ニキビ跡治療(盛り上がり)

目次

ニキビ跡の盛り上がり

ニキビは治っているのに盛り上がりが治らない場合、肥厚性瘢痕やケロイドというニキビ跡です。

肥厚性瘢痕・ケロイド– ひこうせいはんこん・けろいど –

肥厚性瘢痕は、盛り上がった状態でニキビ跡になったものです。赤みや炎症が強く、拡大傾向にあるものをケロイドと呼び区別しますが、両者は連続した病態であることが示唆されています。

好発部位は、顎下(フェイスライン)、胸、肩、下腹部など、皮膚が伸展されやすい部位に多く生じます。

フェイスラインの肥厚性瘢痕
フェイスラインの肥厚性瘢痕
胸のケロイド

肥厚性瘢痕もケロイドも、膠原線維(コラーゲン線維)の蓄積で、ニキビが治る過程の異常や遅延によって、瘢痕組織が過剰に作られて盛り上がります。組織学的に両者を区別することは困難です。

肥厚性瘢痕は自然に軽快するものもありますが、何年も「しこり」として残ってしまう場合が多くあります。ケロイドは、健常部へしみ出すように拡大し、治療に対して抵抗性が強く、再発傾向が強いのが特徴です。肥厚性瘢痕とケロイドが、一つの瘢痕の中に共存することもあります。

肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と料金

症状によっていくつかの方法を組み合わせて行います。治療期間は、病状にもよりますが1~4年程度が目安です。

治療で大切なポイント

肥厚性瘢痕・ケロイドを治すには皮膚にテンション(伸展力)をかけないようにすることが最も重要。
そのため、後に記載する「アトファイン」というシリコンジェルシートで、傷跡を刺激やテンションから守ることが必要です。

