肌のクリニック ニキビ治療

ニキビ治療

  • 肌のクリニック ニキビ治療
  • 肌のクリニック ニキビ治療
  • 肌のクリニック ニキビ治療
  • 肌のクリニック ニキビ治療
  • 肌のクリニック ニキビ治療

日本のニキビ治療の問題点

 

皮膚科で、保険診療内で外用薬や抗生物質、ビタミン剤、漢方薬などの治療が行われる。
矢印1
保険治療で効果がないニキビや、再発を繰り返すニキビに対する治療方針がなく、何ヶ月~何年も治らないまま治療が継続されてしまう。
矢印1 
治らないため美容クリニックを受診するが、美容クリニックでは、レーザーや光治療など治療方針がクリニックによってバラバラである。また、治療効果のないエステや化粧品に頼ってしまう患者も。※1
矢印2
治らないまま、繰り返しニキビができ続けると、ニキビ跡の凹凸や色素沈着、赤みの原因に。※2

※1 化粧品、医薬部外品は「ニキビを予防する」効能しか認められておらず、ニキビを治療・治す成分を配合することはできません。エステも同様に、ニキビに対する治療行為は認められていません。化粧品で「ニキビを治す」と広告しているものは「100%嘘」ですのでご注意ください。

※2 ニキビ跡は、一度出来てしまうと一生残ってしまうものもあります。特に瘢痕性のニキビ跡(凹凸)は難治性のため、ニキビ跡を残さないように早めに治療することが大切です。

 

日本で使われているニキビ治療薬

 

抗生物質の内服薬
ミノマイシン、ミノサイクリン、ルリッド、ファロム、オラセフ、フラジール
抗生物質の外用薬
デュアック、ダラシン、ゼビアックス、アクアチム
漢方薬
清上防風湯、十味敗毒湯、桂枝茯苓丸ヨクイニン、芍薬甘草湯、当帰芍薬散、加味逍遙散、荊芥連翹湯、温経湯
ビタミン剤
シナール、ハイチオール、フラビタン、ピドキサール、パントテン酸、ビオチン
アダパレン外用剤
ディフェリンゲル、エピデュオゲル(ベンゾイルとの合剤)
ベンゾイル外用剤
ベピオゲル、エピデュオゲル(アダパレンとの合剤)

これらのニキビ治療で効果が出ない場合、または再発を繰り返す場合、日本ではこれ以上の治療方法の指針がありません。

 

アメリカのニキビ治療

 

皮膚科で、外用薬や4週間~8週間の抗生物質の内服治療が行われる。※3
矢印1
抗生物質で効果がないニキビに対して、ニキビ治療ガイドラインにより治療方針が定められているため、各施設によって治療方針のバラつきがなく、最も効果的な治療を行うことができる。※4
矢印2
治らないままだらだらと治療を続けることがないため、ニキビ跡の瘢痕(凹凸)や色素沈着、赤みを最小限に抑えることができる。

※3 抗生物質による治療は平均して4週間~8週間、耐性菌などの問題から最大でも3ヶ月を超えて投与しないように、ガイドラインで推奨されています。Guidelines of care for the management of acne vulgaris. J AM ACAD DERMATOL.2016;Volume74:945–973.

※4 抗生物質の効果が認められない中等症以上のニキビに対しては、ホルモン療法(低用量ピル・スピロノラクトン)による治療や、イソトレチノイン治療がガイドラインで推奨されています。Guidelines of care for the management of acne vulgaris. J AM ACAD DERMATOL.2016;Volume74:945–973.

 

アメリカのニキビ治療ガイドライン

 

アメリカニキビ治療ガイドライン
アメリカニキビ治療ガイドライン日本語訳

アメリカ皮膚科学会のニキビ治療ガイドラインでは、重症の場合は第一選択薬としてイソトレチノイン・アキュテインによる治療が推奨されています。中等症の場合でも、抗生剤や外用剤に効果を認めない場合は、イソトレチノイン・アキュテイン治療やホルモン治療(低用量ピル・スピロノラクトン)が選択されます。 また、アメリカでは50年以上前から使われ、ドラッグストアでも購入可能な軽症~のニキビに使われているベンゾイル外用剤は、日本ではやっと2014年に認可がおり、処方薬として使用できるようになりました(ベピオゲル、エピデュオゲル)。日本のニキビ治療は40年以上遅れています。

当院では、皮膚科治療で治らなかったニキビ患者さんに対して、内服薬で内側からアプローチを行う治療を12年間行ってきました。特にイソトレチノイン・アキュテイン治療によるニキビ治療の分野においては、日本で最も古くから、最も多くの症例を経験しています。現在まで、延べ6000人以上のニキビで悩む患者さんへアキュテイン治療を行い、良好な成績をおさめています。それぞれのニキビ治療の特徴、料金などについては、下記のリンクをご覧ください。

治療症例

  • 30代女性 / アキュテイン治療

    肌のクリニック ニキビ治療 治療症例
  • 20代女性 / ホルモン治療

    肌のクリニック ニキビ治療 治療症例

 

