ミニピル

通常のピルは、女性ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)が一緒に配合された薬剤ですが、ミニピルは、黄体ホルモンのみで、女性ホルモンを含有していないピルのことです。

ミニピルは、黄体ホルモンであるプロゲストーゲン単独で作用を発揮するピルのため、Progestogen-Only Pill(プロゲストーゲン・オンリー・ピル)、略してPOP(ポップ)とも呼ばれています。効果の持続がピルよりも短いため、24時間周期できちんと飲む必要がありますが、正しく飲んだ場合の避妊率は99%以上であり、ピルと同等の避妊効果を有します。

ミニピルの特徴

ミニピルのメリットは、女性ホルモンが全く入っていないため、血栓症のリスクがなく、肥満の方、35歳以上で偏頭痛持ちの方、喫煙者の方、授乳中の方でも安全に服用できることです。安全性が高く、ピルが何らかの理由で飲めない方でも内服でき、非常に有用なお薬です。

一方デメリットとして、不正出血が起こりやすいこと、毎日同じ時間に内服をする必要があることが挙げられます。

ミニピルの避妊効果

性生活をしていて、かつ、ミニピルを飲んでいる女性のうち、1年間に妊娠をした女性は1000人中3人でした。つまり、ミニピルの避妊率は99.7%です。ただし、これは毎日規則正しく服用を守った場合です。

飲み忘れがあったり、時間を守れなかったりした場合では、ミニピルを飲んでいる女性のうち1000人中80人が妊娠をしています。92%の避妊率です。つまり、きちんと飲めば低用量ピルと同等の避妊効果を得られますが、用法をしっかりと守る必要があります。

ミニピルの副作用

ミニピルには、微量の黄体ホルモンだけで女性ホルモンが入っていないため、乳がんや子宮頸がん、血栓症などのリスクを有意に上昇させるという報告はありません。

ホルモン剤は太りやすくなるのでは?と心配される方もいますが、ミニピルに含まれるホルモン量は、低用量ピルと比べても僅かであり、あまり気にする必要はありません。ミニピルを飲む年代の方は、太りやすくなる時期に差し掛かっていることもあり、基礎代謝の低下や生活習慣などのほうが要因になることが多いのが実情です。

重篤な副作用は極めてまれで、低用量ピルよりも、さらに安全性が高い薬として位置付けられています。詳しくは、「ミニピルの副作用にはどんなものがありますか?」をご覧ください。

ミニピルとノアルテンの違い

ノアルテンは、無月経や月経周期異常の治療に用いられる製剤であり、本来避妊目的の製剤ではないため、ミニピルとは用途が異なります。

ノアルテンの黄体ホルモン量はノルエチステロン換算で5000μgです。それに対して、ミニピルのセラゼッタは675μgであり、ノアルテンはミニピルの7倍以上の黄体ホルモンが含まれています。

黄体ホルモン製剤を1日5000μg以上飲んでいる場合、血栓症のリスクが有意に上昇することが報告されているため、ノアルテンは避妊目的には適さず、避妊のためには専用のミニピルを服用することをおすすめします。

ミニピルについては、「肌クリの美肌ブログ」にもまとめられていますので、そちらもご参照ください。

ミニピルが飲めない方

ミニピルを飲むことが出来ない方については、よくある質問の「ミニピルが飲めない場合はありますか?」を御覧ください。

ミニピルの料金

  1. 最大6シートまで処方可能です。
  2. 初診時、その後は6ヶ月に1回の血圧・体重測定・血液検査(検診でも代用可)をおすすめしています。
  3. 2回目以降は「遠隔診療(オンライン処方)」もご利用可能です。遠隔診療の場合は、診察・処方料が1,080円ですので、送料を入れても、よりお安い価格で処方可能です。
項目価格(税別)
初診料2,900円
再診料2,900円
薬代セラゼッタ1シート
28日分 2,480円
検査料血液検査(必要時)
2,680円

ご予約・お問い合わせ

TEL 03-5913-7435
[ 受付 ] 10:30-13:30/15:30-18:30 [ 休診 ] 日・祝
医学的なご質問等、医師が対応する場合は、別途電話再診料を頂戴することがございます。