アキュテインによるニキビ治療1 30代女性

初診時写真

あご、フェイスライン、首を中心に丘疹状の炎症性ニキビが多発しています。

acne-case-report-1-first

 

4ヶ月後写真

炎症性ニキビは改善しており、ニキビ跡の色素沈着も目立たなくなっています。治療中にかなり痩せられたそうで、別の方のように見えますが同一人物です。

acne-case-report-1-4months

 

治療内容・費用・リスク

この患者さんは、15年前よりニキビに悩んでおり、いろいろな皮膚科で実に様々な治療を受けていました。ニキビはどんどん悪化し、マスクなしでは歩けない状態になってしまったとのことで当院へ来院されました。アキュテイン(イソトレチノイン)と一緒に、成長因子・ヒトプラセンタ・美白剤を配合したEGホワイトクリームを4ヶ月間使用していただきました。

アキュテインの副作用については「アキュテイン治療」を、費用については「アキュテイン治療の詳しい料金」をご参照ください。

再生因子と美白剤配合のクリームを併用すると、ニキビ跡の赤みが早く引き、凹凸や色素沈着が残りにくくなります。ただ、すでにできてしまっている凹凸やシミを改善させる効果はありません。写真を見ていただけるとわかると思いますが、古い凹凸は残っています。

詳細

症例の経過をさらに詳しくお知りになりたい方は、「ニキビ治療ブログ症例1」をご覧ください。

 

写真は、治療を受けている患者さんのご厚意にて掲載させていただいており、美容目的ではなく「ニキビの治療」という観点から写真を掲載しております。見やすくなるように補正は行っておりますが、修正は行っていません。
※写真の無断転載を固く禁じます