを使用することにより、脱毛を抑える効果だけでなく、ニキビの予防、生理不順の改善などの効果も期待できます。

多嚢胞性卵巣症候群の方の場合、ニキビや脱毛症に長く悩まされることになるため、ピルとスピロノラクトンによる治療を長期に行います。

ピルについては「ニキビのホルモン治療」をご参照ください。

女性男性型脱毛症の治療料金

  1. 内服薬の処方には診察料がかかります。外用薬(ミノキシジルローション)の処方のみをご希望の方は、2回目以降はご予約も診察も必要ありません。
  2. 薬剤の種類、用量によって薬剤価格は変動します。
  3. ピルやプラセンタ注射などを行う場合は、そちらの料金が別途かかります。
  4. 初診時は、副作用を観察するため2ヶ月分、再診時に問題がなければ4カ月分処方し、その後は3ヶ月に1回の診察を基本としています。ご希望に応じて、最大6ヶ月分のお薬を処方できます。
  5. スピロノラクトンやミノキシジルタブレットの副作用チェックのため、初診時と6ヶ月に1度の検査を行います。
  6. 薄毛の原因検索のための各種血液検査・ホルモン検査をご希望の方は、「薄毛の原因を調べることはできますか?」のページで、価格や内容をご確認ください。

標準治療

軽症の方の場合は、標準治療から開始します。

初診時の料金

標準治療(初診時)
初診料5,800円
薬代
(2ヶ月)
9,480円
ミノキシジル2%ローション
2本(2ヶ月)5,880円
スピロノラクトン
120錠(2ヶ月)3,600円
検査料
3,640円
血液検査 2,680円
尿(妊反)960円
初診時合計
(2ヶ月)
18,920円
*1ヶ月あたり9,460円

再診時の料金

標準治療(再診時)
再診料2,900円
薬代
(4ヶ月)
18,960円
ミノキシジル2%ローション
4本(4ヶ月)11,760円
スピロノラクトン
240錠(4ヶ月)7,200円
再診時合計
(4ヶ月)
21,860円
*1ヶ月あたり5,460円

強力治療

中等症以上の方や、標準治療で改善が乏しい方は強力治療を行います。

初診時の料金

強力治療(初診時)
初診料5,800円
薬代
(2ヶ月)
11,400円
スピロノラクトン
120錠(2カ月)3,600円
ミノキシジル内服 2.5mg
60錠(2カ月)7,800円
検査料
9,780円
血液 4,680円
心電図 2,460円
尿検査 1,680円
尿(妊反)960円
初診時合計
(2ヶ月)
26,980円
*1ヶ月あたり13,490円

再診時の料金

強力治療(再診時)
初診料2,900円
薬代
(4ヶ月)
22,800円
スピロノラクトン
240錠(4カ月)7,200円
ミノキシジル内服 2.5mg
120錠(4カ月)15,600円
再診時合計
(4ヶ月)
25,700円
*1ヶ月あたり6,420円

ご予約・お問い合わせ

TEL 03-5913-7435
[ 受付 ] 10:30-13:30/15:30-18:30 [ 休診 ] 日・祝
医学的なご質問等、医師が対応する場合は、別途電話再診料を頂戴することがございます。