Q.ミノキシジル外用とフィナステリド内服の治療成績を教えてください

ミノキシジル外用

ミノキシジル5%外用剤の男性における1年間の治療成績は、軽度の改善例まで含めると有効率は90%以上です。著効例(著しく改善した例)だけに絞ると、有効率は12%となります。効果は1年経過時にピークとなるため、副作用が特に見られなければ、最低でも1年間の使用をおすすめします。発毛率、毛の太さなどの各項目の詳しい有効率は、AGA治療ブログ「ミノキシジルの有効性」をご参照ください。

フィナステリド(プロペシア)内服

国内の試験では1年間のフィナステリド1mg/日の使用により、軽度改善以上が58%、不変が40%です。AGAは進行していく疾患ですので、不変であれば脱毛の抑制につながっていると考えられるため、実際には全て含めると98%の有効率となります。

海外の試験では2年~3年の内服により、68%~78%の患者さんで軽度改善以上の効果が認められています。著効例(著しく改善した例)だけに絞ると、頭頂部では6%、前頭部では2%となり、前頭部側での改善効果はやや乏しくなります。

効果を見るためには1年間の使用をおすすめします。フィナステリドの詳しい作用機序や有効性については、AGA治療ブログ「フィナステリドの有効性」をご参照ください。