ニキビ(尋常性ざ瘡)

ニキビとは、医学用語で「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」というお肌の病気です。毛穴がつまることで、そこにアクネ菌が繁殖し、炎症を起こすことで生じます。多くは10代の思春期から出来始めますが、大人ニキビの場合には20代や30代からできることもあり、50代以降の方でもできることがあります。

非常にありふれた皮膚疾患のため、ニキビを治す化粧品やエステの広告をよく目にしますが、軽度のものはスキンケアや生活習慣の改善、薬局での薬で対処しても良いと思いますが、中等症以上のものや繰り返すニキビは、医療機関で治療することをおすすめします。

ニキビの原因

ニキビに悩む人は、「食べ物が悪いの?」「顔を洗っていないから?」「ストレスが原因?」「何かのアレルギーかな?」「化粧品が合っていないのかしら?」と、何かニキビの原因があるはずだといろいろと悩みます。

洗顔をしないことや化粧品でニキビが悪化する医学的根拠はなく、アレルギー(接触性皮膚炎や湿疹)とニキビ(尋常性ざ瘡)は全くの別疾患です。ストレスとニキビの因果関係はある程度は立証されていますが、個人差があります。

実際には、ニキビの原因は以下の3つです3

  1. 毛穴のつまり
  2. 細菌
  3. アンドロゲン(男性ホルモン)過活動

毛穴がつまりやすいのはその人の肌質(体質)であり、細菌感染が起こりやすいのも、その人の持っている免疫(体質)によってであり、男性ホルモンの感受性が高いのも、その人の持っている遺伝子(体質)によります。

つまり、最も大きなニキビの原因は遺伝的要因(体質)とも言えます。ニキビの81%が遺伝的要因によると報告されています9

同じ食生活をしていても、同じ環境でストレスを受けていても、同じ化粧品を使っていても、ニキビができる人はでき、できない人はできません。結局、ニキビができる人はできやすい遺伝的な要因が最も大きな比重を占めています。

食生活

脂っこい食事を食べるとニキビができやすくなるというのは迷信で、から揚げなどの「油もの」とニキビとの因果関係は証明されていません10

ニキビと食事の関係には論争がありますが、「牛乳などの乳製品」と「炭水化物(糖質)」の2つは相関があるという研究報告があります4-8。そのため、この2つの食べ物は控えて頂く方が良いでしょう。

ただし、食生活で改善できる度合は大きくありません。 炭水化物が大好きでもお肌が綺麗な方もいます。結局は遺伝的な要因が大きいため、極端に食事を制限せず、バランスよく食べましょう。

肌のクリニックのニキビ治療

当院のニキビ治療については、以下のページをご覧ください。

ニキビ治療の問題

日本のニキビ治療は40年以上遅れていることから、医学的根拠(エビデンス)の乏しい美容治療や、化粧品や医薬部外品の宣伝にあふれています。

美容治療

日本では、毛穴に電気針(高周波)を入れて焼く治療、光やLEDを照射する治療、PDT、ピーリング、イオン導入、レーザー治療、ニキビ注射、ニキビワクチンなど様々な美容治療があります。

しかし、アメリカ皮膚科学会のガイドライン上ではこれらの治療は推奨されておらず、医学的なエビデンスもはっきりしません。

化粧品

インターネットでは、ニキビを治すという化粧品を沢山目にします。

「この化粧品を使ったらニキビが良くなった」という感想も沢山目にします。しかし、そういった口コミは誤解(自然に治ったもの)であったり、広告会社による宣伝であったり、アフィリエイト(商品を紹介して売れれば利益になる)だったりすることも多くあります。

ニキビは生理周期や一定の時期に自然に良くなったり、悪くなったりすることが多く、ちょうど化粧品を変えたタイミングで良くなると、「化粧品で治った」と誤解しやすかったり、合わない化粧品やスキンケアでニキビを悪化させていたものが、化粧品を変えて正常化するというのはよくあるパターンです。

化粧品には、ニキビを治す効能効果が認められているものは一つもありません。とくに再発を繰り返すニキビや重症のニキビの方は、いろいろな化粧品の情報に惑わされるべきではありません。

医薬部外品

「化粧品ではなく医薬品成分が配合。だからニキビに効果がある」と宣伝されている医薬部外品広告もよく目にします。

医薬部外品は「グリチルリチン酸ジカリウム」を一定濃度配合すれば、「ニキビを防ぐ」という効能効果が謳えますが、グリチルリチン酸2Kのニキビを防ぐ効果は弱く、限定されています。

