ピル・ミニピル外来

緊急避妊薬・アフターピル

肌のクリニックでは緊急避妊用としてアフターピルを処方しています。

アフターピルとは

性行為の際に避妊が上手くいかなかった、避妊せずに性行為をしてしまったなど、望まない妊娠をしてしまう可能性がある場合、後から避妊するお薬を「アフターピル」と言います。

このピルは、毎日飲む低用量ピルやミニピルとは異なり、性行為後72時間以内に飲むことで、排卵を抑制したり、排卵を遅延させて避妊します。

アフターピルの避妊率

アフターピル(レボノルゲストレル1.5mg)の避妊率は、12時間以内に服用した場合約95%、72時間以内に服用した場合約80%です。これは妊娠阻止率であり、実際にアフターピルを72時間以内に服用したにも関わらず、妊娠してしまう確率は0.5%~4.1%とされています。

実際に妊娠してしまう率は以下の表の通りです。性交渉後、早く飲めば飲むほど避妊率はあがります。

性交渉後の服用時間妊娠率
~12時間以内0.5%
13時間~24時間1.5%
25時間~36時間1.8%
37時間~48時間2.6%
49時間~60時間3.1%
61時間~72時間4.1%

72時間を過ぎてしまった場合

性交渉後72時間を過ぎてしまった場合でも、120時間以内であれば妊娠率を下げることができます。性交渉後に安全に避妊できる方法はアフターピル以外ないため、できることをやっておきましょう。

アフターピルで避妊が成功した判断するには

アフターピルで避妊が成功したかどうかは、次の生理がくるかどうかで判断します。アフターピルを飲んだ後、早い人では数日後に生理(出血)があります。遅い人でも生理予定日と同じ頃に出血があります。もし生理が予定日より1週間以上遅れているようでしたら、市販の妊娠検査薬を使って、妊娠していないか確認してください。

避妊に失敗してしまった場合

アフターピルを飲んでも妊娠してしまった場合でも、胎児に影響はありません。妊娠を希望される方は、そのままで構いません。妊娠を希望されない方は、産婦人科にご相談ください。

予約は必要?

当院は完全予約制ですが、アフターピル希望の方は直接診療時間内にご来院ください。優先して診療いたします。診療時間外は対応しておりませんのでご了承ください。

アフターピル料金・値段

内服薬の処方には診察料がかかりますのでご了承ください。

1錠予備に処方してほしいなど、複数錠処方することも可能ですが、原則として、アフターピルの避妊率はピルやミニピルに劣りますので、ピルやミニピルによる避妊をお勧めします。

項目 料金(税抜)
初診料 2,900円
再診料  980円

アフターピル

(レボノルゲストレル1.5mg)

1錠 2,980円