1.アトファイン(シリコンジェルシート)
  1. 特徴
    • 皮膚にテンションがかかることを防ぐ要の治療。肥厚性瘢痕やケロイドの増殖を防ぎます。
  2. 使用方法
    • 5~7日に1回、患部より大きめに貼ります。剝がれない限り、貼り続けてください。
  3. 副作用
    • テープかぶれが報告されています。重篤な副作用はありません。
  4. 料金
    • 1箱 1,980円(Lサイズ 6枚 / Sサイズ 12枚 / SSサイズ 24枚)
2.ケナコルト注射(ステロイド注射)
  1. 特徴
    • 強いステロイドの注射。硬いケロイドや肥厚性瘢痕を柔らかくし、盛り上がりを平坦にします。
  2. 治療方法
    • ケナコルトと麻酔薬を混合したものを、4週間以上間隔を空けて複数回注射します。
  3. 治療を受けられない方
    • 消化性潰瘍、精神疾患、結核、単純疱疹性角膜炎、白内障、緑内障、高血圧、糖尿病、血栓症の既往、肝機能障害、肝炎、腎機能障害、直近での大きな手術、骨粗鬆症、甲状腺機能低下症、強皮症
  4. 副作用
    • 最初は強い痛みを伴いますが、回数を重ねると痛みは少なくなってきます。複数回の注射で、病変部が凹み過ぎるリスクがあります。生理不順、ニキビ、毛包炎、発疹、皮膚萎縮、血管拡張、酒さ様皮膚炎、多毛、白斑、皮膚感染症などが生じることがあります。重大な副作用として、感染症、副腎機能不全、糖尿病、消化性潰瘍、膵炎、精神変調、うつ、痙攣、骨粗鬆症、骨頭無菌性壊死、ミオパシー、白内障、緑内障、血栓症、アナフィラキシーショック、喘息発作、視力障碍、腱断裂が報告されています。
      当院では総注入量を最大5mgとしており、通常1箇所1mg以下の注入量ですので、重篤な副作用が起こることは非常に稀です。
  5. 料金
    • 1~2箇所 3,190円 / 以後1箇所毎に880円
3.ボツリヌストキシン注射(コアトックス)
  1. 特徴
    • ボツリヌス毒素の注射。周囲の筋緊張と皮膚の張力を和らげることで、患部の炎症の悪化を抑えます。ボツリヌス毒素の肥厚性瘢痕・ケロイドへの効果はケナコルト注射と同等で、併用でより効果が高まります。
  2. 治療方法
    • 2ヶ月毎にコアトックスを複数回注射します。1cmあたり4単位を目安に注射します。
  3. 治療を受けられない方
    • 全身性の神経筋接合部の障害や重篤な筋力低下がある方、妊娠中・授乳中・妊活中の方、ボツリヌス毒素療法やポリソルベート(添加物)にアレルギーの既往がある方
  4. 副作用
    • 注射部位の腫れ、痛み、熱感、内出血、頭痛。顔の場合、注射部位の表情筋が動かなくなる等の副作用がありますが1~2ヶ月で元に戻ります。重篤なアレルギー(アナフィラキシーショック)も報告されていますが、非常に稀です。
  5. 料金
    • 4単位 4,400円 / 以後4単位毎に4,400円 ※1センチあたり4単位を目安に注射
4.ケロイドレーザー
  1. 特徴
    • 赤みを伴った肥厚性瘢痕・ケロイドに対し、レーザーで微小な血管を破壊・縮小し、色味を改善します。
  2. 治療方法
    • 3~4週間間隔で照射を行い、1~2年を目安に治療を行います。
  3. 治療を受けられない方
    • 照射部位に日焼けをする方、光過敏症・日光アレルギーの方、妊娠中の方、てんかん発作のある方、照射部位に金の糸を入れている方、照射部位に入れ墨・アートメイク・落ちないファンデーション(BB Glow、CC Glow等)をご使用の方、光の感受性を高める薬剤を使用中の方
  4. 副作用
    • 照射後の赤み、膨疹、炎症後色素沈着、照射部位の脱毛、肝斑、火傷、白斑(色素脱出)。
  5. 料金
    • 2㎠以内 5,500円 / 2~5㎠ 9,900円 / 5~10㎠ 19,800円
5.エクラープラスター(ステロイドテープ)
  1. 特徴
    • ステロイドのテープ剤。肥厚性瘢痕やケロイドの盛り上がりを徐々に平坦にします。
  2. 使用方法
    • 病変部に合わせて適当な大きさに切り、なるべく健常な部分に付かないようにして、1日1回24時間貼り続けます。傷跡よりも少しだけ小さめに切るのがコツです。24時間貼るのが難しい場合は、12時間程度貼ってください。アトファインと併用する場合、エクラープラスターを小さく貼った後、上からアトファインを大きく貼ります。貼り換えの刺激でかぶれてしまう場合やシリコンジェルシートと併用する場合には、2日間以上貼り続けても構いません。
  3. 副作用
    • 皮膚炎、かぶれ、発疹、皮膚萎縮、ニキビ、毛包炎、血管拡張、酒さ様皮膚炎、多毛、白斑、皮膚感染症などが生じることがあります。目の周囲への長期使用で、緑内障や白内障が報告されています。
  4. 料金
    • 1枚 220円
6.トラニラスト
  1. 特徴
    • 線維芽細胞の働きの抑制と抗アレルギー作用で、盛り上がりとかゆみを防ぎます。
  2. 服用方法
    • 1日3回、毎食後に1錠ずつ飲みます。
  3. 副作用
    • 発疹、かゆみなどが起こることがあります。腹痛、吐き気、嘔吐などの消化器症状、頭痛、めまい、不眠、倦怠感などの精神系症状の他、生理不順、動悸、浮腫、発熱、口内炎、貧血、脱毛、肝機能障害、腎機能障害、頻尿や排尿時痛などの膀胱炎様症状、血球成分の減少なども報告されています。重篤な副作用は非常に稀です。
  4. 料金
    • 1錠 22円 / 1ヶ月分 90錠 1,980円
7.その他の治療
  • 当院では行っておりませんが、その他に、液体窒素による凍結療法(クライオセラピー)、放射線治療(電子線照射)、手術(Z形成術)などの治療があります。
  1. 当院で行う肥厚性瘢痕、ケロイド治療は自費診療となります。
  2. 診察料が別途かかります。同じレーザーや注射を2回目以降受けられる方で、診察を希望されない場合は再診料はかかりません。
  3. 外用剤を2回目以降購入希望の方で、診察を希望されない場合は再診料はかかりません。
参考文献・サイト一覧
