EGホワイトローションをリニューアルしました

EGホワイトローションをリニューアルしました!

1月にEGホワイトローションをリニューアルしたばかりですが、5月2日からの処方分より、マイナーリニューアルを行いました。「EGホワイトローション」のページも併せてご覧ください。

EGホワイトローションimg

※現在容器のデザインが変わっていますのでご了承ください。

5月からのマイナーリニューアル後の変更点

1.ナイアシンアミドを配合

ビタミンB3と呼ばれるナイアシンアミドは、医薬部外品として「美白」の効能効果が認められています。

2.ヘパリン類似物質をなくしました

ヘパリン類似物質の配合がなくなりましたのでご了承ください。

1月からのリニューアル後の変更点

1.ヒトプラセンタが選べるようになりました!

ラエンネック、または、メルスモンのどちらかを配合したローションを無料で選択できます。ラエンネックの方がプラセンタ濃度が10%ほど高く、特有のにおいがあります。旧EGホワイトローションにはメルスモンを配合していました。プラセンタのにおいが苦手な方は、メルスモンをおすすめします。 ラエンネックとメルスモンの違い

 

2.超保湿型ヒアルロン酸を配合

通常のヒアルロン酸の3 倍の保水力を持つ超保湿型ヒアルロン酸「ヒアロキャッチ」を配合しました。

3.基剤の変更

カルボマー(合成ポリマー)、BG(ブチレングリコール)の配合をやめ、人の肌に本来備わっている「天然保湿因子(NMF)」の組成に近いアミノ酸を基剤にしました。

4.合成界面活性剤が無添加に

肌にできるだけ優しくとの観点から、合成界面活性剤フリーとしました。

5.防腐剤が無添加に

防腐剤の配合をやめ、ヘキサンジオールという弱い静菌作用がある保湿剤へ変更しました。これにより、使用期限は冷蔵保存3 ヶ月→2 ヶ月へ変更となります。ボトル表記は、しばらくは古いままですので、ご了承ください。

6.イオン導入可能になりました

防腐剤フリーのため、イオン導入が可能です。イオン導入する際は「-」で導入してください。

 

※VC誘導体の種類は、リニューアル後VCエチルを配合しておりましたが、VCエチルに若干刺激を感じるという患者さんが出てきたために、3月23日処方分より「VCグリセリル」へ戻していますので、ご了承ください。