ニキビとは、医学用語で「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」というお肌の病気です。通常は、皮膚科で治療が行われますが、当院に来院される患者さんは、長期に渡って皮膚科で治療を受けても改善しなかった方ばかりです。

それは、日本で行われている保険適応のニキビ治療と、欧米で行われている標準的なニキビ治療には、大きな乖離があるため、国内の保険治療で治すのが難しいからです。

遅れているニキビ治療

ニキビ治療の問題当院に受診する患者さんは、以下のような方が多いです。

  1. 皮膚科で、保険診療内で外用薬や抗生物質、ビタミン剤、漢方薬などの治療が行われる
  2. 何ヶ月~何年も治らないまま、長く治療が継続されている
  3. ネットでにきびに効くと宣伝されている石けんや化粧品を購入してしまう
  4. 美容外科で、ピーリング、レーザー、光治療などの自費治療を受けるが改善しない

当院に来院されるまでに何年も色々な治療を受け続けており、繰り返しニキビができ続けていたせいで、ニキビ跡のクレーターやシミ、赤みが多数残ってしまっている状態になっています。

日本で使われているニキビ治療薬

以下は保険適用外のものもありますが、主に日本で処方されている治療薬の一覧です。

種類薬剤名
抗生物質内服ミノマイシン、ミノサイクリン、ビブラマイシン、ルリッド、ファロム、オラセフ、フラジール
抗生物質外用ダラシン、アクアチム、ゼビアックス、デュアック
漢方薬清上防風湯、十味敗毒湯、桂枝茯苓丸ヨクイニン、芍薬甘草湯、当帰芍薬散、加味逍遙散、荊芥連翹湯、温経湯
ビタミン類シナール、ハイチオール、フラビタン、ピドキサール、パントテン酸、ビオチン
アダパレン外用ディフェリンゲル、エピデュオゲル
ベンゾイル外用ベピオゲル、エピデュオゲル、デュアック

*エピデュオゲルはアダパレンとベンゾイルの合剤、デュアックはダラシンとベンゾイルの合剤です。

これらの治療薬は、まず最初に行うべき治療ではありますが、効果が出ない場合、または再発を繰り返す場合には、日本ではこれ以上の治療がありません。

日本では、保険適用内で受けられる治療は限られているからです。実際に、2016年の日本皮膚科学会のガイドラインでも重症・最重症の炎症性ニキビに対して、内服抗菌薬(抗生物質の飲み薬)、外用抗菌薬(抗生物質の塗り薬)、アダパレンや過酸化ベンゾイルといった外用剤が推奨度Aとされていますが、それで改善しない場合の指針がありません。

参考:「日本皮膚科学会 尋常性痤瘡治療ガイドライン2016」

アメリカでは40年以上前から使われ、薬局で購入可能な過酸化ベンゾイル外用薬は、日本では2014年に認可がおり、2015年から新薬(ベピオゲル)として使用できるようになりました。欧米で40年以上前から市販されている薬が、日本で最近になって新薬で処方薬として使えるようになったことを鑑みても、日本のニキビ治療は非常に遅れていると言わざるをえません。

参考:「ベピオゲル2.5% マルホ株式会社」

当院の治療方針として、保険治療を否定しているわけではなく、保険適用内の治療で改善がないか、もしくは再発してしまう患者さんは、何年も同じ治療を継続せずに正しい治療に移るべきであると考えています。

美容クリニックの治療

保険治療で改善が認められない患者さんは、美容外科や美容皮膚科で治療を受ければ良くなるのではないかと考えます。しかし、美容系クリニックで勧められる治療は、主に体の外側からの治療です。つまり、クリアタッチやPDTといったレーザー治療や光治療をしたり、ケミカルピーリングをしたり、圧出して(潰して)押し出したりといった治療です。

