当院では、レーザーを用いた目の下のクマ治療を行っています。

目のクマの原因

目の下のクマは、一般的には青クマ、茶クマ、黒クマなどと色で分類されることが多いのですが、色で分類することにあまり意味はありません。なぜなら、同じメラニン色素の沈着であっても、メラニンが存在する深さによって色が違って見えるからです。

近年、クマの原因として表皮と真皮の色素沈着が報告され、成人でクマを持っている方のほとんどに、色素沈着があることがわかっています。この色素沈着は先天性(生まれつき)のものがほとんどですが、目を擦ったりする物理的な刺激や、紫外線などの影響で後天的にできることもあります。

表皮にある色素沈着は、若いうちからでも目立ちやすく、はっきりとわかります。真皮にある色素沈着は、加齢によって目の下の皮膚が徐々に薄くなると目立ってきます。若いうちは、表皮や真皮は厚く、真皮層のコラーゲン繊維もたくさんあって弾力に富んでいるので、色素沈着があっても目立ちませんが、加齢で真皮のコラーゲンが減少すると、色素沈着が透けて見えるようになるわけです。早い人では10代後半くらいから目立ってくるようになります。

目のクマのレーザー治療

色素沈着が原因のクマに対しては、レーザーが第一選択となります。当院では、ダウンタイムがない「ダブル照射」による治療と、ダウンタイムを伴う「1064波長のレーザ」による治療の2種類があります。

ダブル照射

Qスイッチヤグレーザーとロングパルスヤグレーザーを同時に照射し、色素沈着を薄くしていくとともに、薄くなった真皮層に熱エネルギーを加え、コラーゲンの産生を促して真皮を厚くする治療を行います。

1回の治療で、ロングパルスヤグレーザー→Qスイッチヤグレーザーの順で照射し、これを約2週間間隔で10回ほど行います。ダウンタイムが無いように出力を調整していますので、術後に多少赤くなることはありますが、カサブタになることはなく、すぐにメイクも可能です。

数回の治療では効果は感じにくいのですが、5回目くらいから実感される方が多くなります。

ただし、ダブル照射の効果は大きなものではありません。効果には個人差がありますので、5回ほどであまり効果を感じないという方は、ダウンタイムはありますが、1064波長の強いレーザーを使用する必要があります。

1064波長のレーザー

1064nmという深くまで届く波長を用いて、肌の奥のメラニンを少しずつ分解してクマの原因である色素沈着を改善します。

強いレーザーですので、点状の内出血や赤みなどが1週間程度続くことがあります。また、照射後1ヶ月程度で以前の色調より一段濃くなって、その後4ヶ月~6ヶ月で徐々に薄くなっていきます。

クマの色素沈着は、真皮の深い部分にあるため、複数回の照射が必要です。通常は、4ヶ月以上の間隔を空けて5回照射を行います。効果に個人差がありますが、おおよそ2~3回目から、効果を実感される方が多くなります。

レーザーで改善するクマとしないクマ

レーザー治療で改善しにくいクマがいくつかあります。

凹みによるクマ

凹みによるクマ凹みによるクマです。これは加齢による皮下組織(脂肪組織)の減少によるものですので、凹みによるクマは、ヒアルロン酸や脂肪組織の注入など、注入剤が必要になります(当院では注入による治療は行っておりません)。

血管によるクマ

青く見えるクマの中でも、血管によるクマは、血管を退縮させるロングパルスヤグレーザーを用いて治療を行いますが、大きな血管の場合は、レーザーでも退縮が難しく、効果が感じにくくなります。

ふくらみによるクマ

目の下の膨らみによるクマは、基本的には外科手術が必要です。目の下の膨らみは脂肪組織なのですが、加齢ともに、眼球を支えている「ロックウッド靭帯」が緩んで眼球が下にさがるため、目の上は窪んで、目の下の脂肪は押し出されて膨らんでくるようになります。

目の周りの筋肉の衰えや真皮の衰えも加わって、目の周りのハリがなくなることも一因です。レーザーでは真皮のコラーゲン組織の産生を促し、ハリを出す作用があるため、レーザーでも若干の改善の余地はありますが、大きな原因は靭帯の緩みのため、膨らみについては著明な改善は見込めず、あくまで若干の効果が認められるレベルです。

治療を受けられない可能性のある方

○日光浴愛好者、日光に当たる職業の方、光過敏症(日光アレルギー)の方

○妊娠中の方

○てんかん発作のある方

○金の糸を入れている方

○ケロイド体質の方

○過去2週間以内に下記の薬剤を使用していた方

薬剤分類 薬剤名(商品名)
ニキビ治療薬(外用剤) アクレスクリーム・ディフェリン・ベピオゲル・エピデュオゲル・デュアック
シミ治療薬 トレチノン・ハイドロキノン
ピーリング剤 サリチル酸・グリコール酸など
抗生物質 (テトラサイクリン系・ニューキノロン系) ミノマイシン・ミノサイクリン・ビブラマイシン クラビット・レボフロキサシン
非ステロイド系抗炎症剤(内服薬) ボルタレン・フルカム・パキソ
非ステロイド系抗炎症剤(湿布薬) モーラステープ・ボルタレンテープ・ロキソニンテープ
抗ヒスタミン剤 ニポラジン・ゼスラン・ピレチア・ヒベルナ
高脂血症治療薬 リポバス
高血圧治療薬 ヘルベッサー
抗結核薬 イスコチン
サルファ剤 サラゾピリン
抗がん剤 ダカルバジン・オダイン
向精神病薬 ピレチア・ホリゾン

○過去6ヶ月以内に下記の薬剤を使用していた方

薬剤分類 薬剤名(商品名)
ニキビ治療薬(イソトレチノイン内服薬) アキュテイン・ロアキュテイン・イソトロイン

○過去に下記の薬剤を使用したことのある方

薬剤分類 薬剤名(商品名)
リウマチ治療薬(金製剤) シオゾール(注射)・リドーラ(内服)

目のクマのレーザー治療料金

項目料金(税別)
初診料
2,900円
再診料
(施術のみの場合不要)
980円
ダブル照射によるクマ治療
1回両目 9,800円
1064波長のレーザーによるクマ治療1回両目 39,800円
1回片目 29,800円

ご予約・お問い合わせ

高円寺院 Koenji
TEL 03-5913-7435
月~土 10:30-13:30/15:30-18:30 
日・祝 休診

麹町院 Kojimachi
TEL 03-6261-7433
平日 11:00-14:00/16:00-19:00
土日 10:00-13:00/15:00-18:00
祝日 休診

※両医院とも完全予約制となっておりますので、お電話かネットからご予約ください。
※医学的なご質問等、医師が対応する場合は別途電話再診料を頂戴することがございます。