高濃度「浸透型」VCローション

  •  

    浸透性と安定性に優れた
    新しいビタミンC誘導体
    「ビタミンCエチル」
    を5%の高濃度で配合

    脂性肌やニキビ肌の方
    におすすめの
    さっぱりタイプの化粧水

    ビタミンCエチルは
    ビタミンC誘導体の中で
    最も高いビタミンC含有量と
    最も高い美白力を持ち

    ニキビ跡・シミ・肝斑に
    お悩みの方に
    特におすすめします

高浸透型「ビタミンCエチル」を5%配合

ビタミンCエチルは、ビタミンCの3位の水酸基にエチル基を結合した、新規のビタミンC誘導体です。他のビタミンC誘導体と異なる以下の特徴を持っており、その効果は、頭一つ抜き出ています。

    • ビタミンC誘導体がビタミンCへ変換されるには、生体内で酵素によって分解されることが必要です。ビタミンCエチルは、酵素反応を必要とせず、そのままの形で皮膚内で即ビタミンCとして作用します。ビタミンCエチルが即効型と言われる理由はここにあります。
      ビタミンC誘導体は、6~8時間かけて徐々に分解されてビタミンCへ変換され、代謝されるのに対し、ビタミンCエチルは、そのままの形でビタミンCと同様に作用し、最終的に72時間かけてビタミンCへ変換されて代謝されます。即効性加え、持続性を併せもったビタミンC誘導体です。
      ピュアビタミンCやビタミンC誘導体は、安定性に課題がありますが、ビタミンCエチルは、40℃のPH5の緩衝液中で、90日が経過しても95.9%の活性が保たれており、非常に高い安定性を誇っています。
      ビタミンCエチルをモルモットの皮膚に塗布し、角質層と真皮層への移行を24時間追跡した試験では、真皮層へ1%以上移行したことが示されました。ビタミンCエチルは、水溶性であるにもかかわらず、皮膚からの浸透性に非常に優れています。

ビタミンCエチルの3つの美白作用

ビタミンCエチルは、「メラニン還元作用」「メラニン生成抑制作用」の他に、ビタミンCエチル特有の「メラニン単量体の重合抑制作用」を持つため、他の誘導体よりも高い美白効果を示します。実際の表皮モデルにおいて、ビタミンCエチルは、3倍濃度のアスコルビンリン酸マグネシウム(APM)よりも高い美白効果を示しました。

黒色の酸化型メラニンを、無色の還元型メラニンへ変換する作用と、濃色のドーパキノンを単色のドーパに還元する作用があります。
チロシンからメラニンを作る働きがあるチロシナーゼ酵素の働きを阻害します。
紫外線A波によって、無色のメラニン単量体が重合してメラニンになるのを抑制します。

ビタミンCエチルのビタミンC含有量

下の図は、新型脂溶性ビタミンC誘導体VC-IP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)、新型両親媒性ビタミンC誘導体APPS(パルミチン酸アスコルビン酸3Na)と、ビタミンCエチルのビタミンC(アスコルビン酸)含有率を比較したグラフです。ビタミンCエチルは、分子レベルでのビタミンC(アスコルビン酸)の含有比率が86%と非常に高く、他のビタミンC誘導体と同じ濃度で配合した場合は、最もビタミンCの含有量が多くなります。

 

ビタミンCエチルの欠点

ビタミンCエチルは、イオン化しないために、他のビタミンC誘導体よりも低刺激ですが、それでも高濃度では、刺激、乾燥、赤みを感じる方がいます。当院の「浸透型」VCローションは、ビタミンCエチルを高濃度で配合していますので、刺激や赤みを感じたり、お肌に合わない場合は、ご使用を中止してください。敏感肌の方へは、「保湿型」のVCローションをおおすすめします。
乾燥を感じる場合は、その後のケアに、「EGホワイトローション・EGホワイトクリーム」をお使いください。

美肌菌を増やす「バイオエコリア®」配合

当院のすべての化粧水に、肌の善玉菌を増やす「バイオエコリア」(グルコオリゴ糖 成分名:α-グルカンオリゴサッカリド)を配合しています。
バイオエコリアについては、こちらをご参照ください。

 

高濃度「浸透型」VCローション / 1,980円(税抜)

高浸透性ビタミンCエチルの働きで、毛穴を引き締め、ニキビを予防。ニキビ跡を美白して、健やかな肌へ導きます。

  • ■内容量 / 55ml 
    ■使用期限 / 処方日より 冷蔵:2ヶ月 室温:1ヶ月
    ※防腐剤フリーのため、直射日光や高温多湿な場所を避け、冷蔵保存でお早めにお使いください。
    ■使用感 / さっぱり
    ■無香料・無着色・パラベン・フェノキシエタノールフリー・オイルフリー・アルコールフリー
    ■有効成分 / 3-O-エチルアスコルビン酸 α-グルカンオリゴサッカリド
    ■全成分 / 院内パンフレットをご覧ください。

     

    ※以前原料会社から「VCエチルは水溶液中でイオン解離しない」と説明を受けていたため、イオン導入に適さないと記述していましたが、イオン解離することが分かりました。VCエチルも「-」でイオン導入することが可能です。