高濃度プラセンタとは何ですか?

高濃度プラセンタ注射」のページをご参照ください。

高濃度プラセンタ注射の空きはありますか?

採取できる胎盤から作れる量に限りがあり、定期的に打たれる患者さんが多くいらっしゃるため、新規のご予約が取れない状況です。空きが出た場合には、トップページのお知らせからご案内しております。おおよそ3ヶ月~6ヶ月に数名程度の募集になりますので、お知らせが出ると、毎回数日ですぐに締切となってしまいます。

大変人気のある治療であり、ご予約待ちが出来ませんので、ご希望の方はこまめにHPをチェックして頂くことをおすすめします。

スーパープラセンタとの違いを教えてください

製法は違いますが、濃度について言えば、当院の高濃度プラセンタとスーパープラセンタはほぼ変わりはありません。

スーパープラセンタは、「通常のプラセンタと比較して560倍の高濃度」と宣伝されており、誇大広告にあたります。数字のトリックであり、業者の提示した数値が仮に正しいとしても、実際には20倍の濃度です。

下記は、よく美容皮膚科のHPで見かけるメルスモンとスーパープラセンタの比較表です。

メルスモンスーパープラセンタ
アンプル2ml25ml
胎盤抽出物100mg25,000mg
1mlあたりの胎盤抽出物50mg1,000mg
比率1倍
(1mlで換算)
560倍
(25mlで換算?)

メルスモンは2 mlあたりの胎盤含有量は100 mgであり、1 mlあたり 50 mgとなります。スーパープラセンタは、25 mlあたりの胎盤含有量が25,000 mgとされていますので、1 mlあたり1,000 mgとなり、1 mlあたりの比較では20倍の濃度のはずです。

しかし、なぜかメルスモンだけ1 mlで換算されており、スーパープラセンタは25 mlで換算されて560倍と広告されてしまっています。つまり、「濃度」は25倍も水増しされています。(ちなみに25 mlで換算していても濃度は500倍なので計算自体間違っています。)

意図的な嘘かどうかは別にして、患者さんに誤った認識を与えるため、業者に是正するように指摘しましたが、一向に改善されず、今でも様々な美容外科のホームページで誤表記されたまま掲載されています。

前院でスーパープラセンタを使用した経験がありますが、高濃度プラセンタ注射ほどの効果が得られず、腫れや発熱などの副作用が強く出たため、使用を中止した経緯があります。価格も非常に高額であり、当院の考えとしては、スーパープラセンタをおすすめしておりません。

注射後に気をつけることはありますか?

高濃度プラセンタ注射は、通常のプラセンタ注射よりも免疫応答が強く起こるため、打った部位が腫れます。入浴すると腫れが強くなる場合がございますので、当日の入浴はお控えください。シャワーは注射後1時間経っていれば可能です。

眠気が強く起こることがございますので、その場合はお車等の運転はお控えください。お酒や運動などは、特に制限はございません。

ご予約・お問い合わせ

TEL 03-5913-7435
[ 受付 ] 10:30-13:30/15:30-18:30 [ 休診 ] 日・祝
医学的なご質問等、医師が対応する場合は、別途電話再診料を頂戴することがございます。