芸能人や皮膚科医、美容インフルエンサーを登場させたり、医学雑誌に掲載、臨床実験済みと広告して、驚くような改善効果のあるビフォーアフター写真を掲載し、効能効果を宣伝している化粧品・医薬部外品もあります。

医学論文に掲載して「劇的な改善効果」を確認しているのなら、正式な認可をとって医薬品として販売したほうが、企業にとっては何百倍も利益になります。

そのような広告に登場する皮膚科医は名義貸しが多く、化粧品が掲載されたという医学論文のほとんどは、3流以下の医学雑誌です。そのような医学雑誌は、歴史があっても、ただ古くから刊行されているだけで、エビデンスが乏しい論文しか掲載されていません。

そのような商品をネットで検索すると、消費者を装った広告ブログ(企業がお金を払ってライターに書かせているステマサイト)やアフィリエイトサイトであることがほとんどです。

今の日本では、なんの効果も持たない化粧品や医薬部外品の誇大広告が野放しにされている現状があり、ネットリテラシー(インターネットを利用する上での読解力)を高めて、広告に騙されないようにしてください。

正しいニキビ治療

日本では遅れているニキビ治療ですが、欧米ではニキビ治療の方針が確立しています。

保険治療

当院では、まずはお近くの皮膚科で保険治療を受けて頂くことをおすすめしています。(混合診療となってしまうため、当院での保険治療は行っておりません。)

保険診療でニキビに処方されるお薬は、主に以下のものです。

種類薬剤名
抗生物質内服ミノマイシン、ミノサイクリン、ビブラマイシン、ルリッド、ロキシスロマイシン
抗生物質外用ダラシン、アクアチム、ゼビアックス、デュアック
漢方薬清上防風湯、十味敗毒湯、桂枝茯苓丸ヨクイニン、芍薬甘草湯、当帰芍薬散、加味逍遙散、荊芥連翹湯、温経湯
ビタミン類シナール、ハイチオール、フラビタン、ピドキサール
アダパレン外用ディフェリンゲル、エピデュオゲル
ベンゾイル外用ベピオゲル、エピデュオゲル、デュアック

*エピデュオゲルはアダパレンとベンゾイルの合剤、デュアックはダラシンとベンゾイルの合剤です。

2016年の日本皮膚科学会のガイドラインでは、急性の炎症性ニキビに対して、内服抗菌薬(抗生物質の飲み薬)、外用抗菌薬(抗生物質の塗り薬)、アダパレンや過酸化ベンゾイルといった塗り薬が推奨度Aとされています 1

保険適用外治療

肌のクリニックでは、米皮膚科学会のガイドラインに従って、アキュテイン治療とホルモン治療の2つを行っています。

アメリカのニキビ治療

アメリカ皮膚科学会ニキビ治療ガイドライン

アメリカ皮膚科学会のニキビ治療ガイドラインでは、重症の場合は第一選択薬として抗生物質(抗生剤)の飲み薬とベンゾイルなどの塗り薬の組み合わせ、もしくは、アキュテイン(イソトレチノイン)による治療が推奨されています 2

中等症の場合では、抗生剤などの効果がない場合、アキュテイン、もしくは、ホルモン治療(低用量ピル・スピロノラクトン)が選択されます。

欧米では、抗生物質の長期投与の有用性は明確に否定されており、長くても8週間程度とされています。

医学的根拠に基づいた治療

当院では、医学的なエビデンスに基づいた治療を採用しています。実際には欧米のニキビ治療ガイドラインをもとに、ニキビの重症度や患者さんの希望に合わせて治療を行います。

体の中から根本治療

レーザーやピーリング、光治療などの外側からの治療ではなく、飲み薬による「内側からの治療」を行い、再発リスクをできる限り抑えます。

また、当院では医師からメリット・デメリットを詳細に説明し、定期的な副作用検査を行い、安全性を重視した治療を行っています。

早期治療の重要性

正しい治療を行えば、ニキビを治すことは難しくありません。

しかし、ニキビが治らないまま、何か月~何年もお薬を処方され続けられるケースや、エビデンスがない治療を勧められるケースが後を絶ちません。

中等症以上のニキビでは、毛穴が開いたり、クレーターと呼ばれる肌の凹凸ができてしまうことがあり、一生残ってしまうニキビ跡になってしまうことも少なくありません。

そのため、当院はできる限りの早期治療を勧め、ニキビ跡を残さないように努めています。

よくある質問

肌のクリニックのニキビ治療について教えてください

当院では、前提として生活習慣改善や保険治療を行って改善しない、もしくは再発を繰り返すニキビに対して自費診療で治療を行っています。

欧米のニキビ治療ガイドラインに沿って、男性の場合は「アキュテイン治療」、女性の場合は「 アキュテイン治療」もしくは「ホルモン治療」を行います。

治療成績を教えてください

当院での治療成績は、ホルモン治療では95%以上、イソトレチノイン治療では98%以上です。ホルモン治療の再発率は60%以上と高めで、イソトレチノイン治療の再発率は30%です。

なぜ内側からニキビを治療することが必要なのですか?

