Q.できるだけ副作用の少ない薬で治療を受けたいのですが

AGAは長期に渡って治療が必要な疾患です。そのため、強い副作用がある治療をできるだけ避け、安全性の高い治療から開始していく必要があると考えています。特に、AGAを発症して間もない患者さんや、軽症の患者さんには、ミノキシジル5%ヘアトニックだけでも十分に効果が出ますので、外用剤だけで治療していくことも可能です。

また、最初からしっかりと髪を生やしたいという理由で、強い治療を希望された患者さんに対しても、十分に効果が得られた段階で、維持できるレベルまで薬の用量を落としたり、薬の種類をより安全性の高いものへ変更したりといったこともできます。

ただし、ある程度進行してしまったり、現状の薬で効果が得られていない場合は、強い薬でないと維持・改善ができないケースもあります。その際には、詳細に副作用について説明して、患者さんの希望を聞いたうえで、一緒に治療方針を決定していきます。AGAに使用される薬は、総じて安全性の高いものが多いのですが、それでも、時には重篤な副作用を起こす可能性があります。

AGAは、生活習慣病やガンのように健康上のリスクがあるわけではありません。そのため、AGAの治療を受けるかどうかはAGAが改善するメリットと、薬の副作用のデメリットを天秤にかけて、患者さん本人に決めていただく必要があります。

このくらいの進行度なら、この薬を使用するのが良いといったような、医学的な指針は示すことはできますが、それは必ず治療をしなければならないということではありません。どんな薬でも副作用がない薬はありませんので、リスクとメリットとを天秤にかけて、治療を受けるかどうかを決める必要があります。