低用量ピル

当院で避妊用に処方するピルはラベルフィーユとマーベロンの2種類です。どちらも低用量ピルとなります。

ラベルフィーユは、トリキュラーやアンジュといった第2世代のピルと同じもので、自然なホルモンバランスを模した処方設計がなされており、色が3つに別れていて三相性ピルと呼ばれています。血栓のリスクが少なく、不正出血も起こりにくいのが特徴です。反面、男性ホルモン活性が高いタイプのピルなので、肌への好影響はあまり期待できません。

マーベロンは、ファボワールと同じ第3世代のピルです。すべての錠剤が同じもので、一相性のピルと呼ばれています。男性ホルモン活性もある程度抑えられており、肌荒れしにくいタイプのピルです。不正出血も少なく、一相性のため飲みやすいのが特徴です。血栓症のリスクは、第1世代や第2世代のピルと比較すると高めです。

避妊のためのピル

ピルの避妊率は99%以上とコンドームよりも効果は高く、ヨーロッパでは妊娠可能な年齢の女性の約半数が飲んでいる国も珍しくありません。日本のピルの普及率は1%と少なく、まだまだいろいろな偏見があることも事実です。

もちろんピルは必要がなければ飲まなくても良いのもです。コンドームで十分だと考える人もいるでしょう。しかし、コンドームによる避妊は、男性任せの避妊法です。もしも男性が付けなかったら?途中で外れてしまったら?などいろいろと不安は尽きません。ピルの服用によって、望まない妊娠を女性自身の意思でいつでも防げることは、とても大きなメリットになります。

ピルはそれ以外にも、女性の生理痛を和らげたり、生理周期を整えたり、生理をずらすこともできます。また、子宮内膜症や多嚢胞性卵巣症候群(PCOs)の進行を抑制したり、卵巣がん、子宮体がんのリスクを下げるなどの副効用も期待できます。

ピルの副作用

ピルの副作用で最も懸念される副作用は「血栓症」です。血栓症は、血管内で血が固まってしまい、血管を詰まらせてしまう症状のことをいいます。血栓症のリスクは中用量ピルが低用量ピルよりも高く、同じ低用量ピルの中でも、配合されている黄体ホルモンの種類によってリスクが異なります。

低用量ピルの血栓症で死亡するリスクは、交通事故にあって死んでしまうというリスクよりも確率が低いことがわかっています。血栓症の危険性がある方を事前に問診票や診察で確認し、排除することでよりリスクを下げることが可能です。

また、ピルは卵巣がん、子宮体がん、大腸がんのリスクを下げるものの、乳癌、子宮頸がんのリスクを高める可能性があります。ピルを中止するとそのリスクは正常まで徐々に下がっていきますが、乳癌や子宮頸がんの既往がある方は飲むことはできません。また、当院では20代の方は子宮頸がん検診を2年に1回、30代の方は乳癌、子宮頸がん検診を毎年受けることをおすすめしています。

「肌のクリニック」では、ピルのメリット、デメリットの両方を説明して患者さんの同意を得たうえで処方しています。ピルの副作用については、ニキビ治療の質問一覧の「ピルの副作用を教えてください」に詳しくまとめていますので、そちらもご参照ください。

ピルを飲めない方

ピルを飲めない方については、ニキビ治療のページの「ホルモン療法を受けられない方」と同じ方が当てあまりますので、そちらをご参照ください。

ピルでの避妊が難しい場合は、ミニピルでの避妊をおすすめしておりますので、「ミニピル」のページをご覧ください。

ピルの料金

  1. 最大6シートまで処方可能です。
  2. 価格は避妊目的のためのピルの料金です。ニキビ治療の場合は、初診料、使用するピルの種類が異なりますのでご注意ください。
  3. 初診時、その後は6ヶ月に1回の血圧・体重測定・血液検査が必要です。血栓症(D-ダイマー)検査は、血栓症の症状が疑われた場合にのみ必要です。
  4. 2回目以降は「遠隔診療(オンライン処方)」もご利用可能です。遠隔診療の場合は、診察・処方料が1,080円ですので、送料を入れてもより価格が安くなります。
項目価格(税別)
初診料2,900円
再診料2,900円
薬代マーベロン1シート
1,760円
ラベルフィーユ1シート
1,980円
検査料血液検査(6ヶ月毎)
2,680円
血栓症検査(必要時)
1,280円

ご予約・お問い合わせ

TEL 03-5913-7435
[ 受付 ] 10:30-13:30/15:30-18:30 [ 休診 ] 日・祝
医学的なご質問等、医師が対応する場合は、別途電話再診料を頂戴することがございます。