リベルサス

リベルサス_ダイエット治療
リベルサス(GLP-1飲み薬)

リベルサスは、肥満治療薬サクセンダと同じGLP-1受容体作動薬です。サクセンダがGLP-1の注射薬であるのに対し、リベルサスはGLP-1の飲み薬となります。医薬品一般名をセマグルチドといい、糖尿病治療薬としては承認されていますが、肥満治療薬としては未承認のお薬です。

GLP-1受容体作動薬は、脳細胞のGLP-1受容体に作用し、満腹感を高めて空腹感を低下させることにより、食欲を抑制して体重を減少させます。

ダイエット目的でのリベルサスの処方は適応外処方となり、未承認医薬品のため医薬品被害救済制度の対象外となります。医師による診察、副作用等のインフォームドコンセント、定期的な副作用チェックなど、医師の管理下で治療を行う必要があります。

リベルサスの体重減少効果

2型糖尿病における9カ国93施設で実施された試験では、26週間(約6ヶ月)で5%以上体重が減少した割合は、 リベルサス3mg群で21.3%、リベルサス7mg群で28.7%、14mg群で44.3%に対し、プラセボ群で15.7%と報告されています7

プラセボ15.7%
リベルサス 3mg 21.3%
リベルサス 7mg28.7%
リベルサス 14mg 44.3%
5%以上体重が減少した割合(26週)7
リベルサスの体重減少効果(26週)7

他の研究では、 26週間(約6ヶ月)で5%以上体重が減少した割合は、 リベルサス7mg群で11%、14mg群で36%に対し、プラセボ群で7%、52週間(約1年間)ではリベルサス7mg群で12%、14mg群で41%に対し、プラセボ群で6%と報告されています9。6ヶ月時点でのリベルサス14mgの平均体重減少率は-2.2%~-4.2%と報告されています9-13

いずれの試験においても、2型糖尿病患者以外での体重減少効果を研究したものはありません。

中止後の体重変化

GLP-1製剤は使用を中止すると食欲が徐々に元に戻り、何もしなければ体重も戻りやすくなります。食事療法や運動療法を併せて行い、痩せやすい習慣を作ることが大切です。

リベルサスの飲み方

飲み方

1日のうちの最初の食事又は飲水の前に、空腹の状態でコップ約半分の水(約120mL以下)とともに1錠服用します。服用後、少なくとも30分は、飲食や他のお薬の摂取をしないでください。お薬を分割したり、噛み砕いたり、2錠飲んだりしないでください。

用量

  • 1日1回3mgから開始し、1ヶ月経過後に、1日1回7mgに増量します。
  • 1日1回7mgを1ヶ月以上投与しても効果不十分な場合には、1日1 回14mgに増量します。

治療期間

当院では、治療の期間は6~12ヶ月間を推奨しています。用量と期間は、治療経過により判断します。

リベルサスの副作用

副作用

下記は2型糖尿病患者における副作用です。2型糖尿病以外の患者の副作用を調べた研究はありません。

副作用分類 5%以上 1~5%未満 0.5~1%未満 頻度不明
代謝及び栄養障害 食欲減退
神経障害 頭痛 浮動性めまい、 味覚異常
眼障害 糖尿病網膜症
心臓障害 心拍数増加
胃腸障害 悪心
下痢
便秘、嘔吐、腹部不快感、腹痛、消化不良、上腹部痛、腹部膨満、胃食道逆流性疾患 鼓腸、胃炎、おくび
肝胆道系障害
全身障害及び投与部位状態 疲労、無力症 胆石症
臨床検査 リパーゼ増加 体重減少、血中CK増加、アミラーゼ増加
  • 胃腸障害…吐き気、嘔吐、下痢、便秘などは最も多い副作用です。ほとんどが軽度で、一過性です。治療を続けると減少していきます。程度がひどい場合には必ず医師にご相談ください。
  • 低血糖(頻度不明)…稀ですが、2型糖尿病患者や他の糖尿病薬併用での低血糖の報告があります。強い空腹感、倦怠感、頭痛、めまい、冷や汗、ふるえ、動悸、熱感などの症状があった場合には、砂糖10g、もしくは、砂糖を含むジュースを100mlほど取り、安静にしてください。車や機械類の運転、高所作業は、低血糖症状が出ないことを確認してから行ってください。
  • 急性膵炎(0.1%)…激しい腹痛、背部痛、嘔吐、発熱などの症状が起こった場合、緊急で医療機関を受診してください。
  • 胆石症(頻度不明)…脂っこい食事や食べ過ぎた夜に腹痛が起こることがあります。胆石による急性膵炎では痛みが突然始まり、数分で最大になります。アミラーゼ、リパーゼの上昇は、膵炎発症の予測にはなりませんが、症状があった際には診断の指標となります。激しい腹痛を感じた際には、緊急で医療機関を受診してください。
  • アナフィラキシーショック・血管性浮腫…過剰な免疫反応(アレルギー反応)により、血圧低下、失神、顔面、口唇、皮膚の浮腫、発疹、気道の浮腫による呼吸困難等の症状があらわれます。アナフィラキシー症状が出た場合は、即座に救急車を呼び、病院で注射などの処置を受けてください。
  • 腸閉塞(頻度不明)…高度の便秘、腹部膨満、持続する腹痛、嘔吐等の異常が認められた場合には使用を中止し、医療機関を受診してください。
  • 甲状腺髄様癌…皮下投与用セマグルチドを用いたラット及びマウスにおける2年間がん原性試験において、臨床用量に相当する又は下回る用量で、甲状腺C細胞腫瘍の発生頻度が増加したとの報告があります。

