乳酸菌ローション

※乳酸菌ローションは、調剤化粧品リニューアルに伴い廃盤になりました。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

乳酸菌ローション / Lactobacillus Lotion

  • 乳酸菌ローション01-02

  • 乳酸菌ローションとは

    乳酸菌ローションは、生きた乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌、糖化菌を配合した保湿用化粧水です。もともと少量の防腐剤やアルコール、合成界面活性剤でも赤みが出てしまう敏感肌のアトピー患者さんのために、何か使える保湿剤を提供したいという思いで作った化粧水です。ニキビ患者さんにも好評を得て、処方開始から8年が経っているロングセラーの保湿剤です。肌のクリニック開業にあたって、保湿成分量とPHのバランスを見直してリニューアルしました。

皮膚常在菌は肌のバリア機能の最前線

  • 皮膚には常在菌と言われる肌に住み着いてる菌が200種類以上確認されています。例えば表皮ブドウ球菌はその一つで、皮脂を酸性の「脂肪酸」と保湿作用がある「グリセリン」に分解し、肌をみずみずしい弱酸性に保ちます。
  • 乳酸菌ローション03 表皮ブドウ球菌

 
  • 一方、悪玉菌である黄色ブドウ球菌は普段は大人しくしていますが、表皮ブドウ球菌が減って肌がアルカリ性に傾くと、がぜん元気になり増殖を始めます。このように皮膚の細菌叢のバランスが崩れて、悪玉菌が異常に増殖することが、アトピーやニキビの原因の一つと考えられています。
  • 乳酸菌ローション04 黄色ブドウ球菌

 

ちなみにアクネ菌は普段は善玉菌のように肌を守る働きをしていますが、皮脂の酸化や過剰分泌で毛穴がふさがると、そこで大増殖してニキビの原因となります。そのような菌を「日和見菌(ひよりみ菌)」と言います。

乳酸菌の肌に対する働き

乳酸菌は肌に直接住み着くことはできませんが、乳酸菌が産生する「乳酸菌生産物質」には高い保湿効果があり、「乳酸」には肌を酸性に保つ働きがあります。乳酸菌は腸内環境を整えるだけでなく、肌環境も整えてくれます。

乳酸菌ローション

無香料、無着色、無防腐剤、アルコールフリー、オイルフリー。5種類の善玉菌の働きでみずみずしい弱酸性の素肌へ導きます。

  • 乳酸菌ローション04-02
  • 乳酸菌ローション
    内容量 / 100ml
    使用期限 / 処方日より冷蔵:1ヶ月 常温:2週間
    ※防腐剤が入っておりませんので、冷蔵保存でお早めにお使いください。
    使用感 / ややしっとり
    無香料 無着色 無防腐剤 アルコールフリー オイルフリー
    有効成分 / Bifidobacterium longum Bifidobacterium infantis Streptococcus faecalis Clostridium butyricum Bacillus mesentericus

※処方希望の方は医師または受付までお気軽にどうぞ。