Q.ミノキシジルタブレットとはどのような薬ですか?

ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)は、発毛剤であるミノキシジルの内服薬(飲み薬)です。ミノキシジルタブレットはもともと、1960年代にアップジョン社(現ファイザー)が、その血管拡張作用から高血圧の治療薬として開発しました。ミノキシジルタブレットを飲んでいた患者さんのAGAが改善したことから、AGA治療に応用されるようになりました。

しかし、その後、ミノキシジルタブレットの様々な副作用が報告されるようになり、外用剤(塗り薬)として開発、使用されるようになりました。国内で大正製薬が製造販売いしてる「リアップ」はミノキシジルの外用剤です。

ミノキシジルタブレットは、動悸や不整脈、重篤なケースでは心不全や狭心症、心筋梗塞などの副作用があることと、他の安全な降圧薬が沢山登場したことにより、高血圧の治療薬としてもその役割を終えました。

ミノキシジルタブレットは、現存する治療薬の中で最も強い発毛作用があります。そのため、外用剤が無効なAGAや重度の高いAGAに限ってAGA治療専門クリニックで処方されています。

高血圧の治療薬として使用する極量(1日に使っても害の少ない上限の量)は、1日40mgですが、実際に発毛治療で使う量は、1日2.5mg~10mg程度と少なく、また、持病のない健康な方へ使用するため、重い副作用が起こることは稀です。

 

それでも他の薬と比較すると重篤な副作用の発現率が多い薬ですので、まずは外用剤から使うのが正しい使い方です。

ミノキシジルタブレットは、いろいろなサイトで「FDAに認可されており、AGA診療ガイドラインで推奨度Aである」というような書き方をされています。しかし、よく見るとわかるのですが、「(有効成分の)ミノキシジルはFDAで認可されている」、「(有効成分の)ミノキシジルはガイドラインでAランク」であるという表現となっています。

これは、ミノキシジルタブレットがあたかも標準治療であるかのように錯覚させていますが、実際には、副作用の問題からミノキシジルタブレットを発毛治療薬として認可・承認している国は1つもありません。

現在多くの国で認可されているAGAの治療はミノキシジルの外用剤であり、ミノキシジルタブレットではないことを念頭に置く必要があります。また、AGA診療ガイドラインで推奨度Aランクとされている治療もミノキシジル外用剤であり、内服剤ではありません。

ミノキシジルタブレットは非常に強力な発毛作用をもちますが、治療効果が副作用のデメリットを上回り、なおかつ患者さんの希望と同意があった場合に限り、副作用チェックをしっかりと行った上で使用されるべき薬です。