すでに6000人以上の難治性中等症~重症ニキビの方へ治療を行い、良好な成績を収めています。
治療症例をもっと見る

患者さんの声

病院口コミサイト「Caloo」から引用させていただきました。

ニキビ治療の名医

しのこ (本人・30歳代・女性)

前院の山口クリニックからお世話になっています。 中学生頃よりニキビに悩まされ、これまでありとあらゆる治療や美容クリニックで施術を行いましたが、一向に改善せず、諦めかけていたところ、難治性ニキビを専門とする岩橋先生の存在を知り、通院を始めました。
私は主にアキュテインという内服薬を使用して治療をしていますが、現在、5カ月目ですが、新生ニキビはほとんどなくなり、毛穴も小さくなりました。内服を継続するにあたり、様々な疑問や不安がありましたが、些細な質問にも丁寧に説明していただきました。とても優しい先生です。
また院内で処方していただける調剤化粧品には再生因子やヒトプラセンタなどが配合されており、ニキビ跡の色素沈着やしわなどにも効果がありました。
クリニックはとても綺麗でスタッフの皆様もいつも親切です。
もっと早く、先生のもとへ受診していれば、今あるニキビ跡も違っていたかと思うと残念ですが、今の状態でできる治療を提案していただき、今後も通院を継続したいと考えています。

病院口コミサイト「Caloo」から引用させていただきました。

移転する前から通っています!

ミー (本人・30歳代・女性)

昔からニキビに悩まされていて、高校生位から20半ばまで特にひどくて、化粧品をあれこれ変えてみたり、市販薬を一通り試しました。
それでも治る気配は全くなく毎日鏡を見て悩んでメイクで隠す日々でした。
それまでに何件か皮膚科も通いました。
治療はビタミンC等の飲み薬や、漢方薬、抗生物質など試しましたが気休めでした。
どうにかニキビを治せないかと、ネットで検索してヒットしたのが山口クリニックでした。
そこからずっと通い続け、今回高円寺に移転したのでこれからはこちらに通よいたいと思います!
肌のクリニックのニキビ治療は身体の中から治療してくれるクリニックです!
他の皮膚科にはなかったホルモン治療やアキュインの治療を行っていて、ニキビに特化した病院だと思います!
薬などの副作用等の説明をしっかりしてくれますし、治療にかかる金額や治療にかかる時間など丁寧に説明してくれます!
定期的に血液検査なども行っているのでとても安心できる病院だと思います!
私はひどかったニキビが今では落ち着いて人から肌がきれいだねと言われる位まで改善しました!
ピーリングもこちらで行っているのでニキビ跡もケアすることができるのでいいと思います!
ただ、にきび治療は保険外なのでお金が結構かかります!
それでもほんとにニキビを治したい人には、お金がかかっても確実にニキビが減るのであればそんなに出せないような額ではないと思います!
ニキビに悩んでる人に絶対勧めたいクリニックです!

肌のクリニック ニキビ治療

肌のクリニックでは、欧米の標準治療である「ホルモン治療」と、重症ニキビに対する「アキュテイン治療」を主に行います。両治療とも「飲み薬」の治療で、体の中から治療していきますので、顔だけでなく、体のニキビも改善していきます。

ニキビ治療よくあるご質問

美容外科でレーザー治療を勧められたのですが、受けるべきですか?
日本の美容クリニックではレーザー、光治療、PDT、LED、紫外線、赤外線、ピーリング治療などが行われていますが、それらは、必ずしもエビデンスがある治療とは言えません。クリニックによって勧めるレーザーや光治療の機種はバラバラであり、統一もされていません。レーザーなどの外側からの治療は一時的には良くなっても再発してしまうケースが非常に多いため、まずニキビ治療ガイドラインに沿った治療をお勧めしています。
ネットの口コミでニキビが治るという化粧品を使っているのですが、良くなりません。
化粧品や医薬部外品には、ニキビを治す効果のある成分を配合することはできません。「ニキビを治す」という広告を出すことも、法律で禁止されています。ニキビが治ったなどという化粧品の口コミは、広告業者が作っているステマ(やらせ記事)ですので、騙されないようにしましょう。エステも同様に、ニキビを治すという治療行為は法律上認められていません。ニキビは”尋常性ざ瘡”という病気です。正しい治療を病院で行いましょう。
肌のクリニックのニキビ治療は保険が効きますか?
当院は欧米で行われている標準的なニキビ治療を行っていますが、それらは日本では保険適応ではないため、全額自費診療となります。保険診療と自費診療を同じクリニックで行うことは禁止されているため、肌のクリニックを受診する前に、まずはお近くの皮膚科で保険診療を受けることをお勧めします。3ヶ月以上治療しても改善が認められない場合や、再発を繰り返す場合は、ニキビ跡を残さないためにも、なるべく早めに当院を受診することをお勧めします。
その他の質問はコチラ

他院で治らずに諦めていた患者さんは、
当院へご相談ください。