「肌のクリニック」の「AGA治療」は、日本皮膚科学会「男性型脱毛症診療ガイドライン」に基づいた治療を行っています。標準治療は、まず脱毛を防ぐお薬として、「フィナステリド内服薬」をベースとして用い、発毛薬として「ミノキシジル外用薬」を併せて使用します。つまり、フィナステリドで抜け毛を防ぎ、ミノキシジルローションで髪の毛を生やして、全体の毛量を多くするといった治療です。

決して強い治療ではありませんので、薄毛の進行が早い方、中等症以上の方、M字や前頭部を中心としたAGAの患者さんには効果は不十分ですが、現状維持~軽度改善効果は期待できるため、軽症の方や頭頂部中心のAGAの患者さんにはおすすめです。

標準治療

AGAの標準治療

「肌のクリニック」の男性型脱毛症(AGA)の標準治療は、脱毛抑制薬のフィナステリド内服薬と、発毛薬のミノキシジルローション(外用剤)、男性ホルモンを抑えて抜け毛を予防するケトコナゾール2%配合のニナゾルシャンプーを用いて治療します。

AGAの治療の基本は、「脱毛を防ぐこと」と「発毛させること」の2つであり、フィナステリドとシャンプーが内側と外側から脱毛を防ぎ、ミノキシジルが発毛させるため、3つを併用することで相乗効果が期待できます。

軽症の場合はミノキシジルローションとニナゾルシャンプーの外用剤だけの治療で行うこともありますが、改善率はそれほど高くないため、半年ほどしてしっかりした効果が得られない場合、フィナステリドを加えた標準治療へ切り替えたほうが良いでしょう。

標準治療は、頭頂部型のAGAには有効な治療手段ですが、重度のAGAの方や前頭部型(M字部分の後退)のAGAにはあまり効果的ではありません。そのため、重度の方や前頭部型(M字部分)のAGA治療には、強力な治療をお勧めする場合もあります。

標準治療を開始して約1ヶ月の間は、発毛に伴って髪の毛が生え代わる「初期脱毛」という現象が起こる可能性があります。初期脱毛で抜ける毛は休止期の毛ですから、もともと早晩抜ける毛です。治療の効果が出ている証拠でもありますので、気にしないようにしましょう。

髪の毛の伸びるスピードは1ヶ月でせいぜい1㎝~程度ですので、効果の判定には、最低でも6ヶ月ほど見る必要があります。約1年で効果がしっかり出てくるため、その時点で十分に生えていれば薬の継続を行います。また、6ヶ月~1年経過した時点で効果が不十分であれば、ご希望により、強い治療へ変更することもできます。

AGA標準治療の料金

  1. フィナステリド内服薬の処方には診察料がかかります。外用薬(ミノキシジルローション、ニナゾルシャンプー)の処方のみをご希望の方は、2回目以降はご予約も診察も必要ありません。
  2. 薬剤の種類(国内製か海外製か)、用量によって薬剤価格は変動します。
  3. 初診時は、副作用を観察するため2ヶ月分、再診時に問題がなければ4カ月分処方し、その後は3ヶ月に1回の診察を基本としています。ご希望に応じて、最大6ヶ月分のお薬を処方できます。
  4. それぞれの詳しい料金については、「価格表」をご参照ください。

標準治療例1

治療例1は、前述した3種類の薬剤を使用しています。当院でよく行う治療パターンです。

初診時の料金

初診時
初診料5,800円
薬代
(2ヶ月)
15,100円~17,340円
フィナステリド1mg
60錠(2カ月)5,400円
ミノキシジル5%、または10%外用
2本(2カ月)7,720円~9,960円
ニナゾルシャンプー
1本(2カ月)1,980円
初診時合計
(2ヶ月)
20,900円~23,140円
*1ヶ月あたり10,450円~11,570円

再診時の料金

再診時
再診料2,900円
薬代
(4ヶ月)
30,200円~34,680円
ミノキシジル5%、または10%ローション
4本 15,440円~19,920円
フィナステリド1mg
120錠 10,800円
ニナゾルシャンプー
2本 3,960円
再診時合計
(4ヶ月)
33,100円~37,580円
*1ヶ月あたり8,275円~9,395円

標準治療例2(遠隔診療)

治療例2は、「遠隔診療」でフィナステリドを処方した場合の料金です。遠隔診療では、診察料がお安くなりますので、配送料込みでもさらに安価になります。

遠隔診療の料金

再診時(遠隔診療)
遠隔診察料1,000円
薬代
(6ヶ月)
フィナステリド1mg
180錠 16,200円
配送料1,000円
合計
(6ヶ月)
18,200円
*1ヶ月あたり3,030円

フィナステリド内服薬

フィナステリドは1991年に前立腺肥大症の治療薬としてアメリカで開発され、その副次的な効果として毛髪の成長、抜け毛予防効果があることが明らかになり、1997年にAGA(男性型脱毛症)の治療薬として用いられるようになりました。日本では、2005年からAGA治療薬「プロペシア」として承認されています。

フィナステリドは、AGAの原因であるDHT(ジヒドテストステロン)を生成するのに必要な2型5α-還元酵素を阻害することで、DHTの生成を抑制し、脱毛を防いでいく作用が認められています。

