医師紹介

肌のクリニックスタッフ

院長の岩橋と申します。私は池袋サンシャイン60ビルにある山口クリニックでニキビ治療やAGA治療、その他の皮膚科・内科治療を担当していましたが、患者さんが多くなってきたこともあり、JR高円寺駅からほど近い場所で、高円寺南クリニックを開院しました。開院してから1年ほどで患者さんの数がさらに増え、2017年に「医療法人社団 肌のクリニック」へ名称変更をし、法人化いたしました。

当院は、新宿から中央線快速で6分、高円寺駅から徒歩4分、商店街のアーケードを通って行けば、雨の日もほとんど濡れずに来院できる便利な立地です。現在、分院展開も視野に入れており、皮膚科・美容皮膚科医師の募集をしております。

開業にあたっては、過去の経験や知識を生かし、様々な工夫をしています。待ち時間が少なくなるように完全予約制にして、同一時間に患者さんが集中しないようにし、WEB予約システムの導入により、患者さんが24時間いつでも予約を取れるようにしました。患者さん目線で診療ができるように、院内の設計やデザイン、患者さん向けのパンフレットやポスター、ホームページを含め、ほとんどを私自身が作っています。特にホームページのコンテンツ作成には力を入れていますので、よくありがちな業者に頼んで作ってもらったホームページとは違うことに気付かれる方も多いと思います。

私は、もともとは内科全般(高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病、ホルモンなどの内分泌)、循環器(心臓、血管)を専門領域としていました。ニキビの専門外来を始めるようになったきっかけは、私自身が長年ニキビに悩まされていたことによります。

ニキビを治したいがために、学生時代からアキュテインを含めた欧米のニキビ治療について調べ、病院実習先のアメリカのドクターからもいろいろ教えて頂き、様々な情報を集めていました。医師になったのを皮切りに、まず自分自身にアキュテインを使用してニキビの治療を行いました。その結果、それまで何年もの間いろいろな皮膚科へ通院しても治らなかったニキビが、わずか2クールで完治し、改めて日本と欧米のニキビ治療の差を実感しました。

同じようにニキビに悩んでいる患者さんへ、欧米で行われている標準治療を安全に正しく提供したいということを常に考えていましたが、ちょうどその頃に一緒に働いていた山口享子医師(現山口クリニック院長・田口享子医師)のご厚意もあり、12年前に山口クリニックで「ニキビ治療専門外来」を立ち上げました。地域の中核病院で救急医療を担いつつ、外勤日を利用してクリニックでニキビ診療にあたっていましたが、その後山口クリニックへ完全に移り、ニキビやAGAなどの診療をメインに行うようになりました。今でこそ美容系のクリニックが参入してきていますが、当時は国内でアキュテイン治療やホルモン治療を積極的に行っているクリニックはほとんどありませんでしたので、10年以上もの間、常に予約が3ヶ月待ちという状態が続き、患者さんにはご迷惑をおかけしておりました。

肌のクリニックを開院して大幅に診療時間が増え、沢山の新患の方を受け入れることができるようになりましたが、すでに土曜日は予約制限をしている状態です。また、土曜日・平日の6時以降などの時間帯で30分程の待ち時間が出ることがあり、引き続きご迷惑をおかけいたします。

私は、難治性ざ瘡に対してアキュテイン治療とホルモン治療を約12年間行ってきました。過去にアキュテインで治療した重症ニキビ患者さんの数は、6000名を超えるまでになりました。アキュテイン治療に関しては、国内で最も古くから最も多くの症例を経験している医師であると自負しています。「ニキビ」という単独疾患の専門治療で、長年に渡り多くの症例を経験している医師は国内でそう多くはいません。どこへ行っても治らず諦めている方は、ぜひ当院へご相談ください。

AGAに関しては、ガイドラインに基づいた標準的治療を、できるだけリーズナブルな価格で、安全性を重視して行っています。また、標準治療では治りにくい患者さんに対しては、強力なミノキシジルタブレットや、新薬のデュタステリドを用いた治療も行っています。

シミ治療に関しては、2台のレーザーを導入してからは治療の幅が大きく広がり、今までトレチノインハイドロキノン療法で数ヶ月かけて治していたシミも、たった1回の治療で改善させることが出来るようになりました。肝斑については、従来のトラネキサム酸・ビタミンC療法に加え、レーザートーニングを取り入れています。

その他、全国でも珍しい調剤化粧品という医薬品原料の化粧品を処方しています。ニキビやアトピーに悩む患者さんの中には、肌が非常に敏感なために、化粧品で肌にトラブルを起こしてしまう方がいます。患者さんから「市販の基礎化粧品は肌に合わないので、何かいいものはないですか?」という相談を受け、せっかく院内で作るのであれば、防腐剤等は極力使用せず、本当に肌に良いものをリーズナブルな価格で提供したいという思いで、8年前から作り始めたのがきっかけです。患者さんやスタッフに試用してもらい、試行錯誤や改良を重ねながら、評価が高かったものだけを製剤化しています。特に「ヒトプラセンタエキス」や「肌再生因子」を配合した調剤化粧品は、患者さんからとても良い評価を受けています。

皮膚科的にはもちろん、ニキビを内側から治す内科治療が専門ですので、薬の副作用を含めて全身をチェックすることができますから、安心して当院を受診してください。

img05

当院ブログ