副作用の詳細や注意事項等については、診察時に説明用紙に従ってご説明いたします。

治療できない可能性がある方

  • 18歳未満、または、75歳以上の方
  • 糖尿病、膵炎、胆石症、胆嚢炎、重度の腎機能障害、肝機能障害のある方
  • 腹部手術の既往のある方、腸閉塞の既往のある方
  • 摂食障害の方、BMI18.5未満の方、体脂肪率が男性15%未満・女性25%未満の方
  • 内分泌疾患やステロイドなどの薬剤による肥満の方
  • 甲状腺疾患のある方、多発性内分泌腫瘍症2型の家族歴のある方
  • 妊活中、妊娠中、授乳中の方
  • うつ病や自殺企図のある方
  • セマグルチド(リベルサス、オゼンピック)、添加物(サルカプロザートナトリウム、ポビドン、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム)にアレルギーがある方

その他当院が治療の必要性が低いと判断した場合、処方できないことがあります。

リベルサスの料金(税込)

項目料金(税込)
診察料初診料 3,850円
再診料 1,650円
リベルサス 3mg1錠 330円
30錠 9,900円
リベルサス 7mg1錠 748円
30錠 22,440円
リベルサス 14mg1錠 1,100円
30錠 33,000円
血液検査
(必要時のみ)
3,982円
尿検査
(初診時女性のみ)
1,056円
吐き気止め
(必要時のみ)
10日分 660円

※処方には診察が必要です。 診察料が別途かかります。
副作用等をチェックするために血液検査を初診時、1ヶ月後、その後は3ヶ月毎に行います。体重測定は毎回行います。
※最小2日分~最大3ヶ月分まで処方可能です。

リベルサスについてのよくある質問

  • リベルサス 3mg 1錠 330円(税込)
  • リベルサス 7mg 1錠 748円(税込)
  • リベルサス 14mg 1錠 1,100円(税込)

診察料と副作用チェックのための検査料が別途かかります。

最初の1ヶ月は3mgで服用をしますが、リベルサス3mgで効果が出る人は多くありません。

2ヶ月目から7mgへ増量しますが、その頃から食欲が抑えられて効果を実感してくる人が増えてきます。

リベルサスで痩せない、効果が出ないという方もおられます。

痩せない方は、まず服用方法が正しいかを見なおしてください。飲み方は、起床時に何も飲食をしていない状態で、コップ半分の水とリベルサスを飲みます。その後は少なくとも30分、できれば、1時間以上飲食を控えることをお勧めします。

リベルサス3mgで痩せない場合でも、7mgや14mgに増量すると効果が出ることは多くあります。正しく服用して14mgまで増量しても食欲が減らない場合には、医師に相談して中止をご検討ください。

効果には個人差があり、3mgで食欲が減る方もいれば、14mgに増量しても効果が出にくい方もいらっしゃいます。

リベルサスのダイエット効果については、認可されていない関係もあり論文はないものの、当院では治療を行っている9割以上の方に減量効果を認めています。

リベルサスは52週(約1年)の体重減少効果が報告されており、長期に服用しても耐性は生じにくいと考えられています。しかし、GLP1製剤には慣れが生じますので、最初は食欲が抑えられていたが、戻ってきたという方もおられます。

