ミノキシジル10%ローションの処方を開始しました

発毛薬のミノキシジルには、外用剤である「ミノキシジルローション」と、内服薬である「ミノキシジルタブレット」の2つがあります。

当院では外用剤として、2%と5%のミノキシジルローションを処方しておりましたが、この度、それより作用が強いミノキシジル10%ローションの処方を開始し、3種類の濃度のミノキシジルローションを処方できるようになりました。

国内の医薬品としては「リアップX5」にミノキシジルが5%配合されていますが、より強い効果を求める患者さんの声がありました。ミノキシジル10%ローションは、ミノキシジルタブレットよりも効果は劣りますが、副作用は少ないため、できるだけ副作用のリスクを取りたくないという患者さんにはおすすめです。

当院の処方のラインナップでは、有効性はミノキシジル2%ローション<5%ローション<10%ローション<ミノキシジルタブレット2.5㎎<5mg<10mgとなります。主に女性には2%または5%を、男性には5%または10%を使用していただきます。処方希望の方は、診察時に医師にご相談ください。