Q.ホルモン治療の治療成績を教えてください

ホルモン治療開始から3ヶ月間は、30%の患者さんでニキビが悪化する可能性があります。4ヶ月目から徐々に効果が現れ、6ヶ月で90%、12ヶ月で95%の患者さんが治癒、改善していきます。その後きれいになってからも1年ほど治療を継続してもらっています。

ホルモン治療のメリットは、重篤な副作用が非常に少なく長期に安全に内服できることです。デメリットとしては、ホルモン治療はアキュテイン治療よりも再発しやすく、治療中止後の再発率は約60%程度(※)と高めです。治療を始める前の状態まで戻ってしまう患者さんも20%の割合でいますが、残りの方は治療前より良い状態を保つことができます。

抗生物質、レーザー、ピーリングの治療だけでは、一旦良くなっても再発率が90%を超えますので、それと比較するとホルモン治療の再発率は低いのですが、やはり再発を繰り返す患者さんにとっては対症療法(症状を抑えているだけ)になってしまう可能性があります。

対症療法となったとしても、一度ニキビを全て無くし、その後のメンテナンスをしていくことは、ニキビ跡をできるだけ残さないという点で非常に大切な治療となります。また、症状を抑える治療を続けていくことで、自然にニキビができない年齢に達する方もいらっしゃいますので、そういった意味では有用性が高い治療と言えます。

※再発率に関しては、治療終了後、新生ニキビの数が治療前の状態の1/3以上に戻った場合を再発と呼んでいます。