Q.ピルの副作用にはどんなものがありますか?

低用量ピルは、全世界で毎日1億人以上の女性が使用しており、非常に安全性の高い薬剤です。欧米では20代、30代の女性の約半数が使用している国もあります(ドイツ52.6%、フランス43.8%)。

50年以上前から処方されており、風邪薬よりも安全な薬として認知されていますが、全く副作用がないわけではありません。飲み始めの頃はホルモンのバランスに変化が起きるため、吐き気や頭痛、乳房痛、むくみなどの症状が出ることがあります。それらの副作用は、服用を続けると軽快していくことがほとんどです。

「服用すると妊娠に影響はありませんか?」と心配される方がいますが、低用量ピルを服用中は、それ自体避妊効果がありますので妊娠する可能性は非常に低く、また服用後も妊娠しにくくなるといったデータはありません(もしあれば、世界中でピルを使用する人はいなくなります)。

「癌にかかるのが怖いのですが」という患者さんもいますが、服用5年以内であれば乳癌、子宮頸がんのリスクの増加は少なく、また逆に子宮体癌、卵巣癌、大腸癌のリスクは減少します。乳がんは、今や日本人の12人に1人がかかる病気ですが、そのリスクは最大で見積もっても1.1倍から1.2倍程度とされています。また、服用を中止すれば徐々にリスクはなくなります。

子宮頸がんのリスクは5年以内の服用では増加はほとんどありませんが、10年以上の服用で2倍に増加するというデータがあります。当院ではピルを飲んでいる、飲んでいないに関わらず、子宮頸がんは20代から2年に1回、乳がんは30代から1年に1回の検診をお勧めしています。

ピルによる血栓症(血が固まり、静脈や動脈に詰まる病気)のリスクについては、薬の種類によって3倍から最大7倍程度まで高まることがありますので、注意は必要ですが、肌のクリニックで避妊用に使用しているラベルフィーユは、最も血栓リスクの少ないピルです。ラベルフィーユの場合は、ピルの副作用で死んでしまうリスクは、統計上交通事故で死んでしまうリスクの8分の1、タバコ(喫煙)の影響で死んでしまうリスクの167分の1とされています。

血栓症のリスクは、きちんと年齢、体重、喫煙歴などをチェックし、高脂血症などの生活習慣病や前兆がある片頭痛など、血栓リスクが高い基礎疾患を見逃さなければ、非常に稀です。また、血栓を100%完全に予防することはできませんが、生活指導や詳しい副作用シートで血栓症のリスクが高まる状態や症状などを読んでもらい、できるだけ予防できるように心掛けています。

抗生物質は飲んだことはあるが、ピルはなんだか怖いという患者さんもいます。抗生物質の副作用としては、アナフィラキシーショック、スディーブンスジョンソン症候群、間質性肺炎、膵炎、大腸炎など、死亡事故へつながる重篤な副作用があります。

皆さんが抗生物質を医師から処方されたとき、このような副作用の説明を受けましたでしょうか?もし受けたならば、とても飲みたい薬とは思わないでしょう。低用量ピルは、皆さんが飲んだことのある抗生物質や解熱鎮痛剤、風邪薬よりも重篤な副作用が少ないことは確かです。

以上のように安全性は高い薬ですが、当院では単にメリットだけを並べるのではなく、デメリットやリスクの説明もしっかり行い、患者さん自身の同意を得た上で治療を行なっています。