Q.私の薄毛の原因は本当にAGAでしょうか?

男性の場合、思春期以降から髪が抜け始め、頭頂部や額の生え際から進行する薄毛は、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)と言えます。特に、両親や兄弟、祖父母に髪の薄い人がいる場合は、確実性がより高くなりますが、ご家族に薄毛の方がいない場合もあります。

AGA以外にも、加齢による動脈硬化で、頭皮の血行不全や毛母細胞自体が衰えて起こるケースや、ストレスや疲労、過度なダイエットや睡眠不足などが原因であるケースもあります。抗がん剤やステロイド剤による薬剤性脱毛症、甲状腺疾患やクッシング症候群などのホルモン異常による脱毛症、内臓疾患による脱毛症もありますが、頻度は高くありません。これらの脱毛症の場合は、脱毛以外に様々な症状が出てきますし、脱毛の仕方や部位がAGAとは異なるため、診断は比較的容易にできます。

ちなみにAGA遺伝子検査で「AGAリスクが低い」という結果でも、AGAを否定する根拠には全くなりません。詳しくは、AGA治療ブログの「AGA遺伝子検査の信憑性のページをご覧ください。