現在こちらのページは作成中です。

ニキビ跡の盛り上がり

ニキビ後に肌にしこりが残ったり、赤みを伴って盛りあがることがあります。ほとんどが肥厚性瘢痕という凸みですが、稀にケロイドや稗粒腫(ひりゅうしゅ)、粉瘤(ふんりゅう)のこともあります。

稗粒腫は炭酸ガスレーザーで、粉瘤は手術により比較的簡単に取れるため、ここでは肥厚性瘢痕とケロイドについて記載していきます。

肥厚性瘢痕とケロイド

肥厚性瘢痕

肥厚性瘢痕とケロイドは別の病態として区別されていますが、両者とも膠原線維(コラーゲン線維)の過剰な蓄積であり、組織学的に区別することは困難です。

創傷治癒過程の異常や遅延によって、瘢痕組織が過剰に作られて盛り上がった状態になります。

肥厚性瘢痕は、数ヶ月から数年以内に徐々に平坦になっていき、赤みも消失して通常の瘢痕になります。対してケロイドは、治癒傾向がなく健常部へしみ出すように出来てきます。治療に対して抵抗性が強く、再発傾向が強いのも特徴です。肥厚性瘢痕とケロイドが、一つの瘢痕の中に共存することもあり、区別が難しいケースが多いのが現状です。

肥厚性瘢痕とケロイドの治療

肥厚性瘢痕とケロイドの治療は、主に保険治療から受けて頂くのが良いと考えています。

当院で行う場合は自費診療となります(混合診療の禁止)。

具体的な治療は、ケナコルトというステロイドの注射、ステロイドテープ(エクラープラスターやドレニゾンテープ)、圧迫療法、トラニラスト(リザベン)、液体窒素による凍結療法、レーザー治療などです。また、放射線治療(電子線照射)も初期のケロイドには効果があります。放射線治療は、文京区にある日本医大形成外科のケロイド外来で行われています。

ケナコルトの注射は複数回の治療が必要ですが、確実に肥厚性瘢痕・ケロイドを小さくできるため、治療の第一選択となっています。ただし、ケナコルトには様々な副作用があり、ニキビの再発や生理不順が問題になります。また、ケロイドは難治性であり、一度小さくなっても再発しやすいことが問題となります。

ステロイドテープやシリコンジェルシートによる圧迫療法は、副作用が少なく、時間はかかりますが徐々に盛り上がりを小さくします。

トラニラスト(リザベン)は、飲み薬で唯一ケロイドの増殖を抑制する作用が認められています。劇的な効果はありませんが、副作用が比較的少ないお薬なので、ケロイド体質の方は年単位で飲むのが良いでしょう。ケロイドの痒みもある程度予防してくれます。

液体窒素による凍結療法は、クライオセラピー(Cryotherapy)と呼ばれ、ケロイドや肥厚性瘢痕に対して有用性が報告されています。-196℃の液体窒素を使用することで、肥厚性瘢痕やケロイド内部の毛細血管の血流を阻害し、組織を壊死させる治療です。小さい瘢痕や初期の瘢痕に効果を発揮すると報告されています。また、ケナコルトの注射と併用すると効果が上がるという報告もあります。ただ、実際にはクライオセラピー単独で改善させるには限界があり、あくまでケナコルト注射の補助的な治療に位置付けられています。

クライオセラピーと、ケナコルトの注射を組み合わせて、100万円といった高額な料金を請求された患者さんがおられます。くれぐれも悪質なクリニックに騙されないように注意してください。

ご予約・お問い合わせ

高円寺院 Koenji
TEL 03-5913-7435
月~土 10:30-13:30/15:30-18:30 
日・祝 休診

麹町院 Kojimachi
TEL 03-6261-7433
平日 11:00-14:00/16:00-19:00
土日 10:00-13:00/15:00-18:00
祝日 休診
※5月6日まで日曜診療を休診させていただきます

※両医院とも完全予約制となっておりますので、お電話かネットからご予約ください。
※医学的なご質問等、医師が対応する場合は別途電話再診料を頂戴することがございます。