冷蔵保存・常温保存・室温保存の違いを教えてください

冷蔵保存は 4℃、常温保存は 25℃以下、室温保存は 30℃以下となっています。当院の調剤化粧品は防腐剤を極力使用していません。高温多湿な場所を避け、冷蔵保存の表記があるものは必ず冷蔵庫で保管し、毎回ご使用後はすぐに冷蔵庫へ入れるようにしてください。

常温保存・室温保存の表記がある調剤化粧品でも、冷蔵保存して問題ありません。

処方してもらった日を忘れてしまったのですが

当院の調剤化粧品には、容器の裏面、もしくは底面に「処方年月日」のシールが貼られていますので、ご確認ください。

冷蔵庫に入れるのを忘れてしまったのですが、いつまで使えますか?

当院の化粧水は防腐剤フリーで製造しています。そのため、化粧水は冷蔵庫の外に数時間出しっぱなしにして、常温まで温まってしまった場合は、品質保持ができません。そのため、ご使用にならず、破棄していただくことをお勧めします。

当院の調剤化粧品は新鮮度が高い「生もの」と同じように扱っていただきますよう、お願いいたします。

使用期限切れや保存方法を守れなかった化粧品を使用しても良いですか?

絶対に使用しないでください。当院は、肌への負担を徹底的に減らすために、防腐剤フリーの化粧品や、防腐剤の配合を極力減らした化粧品を調剤しています。市販品と異なり、使用期限や保存方法を守らなければ、簡単に「腐敗」してしまいます。腐敗した化粧品は、肌に悪影響を与えますので、必ず廃棄してください。

化粧品を旅行に持って行く場合、どうすれば良いですか?

基本的には、冷蔵保存のものは旅行などに持っていくことはできませんが、どうしても持っていきたい場合、清潔な容器に「小分け」にして、保冷材と一緒に持って行ってください。

旅行時などは、常温保存が可能なVCセラミド保湿ジェルなどのご使用をおすすめします。

ご予約・お問い合わせ

高円寺院 TEL 03-5913-7435
[ 受付 ] 10:30-13:30/15:30-18:30 [ 休診 ] 日・祝
医学的なご質問等、医師が対応する場合は、別途電話再診料を頂戴することがございます。