当院では、「ニキビは内服薬によって体の中から治す」ことが大切であると考えています。実際にアメリカ皮膚科学会のニキビ治療ガイドラインでも、中等症~重症の難治性ニキビに対しては、内服治療が推奨されています。

ニキビは単に皮膚上の問題ではなく、ホルモンバランスや免疫力など体の内面の問題が原因となります。レーザーや光治療、ピーリング、外用剤を使用した外側からのアプローチでは、現在あるニキビやニキビ跡は多少良くなってとしても、新しく出てくるニキビを防ぐことはできません。

順番としては、軽症から中等症の場合は保険内の外用薬で治療し、改善がない場合や中等症以上のニキビには、第一に内側から治療を行い、次に外側からアプローチすることが大切です。ニキビを治した後に、レーザーやピーリングなどの外側からのアプローチ(ニキビ跡治療)を行います。

この順番を間違えてしまうと、ピーリングやレーザーを受けて一時的に良くなったとしても、また新しくニキビができ、それがニキビ跡になってしまうという悪循環に陥るため、注意が必要です。

保険は効きますか?

いいえ。当院のニキビ治療は、すべて自費診療です。

参考文献

参考文献

  1. 林 伸和ら, (2017) “尋常性痤瘡治療ガイドライン 2017” 日皮会誌:127(6), 1261-1302, 2017
  2. Andrea L. Zaenglein, (2016) “Guidelines of care for the management of acne vulgaris” J Am Acad Dermatol. 2016;74:945–73.
  3. Mayo Clinic “Acne.” https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/symptoms-causes/syc-20368047 2019.03.04 アクセス
  4. “A pilot study to determine the short-term effects of a low glycemic load diet on hormonal markers of acne: a nonrandomized, parallel, controlled feeding trial.” Mol Nutr Food Res. 2008 Jun;52(6):718-26. doi: 10.1002/mnfr.200700307. PMID: 18496812
  5. Cordain L, (2005) “Implications for the role of diet in acne.” Semin Cutan Med Surg. 2005 Jun;24(2):84-91. DOI: 10.1016/j.sder.2005.04.002 PMID: 16092796
  6. Cordain L, (2003) “Hyperinsulinemic diseases of civilization: more than just Syndrome X.” Comp Biochem Physiol A Mol Integr Physiol. 2003 Sep;136(1):95-112. PMID: 14527633
  7. Adebamowo CA, (2005) “High school dietary dairy intake and teenage acne.” J Am Acad Dermatol. 2005 Feb;52(2):207-14. DOI: 10.1016/j.jaad.2004.08.007 PMID: 15692464
  8. Aghasi M, (2018) “Dairy intake and acne development: A meta-analysis of observational studies.” Clin Nutr. 2019 Jun;38(3):1067-1075. doi: 10.1016/j.clnu.2018.04.015. Epub 2018 May 8. PMID: 29778512
  9. Bataille V, (2002) “The influence of genetics and environmental factors in the pathogenesis of acne: a twin study of acne in women.” J Invest Dermatol. 2002 Dec;119(6):1317-22. DOI: 10.1046/j.1523-1747.2002.19621.x PMID: 12485434
  10. Quynh-Giao Nguyen, (2016) “Diet and acne: an exploratory survey study of patient beliefs” Dermatol Pract Concept. 2016 Apr; 6(2): 21–27. doi: 10.5826/dpc.0602a05 PMID: 27222768

ご予約・お問い合わせ

高円寺院 Koenji
TEL 03-5913-7435
月~土 10:30-13:30/15:30-18:30 
日・祝 休診

麹町院 Kojimachi
TEL 03-6261-7433
平日 11:00-14:00/16:00-19:00
土日 10:00-13:00/15:00-18:00
祝日 休診

※両医院とも完全予約制となっておりますので、お電話かネットからご予約ください。
※医学的なご質問等、医師が対応する場合は別途電話再診料を頂戴することがございます。