  1. Koike S, (2015) “Nd:YAG Laser Treatment for Keloids and Hypertrophic Scars: An Analysis of 102 Cases.” Plast Reconstr Surg Glob Open 2015 Jan 8;2(12):e272. doi: 10.1097/GOX.0000000000000231. PMID: 25587506
  2. 小川 令 “ケロイド・肥厚性瘢痕の予防と治療” 日本医事新報社, 2019.03.11
  3. 瘢痕・ケロイド治療研究会 “ケロイド・肥厚性瘢痕 診断・治療指針 2018” 全日本病院出版会, 2018.07.11
  4. Shaarawy E, Hegazy RA, Abdel Hay RM. Intralesional botulinum toxin type A equally effective and better tolerated than intralesional steroid in the treatment of keloids: a randomized controlled trial. J Cosmet Dermatol. 2015 Jun;14(2):161-6. doi: 10.1111/jocd.12134. Epub 2015 Mar 24. PMID: 25810045.
  5. Rossi A, Lu R, Frey MK, Kubota T, Smith LA, Perez M. The use of the 300 microsecond 1064 nm Nd:YAG laser in the treatment of keloids. J Drugs Dermatol. 2013 Nov;12(11):1256-62. PMID: 24196333.
  6. Koike S, Akaishi S, Nagashima Y, Dohi T, Hyakusoku H, Ogawa R. Nd:YAG Laser Treatment for Keloids and Hypertrophic Scars: An Analysis of 102 Cases. Plast Reconstr Surg Glob Open. 2015 Jan 8;2(12):e272. doi: 10.1097/GOX.0000000000000231. PMID: 25587506; PMCID: PMC4292254.
  7. Kumar K, Kapoor BS, Rai P, Shukla HS. In-situ irradiation of keloid scars with Nd:YAG laser. J Wound Care. 2000 May;9(5):213-5. doi: 10.12968/jowc.2000.9.5.25985. PMID: 11933330.
  8. Ogawa R. Long-Pulsed 1064 nm Nd:YAG Laser Treatment for Keloids and Hypertrophic Scars. 2020 Dec 8. In: Téot L, Mustoe TA, Middelkoop E, Gauglitz GG, editors. Textbook on Scar Management: State of the Art Management and Emerging Technologies [Internet]. Cham (CH): Springer; 2020. Chapter 32. PMID: 36351161.
  9. Oosterhoff TCH, Beekman VK, van der List JP, Niessen FB. Laser treatment of specific scar characteristics in hypertrophic scars and keloid: A systematic review. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2021 Jan;74(1):48-64. doi: 10.1016/j.bjps.2020.08.108. Epub 2020 Sep 20. PMID: 33645505.
  10. Soliman M, Etman Y, AbdElhameed A, Elsharaby R, Tawfik A. Comparative Study between Nd-YAG laser, fractional CO2 Laser, and combined Nd-YAG with fractional CO2 Laser in the Management of keloid: clinical and molecular Study. J Cosmet Dermatol. 2021 Apr;20(4):1124-1132. doi: 10.1111/jocd.13920. Epub 2021 Jan 11. PMID: 33373109.
  11. Leszczynski R, da Silva CA, Pinto ACPN, Kuczynski U, da Silva EM. Laser therapy for treating hypertrophic and keloid scars. Cochrane Database Syst Rev. 2022 Sep 26;9(9):CD011642. doi: 10.1002/14651858.CD011642.pub2. PMID: 36161591; PMCID: PMC9511989.
  12. Sohrabi C, Goutos I. The use of botulinum toxin in keloid scar management: a literature review. Scars Burn Heal. 2020 Jun 26;6:2059513120926628. doi: 10.1177/2059513120926628. PMID: 32637157; PMCID: PMC7323272.

ニキビ跡治療の関連ページ-Related Pages-

目次
error: Content is protected !!