Q.海外旅行に行くのですが、薬はどのようにしたら良いですか?

飲み方について

ミニピルは、24時間周期で飲むことが必要です。服薬時間のずれは3時間以内にしなければなりません。そのため、時差がある場合、日本の時刻がわかる時計やスマートフォンを持参して、日本で飲んでいた時刻と同じ時刻に飲むようにしてください。日本で飲んでいた時刻が現地の真夜中にあたってしまい、日本の時間通りに飲めない場合は、24時間以内に1錠を飲み、その後は24時間周期で飲んでください。例えば、日本時刻の午後9時に飲んでおり、現地時刻が真夜中の午前3時になってしまうような場合、現地時刻で夜9時(日本時間の午後3時)に1錠飲んで、その後現地で24時間周期で飲むことによって、効果が持続します。帰国の際も、24時間以内に1錠のみ、その後は普段通りの日本時刻に合わせて飲んでください。

もともとホルモン量が微量ですので、数日多めに飲んでも問題は起こりません。

海外への薬の持ち込みについて

ミニピルは、通常の薬と同じ扱いとなります。機内持ち込み手荷物でも、預け入れ荷物でも持っていくことができます。預け入れ荷物の場合は、荷物の遅延や紛失の問題が生じることがあるため、日数分は機内持ち込み手荷物で持っていくほうが安心です。手荷物検査で尋ねられた場合には「Contraceptive pill.(避妊薬)」と答えてもらえれば問題ありません。

危険薬物や禁止薬物ではありませんので、英文の処方箋や証明書が必要になるケースはありません。どうしても必要な場合はお書きすることも可能ですが、英文文書料が5000円(税抜)かかります。証明書は郵送ができませんので、当院まで取りに来ていただく必要があります。