【高円寺院】トーニング・マイルドロングパルス・ダブル照射の平日料金変更(3/1~4/30)

赤み・くすみレーザー価格変更
赤み・くすみレーザー価格変更

料金変更内容

2024年4月30日までの間、高円寺院の「レーザートーニング」「マイルドロングパルスヤグレーザー」「ダブル照射」の平日料金を変更いたします。

これらのレーザーは「ニキビ跡の赤み」や「くすみ・肝斑」の治療で用います。

※強力ロングパルスヤグレーザーの料金変更はございません。

3月1日 ~ 4月30日(平日)
部位トーニング ロングパルスダブル照射 
全顔初回7,293円8,228円15,521
2回目~9,163円11,033円16,456円
+2,970円(ダブル照射は+5,940円)で首も追加
半顔5,742円7,722円12,474円
5,742円7,722円12,474円
体1部位8,228円8,228円14,586円
5×5cm2,772円2,970円4,851円
スクロールできます
部位トーニングロングパルスダブル照射
全顔初回7,293円8,228円15,521
2回目~9,163円11,033円16,456円
+2,970円(ダブル照射は+5,940円)で首も追加
半顔5,742円7,722円12,474円
5,742円7,722円12,474円
体1部位8,228円8,228円14,586円
5×5cm2,772円2,970円4,851円

※料金は税込み

2月29日まで(全日)、3月1日 ~ 4月30日(土のみ)、5月1日以降(全日)
部位トーニング ロングパルスダブル照射 
全顔初回8,580円9,680円18,260
2回目~10,780円12,980円19,360円
+3,300円(ダブル照射は+6,600円)で首も追加
半顔6,380円8,580円13,860円
6,380円8,580円13,860円
体1部位9,680円9,680円17,160円
5×5cm3,080円3,300円5,390円
スクロールできます
部位トーニングロングパルスダブル照射
全顔初回8,5809,68018,260
2回目~10,78012,98019,360
+3,300円(ダブル照射は+6,600円)で首も追加
半顔6,3808,58013,860
6,3808,58013,860
体1部位9,6809,68017,160
5×5cm3,0803,3005,390

※料金は税込み

  • 当院で対象メニューの施術を受けたことがない方は、医師からの説明が必要です。初回診察をご受診ください。
  • 半顔の料金は、「ほほ+フェイスライン」、「ほほ+あご」、「ほほ+こめかみ」、「ほほ+鼻」など、顔半分以下の場合に適用になります。(お顔の範囲に限ります)
  • レーザーの治療間隔は2週間空ける必要があります。詳しくは「治療間隔(インターバル)」をご参照ください。
  • 告知前にご予約された方でも、期間内の施術であれば変更後の料金になります。

各レーザーの特徴

「赤み・毛穴・肌のハリ」ならマイルドロングパルスヤグレーザー

ロングパルスヤグレーザーとイソトレチノインによるニキビ・ニキビ跡治療
(イソトレチノイン内服と並行することでレーザーの効果を高めています)
※効果は個人により差があります。

浅い層から深い層にある赤みに対応可能です。真皮の深部までレーザーが届き、毛細血管を退縮させ、赤みを少しずつ減らしていきます。

照射後の赤みもほとんどなく、当日のお化粧も可能なため、ダウンタイムが取れない方におすすめの治療です。

美白効果やコラーゲンの産生作用もあるため、肌の透明感とハリが出てくるので、アンチエイジング目的で受けられる方もいます。

「くすみ・黒ずみ」ならレーザートーニング

肝斑に対するトーニングの効果
※効果は個人により差があります。

レーザートーニングは、肝斑に効果があります。

従来のレーザーは、通常のシミ(老人性色素斑)には有効であったものの、肝斑に当てた場合、刺激になって逆に肝斑が濃くなってしまうため、長い間禁忌とされてきました。

レーザートーニングは、1064 nmの波長のQスイッチYAGレーザーを使用し、弱い出力で顔全体に照射することで、肌に炎症を起こさず、肝斑を徐々に薄くしていくことが可能です。治療は10分程で終了し、麻酔や術後の冷却も必要ありません。こちらもダウンタイムはなく、当日からメイクも可能です。

「両方を一度に」ダブル照射

ダブル照射は、トーニングとロングパルスを同日に行うことで、両方の効果が得られます。

ロングパルスで「赤み・毛穴・肌のハリ」を、トーニングで「くすみ・黒ずみ」を改善していきます。

ダブル照射を行うことで、肌の色調が徐々に改善していきます。

※効果は個人により差があります。

レーザー治療の副作用、施術を受けられない可能性がある方

ダウンタイムはございませんが、次の方はレーザー治療を受けられない場合がございます。詳しくは診察の際に医師にご相談ください。

  • 日光浴愛好者、日光に当たる職業の方、光過敏症(日光アレルギー)の方
  • 妊娠中の方
  • てんかん発作のある方
  • 金の糸を入れている方
  • 照射部位に入れ墨、アートメイク、落ちないファンデーション(BB Glow、CC Glow等)をご使用の方
  • 光の感受性を高めるお薬を使用中の方
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!