化粧品のアレルギー検査(パッチテスト)

※パッチテストは、新規事業の開始に伴い5月30日(火)で終了とさせていただきます。

化粧品成分のアレルギー検査について

皮膚科では、化粧品そのもののアレルギー検査は行われていますが、成分のパッチテストを行っているところは、ほとんどありません。当院では、化粧品に使用される一般的な成分(原料)のアレルギー検査をパッチテストで行っています。

成分レベルでアレルギーの有無を調べることによって、アレルギー成分が配合されている化粧品を避けることができ、自分に合った化粧品を選ぶことができます。

パッチテストで調べることができる化粧品成分

残念ながら、すべての成分を検査することはできず、一般的な成分のみとなります。現在当院で検査できる成分は以下のものとなります。いずれも基礎化粧品によく配合される成分です。

※原料がない場合、できない項目が出てくることがあります。

1.グリセリン(局方グレード)・・・ほとんどの化粧品に含まれる保湿剤。不純物が少ない精製されたグリセリン。

2.濃グリセリン(化粧品グレード)・・・化粧品に良く使用される98%以上の濃いグリセリン。局方グリセリンと比較すると、不純物は多い。

3.BG(ブチレングリコール)・・・多価アルコール。保湿剤、溶剤。

4.DPG(ジプロピレングリコール)・・・多価アルコール。保湿剤、溶剤。

5.PG(プロピレングリコール)・・・多価アルコール。保湿剤、溶剤。

6.ベタイン・・・砂糖大根から抽出された保湿剤。

7.トレハロース・・・二糖類。保湿剤。

8.ヘキサンジオール・・・多価アルコール。保湿・静菌剤。

9.ペンチレングリコール・・・多価アルコール。保湿・静菌剤。

10.エタノール・・・一般的なアルコールのことです。(こちらのみ7分検査になります。)

21.メチルパラベン・・・防腐剤。パラベンの中で最も刺激が少なく、敏感肌用の化粧品に配合されている。

22.エチルパラベン・・・防腐剤。

23.プロピルパラベン・・・防腐剤。

25.フェノキシエタノール・・・防腐剤。パラベンの代わりによく使われている。

31.酢酸DL-α-トコフェロール(ビタミンE)・・・酸化防止剤。

32.クエン酸・・・PH調整剤。

34.シアバター(シア脂)・・・油脂。

35.白色ワセリン・・・クリームや軟膏の基剤。サンホワイトよりも若干不純物が多い。

36.動物性スクワランオイル・・・純度99.9%、サメスクワラン。

37.植物性スクワランオイル・・・オリーブスクワラン。

38.精製ホホバオイル・・・精製されたホホバオイル。

39.未精製ホホバオイル・・・未精製のホホバオイル。

41.酸化亜鉛・・・日焼け止めに配合されている紫外線散乱剤。

42.酸化チタン・・・日焼け止めに配合されている紫外線散乱剤。

43.酸化セリウム・・・日焼け止めに配合されている紫外線散乱剤。

44.メトキシケイヒ酸エチルヘキシル・・・日焼け止めに配合されている紫外線吸収剤。

その他にも、お使いの化粧品やせっけん、シャンプー等を持ってきていただければ、製品自体もパッチテストを行うことが可能です。

また、上記に記述がない成分でもパッチテスト可能なものもありますので(セタノールなどの高級アルコールや、VCエチルやVCIPなどのビタミンC誘導体など)、診察時にご相談ください。

化粧品以外のパッチテストは、当院では行っておりません。金属アレルギーのパッチテストは、保険適用で1000円程度でできますので、お近くの歯科、または、皮膚科へご相談ください。

ハウスダスト、ダニ、カビ、犬、猫などのアレルギー検査は、39項目を一度に調べることのできるVIEW39という血液検査で行っています。こちらは当院で受けることができます。(保険適応3割負担で、5,640円かかります。)

パッチテストの方法

1.二の腕(上腕)内側の正常な皮膚に、化粧品成分を付けたパッチテスターを貼り付けます。

2.48時間(2日間)貼り付けたままにし、2日後に来院していただきます。

3.来院後にスタッフがパッチテスターを剥がし、テープの刺激が消えるまで15分から30分待って、結果を判定します。

4.判定は反応の強さに応じて、5段階で評価します。

化粧品成分のパッチテスト

パッチテスト中の注意事項

1.検査部位を濡らしてしまうと、化粧品成分が流れてしまうため、検査中はシャワー、入浴はできません。

2.汗をかくような運動をすると、化粧品成分が流れてしまうため、検査中は運動できません。

3.抗アレルギー剤(抗ヒスタミン剤)、ステロイドを内服中の方は、検査の3日前~結果判定までは内服を中止する必要があります。内服薬の中止については、かかりつけの医師にもご相談ください。

4.マジックで印をつけるため、白い下着や色の薄い下着の場合、インクが付く場合があります。汚れても大丈夫な下着でご来院ください。

化粧品成分のアレルギー検査の料金

当院でのパッチテストは自費診療となり、以下の料金がかかります。

●初診料 2,900円(当院が初めての方)

●パッチテスト1成分あたり400円

※すでに当院へおかかりになっている方は、初診料はかかりません。

予約方法

現在、火曜日のみの実施とさせていただいております(火曜日パッチテスト→木曜日判定)。

パッチテストをご希望の方は、お電話にてご予約ください。