フィナステリドのAGA診療ガイドラインにおける推奨度はAランクとなっており、日本でもアメリカでも男性型脱毛症の第一選択薬となっています。

フィナステリドの効果

多くのRCT(ランダム化比較試験)でその有効性が証明されており、フィナステリド1mgを2年~3年服用した場合、約70%の患者さんに軽度改善以上の効果が認められています。国内の試験では1年間のフィナステリド1 mg/日の使用により、軽度改善以上が58%、不変(現状維持効果)が40%の患者さんで認められています。

AGAは進行していく疾患ですので、不変であれば脱毛の抑制につながっていると考えられるため、実際には軽度改善以上と不変を合わせると、約98%の患者さんに有効です。

しかし、著効率だけを見ると、前頭部で2%、頭頂部で6%であり、単独での治療効果はそこまで大きなものではありません。他のAGA治療薬と同様に、髪が増えて脱毛が減ったとしても、中止すると元に戻ってしまいます。AGA治療薬は飲んでいる間だけしか効果が得られないことを、最初から念頭において飲み始める必要があります。

詳しいフィナステリドの有効性や作用機序については、AGAブログの「フィナステリドの有効性をご参照ください。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用を教えてください」をご覧ください。

フィナステリドを服用できない方

フィナステリドによる治療は男性限定であり、女性は飲めません。円形脱毛症や抗がん剤治療での脱毛症などへの適用もありません。当院では子づくり中(妊活中)の男性への治療も避けています。また、将来子供をつくられる場合も、妊活する1ヶ月前には中止をしてもらいます。

詳しくは、「フィナステリドの治療を受けられない場合はありますか?」をご覧ください。

ミノキシジルローション

ミノキシジルはもともと、1960年代にアップジョン社(現ファイザー)が、その血管拡張作用から高血圧の治療薬として開発しました。内服薬を飲んでいた患者さんのAGAが改善したことから、AGA治療に応用されるようになりましたが、内服薬で副作用が出るケースが報告され、外用剤が開発されました。

「肌のクリニック」では、ミノキシジル2%、5%、10%の3種類のローション(外用薬)を院内で調剤して処方しています。女性は2%または5%、男性は5%または10%を使用していただきます。

使い方は、1日2回、清潔な頭皮に、おおよそ6プッシュ(約1 ml)を塗布して、指の腹で軽く頭皮全体にマッサージして伸ばします。

ミノキシジル外用剤の効果

ミノキシジル外用剤の有効性に関しては、多くのRCT(無作為化比較対照試験)と非RCT試験が行われています。ミノキシジル5%外用剤の3ヶ月間の使用で、約40%の患者さんが効果を感じるようになり、6ヶ月間で80%、12ヶ月間で90%の患者さんに軽度改善以上の効果が認められます。効果はおおよそ1年程度でピークに達して、その後は平衡状態となります。

ミノキシジル外用剤は約9割の患者さんに効果がありますが、著効例(著しく改善した例)だけに絞ると、有効率は12%となります。効果は1年経過時にピークとなるため、副作用が特に見られなければ、最低でも1年間の使用をおすすめします。

発毛率、毛の太さなどの各項目の詳しい有効率は、AGAブログ「ミノキシジルの有効性」をご参照ください。

ミノキシジル外用剤の副作用

ミノキシジルローションの副作用を教えてください」をご覧ください。

ミノキシジル外用剤をご使用になれない方

ミノキシジルローションの治療を受けられない場合はありますか?」をご覧ください。

ニナゾルシャンプー

AGAの患者さんは、市販のスカルプDなどのシャンプーを使用しているケースが非常に多いのですが、市販の育毛用シャンプーや薬用シャンプーには、はっきりとした脱毛予防効果や育毛効果は認められておらず、まったく医学的根拠(エビデンス)がありません。

唯一医学的に有効性が証明されているのは、ケトコナゾールという抗真菌剤が2%配合された医薬品のシャンプーのみです。ガイドラインでは推奨度C1(用いても良い)というレベルですが、補助的な育毛ケアとしては決して悪くありませんので、AGA治療と併せてのご使用をおすすめしています。

ケトコナゾールはフケや皮脂を抑えるとともに、AGAの原因である男性ホルモン(DHT)を抑制する作用が認められており、海外ではよく使用されています。毎日使用していただいても良いのですが、1日おきのご使用で十分に効果があります。1本でおおよそ2ヶ月分です。

シャンプーの使い方や効果については、よくある質問の「ニナゾルシャンプーの回答」をご参照ください。

正しい洗髪方法やケトコナゾールシャンプーについては、AGAブログ「AGAのための正しい洗髪方法」、「AGA治療におけるケトコナゾールシャンプー」をご覧ください。

遠隔診療で便利に

当院では全国に先駆けて、遠隔診療によるAGA薬の処方を行っています。初診時は対面で診察が必要ですが、遠方でなかなか通院できない方、仕事が忙しく時間的余裕がない方は、オンラインにて診察・処方を行い、ご自宅までお薬を配送いたします。

遠隔診療を利用するには「遠隔診療についての同意書」にご記入して頂く必要がございますので、詳しくは「遠隔診療」をご覧いただき、ご希望の方は当院受付までご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

【高円寺】 TEL 03-5913-7435
[ 受付 ] 10:30-13:30/15:30-18:30 [ 休診 ] 日・祝
医学的なご質問等、医師が対応する場合は、別途電話再診料を頂戴することがございます。