食欲が減らない場合には増量する必要がありますが、14mgまで増量しても効果がない場合には中止を検討します。また、多少なりとも食欲が抑えられている場合には、内服を継続しながら食事・運動療法を行うことで減量効果が現れやすくなります。

日本人の2型糖尿病患者を対象にした試験では、経口セマグルチド(リベルサス)とリラグルチド(サクセンダ)を比較して、リベルサスのほうが体重減少効果が高かったことが報告されていますが9、肥満患者の減量目的での使用ではないことや、サクセンダは0.9mgまでと比較的低用量であったこと、サクセンダ群の体重減少効果がその試験ではゼロでありプラセボ群よりも劣っていることなどから、この結果をそのまま解釈して、サクセンダよりもリベルサスのほうが痩せるとは言い切れません。

サクセンダはダイエット薬として海外で承認されており、リベルサスはダイエット薬としてはどの国でも未承認です。効果には個人差がありますが、よりしっかりした効果を希望する場合には、サクセンダのほうが適しています。

サクセンダとリベルサスは同じGLP-1受容体作動薬ですので、同日に併用することはできません。同日でなければ、切り替えることは可能ですので、医師にご相談ください。

リベルサスを飲み忘れたときは、そのままその日は飲まないでください。リベルサスは空腹時に飲まなければ吸収されにくいので、飲食をした後だと効果が減弱してしまいます。

リベルサスの錠剤には、SNAC(サルカプロザートナトリウム)という成分が含有されています5。SNACは、胃でのタンパク質分解からセマグルチドを保護し、消化管からの吸収を促進する作用があるため、1錠に300mg配合されており、2錠飲んでしまうと吸収効率が変化してしまうため、医師の許可がない場合には、1回に1錠までの服用としてください。また、同様に薬を分割して半錠で飲むことはできません。

リベルサスは2型糖尿病に対してのみ保険が適用されます。

体重管理目的やダイエット目的の処方にもかかわらず、保険で処方した場合には「診療報酬の不正請求」にあたり、医療機関に「保険指定取り消し」などの重大な罰則が与えられる可能性もあります。

