肌のクリニックレーザー外来

体の黒ずみ治療

体の黒ずみ・赤みの原因

体の黒ずみは、物理的な摩擦=擦れることが原因であることがほとんどです。そのため、デリケートゾーンや下着のゴムやワイヤー部分によく黒ずみが起こります。座ることが多い方は、おしりや背中など椅子で擦れてしまう部分も好発部位です。また、常にカミソリなどで剃る部分は、カミソリの物理的刺激によって黒ずんできます。特にワキの皮膚は薄くてデリケートなため、物理的な刺激でメラニン色素が沈着しやすく、黒ずみやすい部分でもあります。その他、合わない化粧品や制汗剤、除毛クリームなどの化学的な刺激、紫外線、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患、肌の乾燥も黒ずみの原因となります。

体の赤みはニキビ跡の炎症後色素沈着であることがほとんどです。その場合、首や背中、胸、お尻など、ニキビができやすい部分に赤みが残っています。また、ニキビ跡は赤みだけではなく、赤黒く見えたり、茶色いシミのようになったりもします。

最近では男女問わず、顔のシミの悩みと同じくらい、体の黒ずみを気にされている方は多くいますので、当院ではレーザー治療や外用薬を含めた治療で対応しています。

日常のケア

最も大切なことは、黒ずみができてしまう原因を断つことです。下着が擦れる部分に黒ずみができる方は、きつすぎる下着の見直しが必要です。また、肌を掻いたり触ったりする癖のある方は、それをやめなければなりません。ワキをカミソリで毎日剃るという方は、思い切って医療レーザー脱毛を受けてしまうのも一つの方法です。

一度できてしまった黒ずみは、上記のことをやってもなかなか改善しないため、治療が必要となることが多くありますが、治療をしても原因を取り除かなければ、また黒ずみができてしまいます。黒ずみの原因は、本人が自覚していることも多いため、治療の前に、まずその原因となる生活習慣を改める必要があります。

ボディトーニング

ボディートーニングは、レーザーによってメラニン色素を壊し、黒ずみを徐々に改善する治療です。ボディレーザートーニングやボディレーザーホワイトニングとも呼ばれます。もともとは、肝斑の治療として顔用に普及したレーザートーニングを体用に応用したものです。出力は、顔よりもやや高めに設定しています。

肌が弱い方や、ワキやデリケートゾーンなどの皮膚が薄く敏感な部分に対しては、従来のトレチノイン・ハイドロキノン療法やピーリングなどの治療では、赤みや刺激のためなかなか効果を上げられないことがありましたが、ボディトーニングでは痛みも少なく、術後に赤みや刺激が残ることはありません。

効果には個人差があるため、一概にはどれくらい良くなるかは施行してみないとわかりませんが、レーザーはメラニン色素を確実に破壊していくため、2週間間隔でおおよそ10回程度行うことで、黒ずみが減少していきます。

体の赤みが気になる場合は、ロングパルスヤグレーザーを用いたボディロングパルスヤグを行っています。赤みも黒ずみも気になる場合は、ロングパルスヤグレーザー→Qスイッチヤグレーザーの順で両方あてる「ダブル照射」を行います。ダブル照射は、くすみや黒ずみだけでなく、肌のコラーゲンの産生を促して肌のハリを改善させるため、首や手の甲、乳首など、年齢を感じやすい部位にお勧めです。

トレチノイン・ハイドロキノン療法

高濃度ビタミンCローション・トレチノイン・ハイドロキノンによる黒ずみ治療も行っています。まず、高濃度ビタミンCローションで肌全体のメラニン生成を抑えます。次にトレチノインを使用して、メラニン色素を排出し、ハイドロキノンでメラニン色素を作り出す「メラノサイト」の働きを抑えて漂白していきます。

トレチノインは使い始めに赤みが出たり、皮膚がポロポロと剥がれるため、広範囲に外用すると気になる方もいるかもしれません。トレチノインを併用した方が効果は高いのですが、赤みが気になる方はトレチノインを使わず、ハイドロキノンの外用と他の治療を組み合わせて行う場合もあります(ただし効果は落ちます)。

トレチノイン・ハイドロキノン療法について詳しくは、調剤化粧品のトレチノイン・ハイドロキノン療法をご参照ください。

ボディトーニングの料金・値段

2017年までは下記の料金となります。2018年以降は料金の見直し・改訂をしますのでご了承ください。

項目 料金(税抜)
初診料 2,900円
再診料(必要時) 980円

ボディトーニング

(黒ずみ・くすみ)

体1部位 8,800円

ボディロングパルスヤグ

(赤み・美肌)

体1部位 8,800円

ダブル照射

ボディトーニング+ボディロングパルスヤグ

体1部位 17,600円

トレチノイン0.5% 5g 1,980円
トレチノイン0.1%  5g 2,480円
医療用ハイドロキノン4% 5g 2,180円
トラネキサム酸500mg 90錠 2,400円
ビタミンC(シナール) 90錠 1,200円

体1部位の範囲は両わき、おしり、両乳首など、照射範囲が決まっています。照射範囲について詳しくは、医師、または、スタッフへご相談ください。

トラネキサム酸・ビタミンCの保険処方はできません(混合診療ができないため)。トラネキサム酸・シナールの処方には診察料はかかりません(初診時のみ必要)。

ボディトーニングのよくある質問

ボディトーニング治療を受けられない場合はありますか?
治療部位に毛が生えている方は治療できませんので、施術前日、または、当日に剃毛してきてください。トレチノイン軟膏を治療部分に使用している方は、治療中止後1ヶ月間以上、イソトレチノイン(アキュテイン)の内服をしている方は、治療中止後3ヶ月間以上の間隔を空ける必要があります。また、日焼け後の肌にはレーザーは当てられませんので、強い日焼けをした後は、1ヶ月間以上空けてからでないと治療はできません。
他院でピーリングを行っている方は、ピーリングから2週間以上間隔を空けてください。
ダウンタイムはありますか?
ボディトーニング・ボディロングパルスとも、ダウンタイムはほとんどありません。術後に多少赤くなることがありますが、数十分で消失します。
痛みは強いですか?麻酔は必要ですか?
トーニングレーザーは、軽く輪ゴムで弾かれるような痛みがあります。麻酔が必要な痛みはまず起こりません。ロングパルスヤグレーザーは、熱を発するため、熱く感じると思いますが、あまり熱すぎるようであれば休みながら行います。施術中に看護師が声をかけながら行いますので、熱すぎるようであれば遠慮なくお申し出ください。
施術後に注意することはありますか?
黒ずみは非常に再発しやすく、物理的刺激でまた黒ずみが戻ってしまいますので、患部を触らない、こすらない、紫外線を当てないことを心掛けてください。また、トラネキサム酸やビタミンCを飲み続けたり、ハイドロキノンや高濃度VCローションを外用することも大切です。