また、メディカルアクネケアや皮脂腺凝固法と呼ばれている治療をいまだに行っている医院もあります。皮脂腺(ひしせん)と呼ばれる顔の脂(あぶら)を分泌する器官が肌にはありますが、そこに電気を流す針を刺して、皮脂腺を破壊してしまう治療です。従来は小林メソッドと呼ばれていた治療法ですが、副作用として、毛穴が大きくなってしまったり、瘢痕化(はんこんか)する危険性があり、当院ではおすすめしません。医学的に考えて、ニキビが出てくる毛穴を特定することは不可能ですし、無数にある皮脂腺をすべて壊すことは無理です。数百個から数千個焼いたところで、効果を実感できるとは思えません。

クリニックによって治療方針はバラバラであり、しっかりとした医学的根拠(エビデンス)がある治療はほとんどないのが現状です。

化粧品やエステ

皮膚科に行っても治らないので、医学的な根拠の乏しいエステに頼ってしまう患者さんもいます。しかし、化粧品や医薬部外品には、ニキビを治療・治す効果が認められているものは一つもありません。

薬事法で定められた広告基準でも、ニキビに対する化粧品の効能の範囲は「(洗浄により)ニキビ、アセモを防ぐ(洗顔料)。」とだけしか認められていません。つまり、洗顔料以外には、治療・予防効果がある化粧品は認められていないことになります。

参考:「化粧品の効能効果の範囲について 東京都福祉保健局」

インターネットでは「にきびが治る」と宣伝しているエステや化粧品が沢山あります。悪質なものだと「厚労省に認められた効果!」などとまことしやかに嘘が書いてあり、驚かされます。効果があったというやらせの口コミや記事に溢れており、誰しも一度や二度は騙されてしまうでしょう。しかし、それらはステルスマーケティングといって広告会社が書いている記事です。本来このような広告手法は薬機法違反に該当するものの、あまりに多すぎて野放しにされている現状があります。

欧米のニキビ治療

欧米では、以下の流れでニキビ治療が行われています。

  1. アダパレンやベンゾイルなどの外用薬や、抗生物質の内服薬の治療が行われる。
  2. 4週間~8週間で改善が見られない場合、ホルモン療法やイソトレチノインによる治療へ移行する。

日本では、何ヶ月~何年も抗生物質を処方され続けることも多いのですが、欧米のガイドラインでは、抗生物質の内服治療は平均して4週間~8週間とし、耐性菌などの観点から、最大でも3ヶ月を超えて投与しないようにガイドラインで推奨されています。

治療ガイドラインにより治療方針が定められているため、各施設によって治療方針のバラつきがなく、最も効果的な治療を行うことができます。結果として、治らないまま治療を長期間続けることがないため、ニキビ跡の凹凸、クレーター、色素沈着、赤みを最小限に抑えることができます。

アメリカのニキビ治療ガイドライン

米皮膚科学会のニキビ治療ガイドラインから抜粋したものです。

アメリカ皮膚科学会ニキビ治療ガイドライン

重症の場合は第一選択薬として抗生物質の内服と外用剤の組み合わせ、もしくは、アキュテイン(イソトレチノイン)による治療が推奨されています。中等症の場合では、抗生剤や外用剤に効果を認めない場合に、アキュテイン、もしくは、ホルモン治療(低用量ピル・スピロノラクトン)が選択されます。

参考:「Guidelines of care for the management of acne vulgaris.」J Am Acad Dermatol. 2016

いずれにしても、効果が認められないからといって、次々に広域スペクトラムの作用の強い抗生物質に変更したり、何ヶ月も抗生剤の治療を続けるいったことはありません。ニキビ跡のクレーターは、一度出来てしまうと一生残ります。ニキビ跡を残さないようにできるだけ早期にニキビを治すことが重要です。

ご予約・お問い合わせ

高円寺院 Koenji
TEL 03-5913-7435
月~土 10:30-13:30/15:30-18:30 
日・祝 休診

麹町院 Kojimachi
TEL 03-6261-7433
平日 11:00-14:00/16:00-19:00
土日 9:30-12:30/14:30-17:30
祝日 休診

※両医院とも完全予約制となっておりますので、ネット、または、お電話でご予約ください。
※医学的なご質問等、医師が対応する場合は、別途電話再診料を頂戴することがございます。
※他の患者さんのご迷惑となるため、営業電話はお控えくださいますようお願い申し上げます。