医療保険の財源は「国民全員のお金」ですから、適応外処方の場合には自費で治療を行う必要があります。

  1. O’Neil PM, Birkenfeld AL, McGowan B, Mosenzon O, Pedersen SD, Wharton S, Carson CG, Jepsen CH, Kabisch M, Wilding JPH. Efficacy and safety of semaglutide compared with liraglutide and placebo for weight loss in patients with obesity: a randomised, double-blind, placebo and active controlled, dose-ranging, phase 2 trial. Lancet. 2018 Aug 25;392(10148):637-649. doi: 10.1016/S0140-6736(18)31773-2. Epub 2018 Aug 16. PMID: 30122305.
  2. Davies M, Pieber TR, Hartoft-Nielsen ML, Hansen OKH, Jabbour S, Rosenstock J. Effect of Oral Semaglutide Compared With Placebo and Subcutaneous Semaglutide on Glycemic Control in Patients With Type 2 Diabetes: A Randomized Clinical Trial. JAMA. 2017 Oct 17;318(15):1460-1470. doi: 10.1001/jama.2017.14752. PMID: 29049653; PMCID: PMC5817971.
  3. M.S. Capehorn, A.-M. Catarig, J.K. Furberg, A. Janez, H.C. Price, S. Tadayon, B. Vergès, M. Marre, Efficacy and safety of once-weekly semaglutide 1.0mg vs once-daily liraglutide 1.2mg as add-on to 1–3 oral antidiabetic drugs in subjects with type 2 diabetes (SUSTAIN 10), Diabetes & Metabolism, Volume 46, Issue 2, 2020, Pages 100-109, ISSN 1262-3636, https://doi.org/10.1016/j.diabet.2019.101117. (https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1262363619301326)
  4. ノボノルディスクファーマ株式会社 2型糖尿病治療剤 経口GLP-1受容体作動薬 セマグルチド(遺伝子組換え)リベルサス錠3mg リベルサス錠7mg リベルサス錠14mg 2021年9月改定(第2版)
  5. MSD Connect リベルサス 作用機序 https://www.msdconnect.jp/products/rybelsus/action_mechanism.xhtml 最終アクセス 2021/11/27.
  6. Ottney A. Glucagon-like peptide-1 receptor agonists for weight loss in adult patients without diabetes. Am J Health Syst Pharm. 2013 Dec 1;70(23):2097-103. doi: 10.2146/ajhp130081. PMID: 24249759.
  7. Aroda VR, Rosenstock J, Terauchi Y, Altuntas Y, Lalic NM, Morales Villegas EC, Jeppesen OK, Christiansen E, Hertz CL, Haluzík M; PIONEER 1 Investigators. PIONEER 1: Randomized Clinical Trial of the Efficacy and Safety of Oral Semaglutide Monotherapy in Comparison With Placebo in Patients With Type 2 Diabetes. Diabetes Care. 2019 Sep;42(9):1724-1732. doi: 10.2337/dc19-0749.
  8. Gibbons C, Blundell J, Tetens Hoff S, Dahl K, Bauer R, Baekdal T. Effects of oral semaglutide on energy intake, food preference, appetite, control of eating and body weight in subjects with type 2 diabetes. Diabetes Obes Metab. 2021 Feb;23(2):581-588. doi: 10.1111/dom.14255. Epub 2020 Nov 27. PMID: 33184979; PMCID: PMC7839771.
  9. Yamada Y, Katagiri H, Hamamoto Y, Deenadayalan S, Navarria A, Nishijima K, Seino Y; PIONEER 9 investigators. Dose-response, efficacy, and safety of oral semaglutide monotherapy in Japanese patients with type 2 diabetes (PIONEER 9): a 52-week, phase 2/3a, randomised, controlled trial. Lancet Diabetes Endocrinol. 2020 May;8(5):377-391. doi: 10.1016/S2213-8587(20)30075-9. PMID: 32333875.
  10. Yabe D, Nakamura J, Kaneto H, Deenadayalan S, Navarria A, Gislum M, Inagaki N; PIONEER 10 Investigators. Safety and efficacy of oral semaglutide versus dulaglutide in Japanese patients with type 2 diabetes (PIONEER 10): an open-label, randomised, active-controlled, phase 3a trial. Lancet Diabetes Endocrinol. 2020 May;8(5):392-406. doi: 10.1016/S2213-8587(20)30074-7. PMID: 32333876.
  11. Rosenstock J, Allison D, Birkenfeld AL, Blicher TM, Deenadayalan S, Jacobsen JB, Serusclat P, Violante R, Watada H, Davies M; PIONEER 3 Investigators. Effect of Additional Oral Semaglutide vs Sitagliptin on Glycated Hemoglobin in Adults With Type 2 Diabetes Uncontrolled With Metformin Alone or With Sulfonylurea: The PIONEER 3 Randomized Clinical Trial. JAMA. 2019 Apr 16;321(15):1466-1480. doi: 10.1001/jama.2019.2942. PMID: 30903796; PMCID: PMC6484814.
  12. Rodbard HW, Rosenstock J, Canani LH, Deerochanawong C, Gumprecht J, Lindberg SØ, Lingvay I, Søndergaard AL, Treppendahl MB, Montanya E; PIONEER 2 Investigators. Oral Semaglutide Versus Empagliflozin in Patients With Type 2 Diabetes Uncontrolled on Metformin: The PIONEER 2 Trial. Diabetes Care. 2019 Dec;42(12):2272-2281. doi: 10.2337/dc19-0883. Epub 2019 Sep 17. PMID: 31530666.
  13. Husain M, Birkenfeld AL, Donsmark M, Dungan K, Eliaschewitz FG, Franco DR, Jeppesen OK, Lingvay I, Mosenzon O, Pedersen SD, Tack CJ, Thomsen M, Vilsbøll T, Warren ML, Bain SC; PIONEER 6 Investigators. Oral Semaglutide and Cardiovascular Outcomes in Patients with Type 2 Diabetes. N Engl J Med. 2019 Aug 29;381(9):841-851. doi: 10.1056/NEJMoa1901118. Epub 2019 Jun 11. PMID: 31185157.

肌クリのご予約・お問い合わせ

再診の方はお問合せ時に「診察券番号」をお知らせください。
年末休診期間:2022/12/29(木) ~ 2023/1/5(木)
●高円寺院 TEL 03-5913-7435
東京都杉並区高円寺南4-6-7 アンフィニビル4階
月~土 10:30-13:30/15:30-18:30 休診:日 / 祝
●麹町院  TEL 03-6261-7433
東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビルB1階
平日 11:00-14:00/16:00-19:00 土日 10:00-13:00/15:00-18:00 休診:祝日
※完全予約制となっております。
※大変申し訳ありませんが、お電話が混み合って繋がりにくいことがございます。スタッフの人数が限られておりますので、何卒ご理解をお願いいたします。
※医学的なご質問等で医師が対応する場合、別途「電話再診料」を頂きますのでご了承ください。