肌のクリニック ニキビ治療

アキュテイン治療

アキュテイン

アキュテインは、中等症以上のニキビや難治性ニキビを治す飲み薬です。日本では未認可ですが、欧米を始め、全世界で30年以上前から使用されています。

アキュテインが日本で未認可の理由として、副作用による理由と財政的な理由があります。ニキビは身体的に不調をきたす病気ではないことから、軽んじられており、催奇形性などの副作用がある薬は認可されません。また、ニキビのために新たな治療薬を認可すると、それだけ国の財源が圧迫されることになります(健康保険では7割は国の負担となります)。

アキュテインの一般名はイソトレチノインという薬です。イソトレチノインの製品名は、アキュテインの他に、ロアキュテイン・イソトロイン・アキュタン・ロアキュタン・ソトレット・クララビス・アクノティン・アムネスティーム・アブソリカなどがあります。

当院では(前院での治療期間を含め)、12年以上アキュテインによるニキビ治療を行っています。国内では最も古くから治療を行い、延べ6000人以上に治療を行っており、最も症例数が多いクリニックと自負しています。

アキュテインによるニキビ治療

アキュテイン治療のニキビに対する有効率は98%以上、再発率は30%(※)と、全世界で使われているニキビの治療薬の中で「最も効果が高く、最も再発率が低い」治療です。

治療開始後1ヶ月間は、約30%の患者さんに一過性のニキビの増悪(好転反応)がみられますが、平均して2ヶ月間~3ヶ月間でニキビが改善していきます。ニキビが改善してからも、再発を防ぐために治療を継続する必要があります。1クールの治療期間は6ヶ月間~8ヶ月間です。

3ヶ月間で改善が認められなかったり、増悪期間(好転反応)が2ヶ月以上続いたりした場合は、アキュテインの用量を増やさなければなりません。当院では20mg~40mg/日を基準としていますが、場合によっては60mg/日~80mg/日と高用量で治療しなければならないこともあります。極量は体重あたり2mgまでです。つまり、体重60キロの患者さんの場合、120mg/日までとなります。

他院でアキュテイン治療を行い、改善しなかったという患者さんの大部分は、用量が足りてないことに起因しています。用量を増やせば効果は上がり、再発率も低くなりますが、副作用は大きくなりますので、その点には十分注意しなければなりません。

治療方法の工夫によって、再発率を最小限に抑えるように努力していますが、約30%の患者さんに再発(※)を認めます。また、残念なことに1~2%の患者さんには、用量を増やしていっても全く効果が認められないことがあります。

再発した場合は、最低2ヶ月間、できれば4ヶ月間空けてもう1クール治療を行います。再発したとしても、クール毎に徐々にできなくなってくる(クールを始める前よりは減る)方がほとんどですので、繰り返し叩いていけば良好な結果が得られる可能性が高いのですが、全体の5%~10%の患者さんでは、クールが終わる度に元のように再発してしまう方がいます。

アキュテイン(イソトレチノイン)は現存するニキビの治療薬の中では、最も高い有効率と最も低い再発率を誇りますが、100%の方が改善して、その後も永遠に再発しないというような、魔法の薬では決してありません。医療にも限界があり、過剰に期待をすると必ずしも満足する結果にならないこともあります。

※再発率に関しては、治療終了後、新生ニキビの数が治療前の状態の1/3以上に戻った場合を再発と呼んでいます。

アキュテインがニキビに効くメカニズム

アキュテインにはアクネ菌を殺菌する作用がある抗生物質や、ホルモン剤、ステロイドなどの成分は含まれていません。それでは、この薬はどのようにニキビを治していくのでしょうか?

アキュテインがニキビを改善させる作用は主に以下の2つになります。

①皮脂線を退縮させる作用

アキュテインは皮脂腺の細胞を退縮させる作用があります。薬を飲み始めると、約1~2週間で肌に強い乾燥を感じるようになるのはこのためです。結果として毛穴も縮まり小さくなります。

ニキビの原因菌であるアクネ菌や黄色ブドウ球菌は、毛穴や皮脂腺に潜んでいますが、アキュテインにより皮脂線が退縮するとそこに住めなくなり、抗生物質を使用しなくてもニキビの原因菌の数が激減します。

②皮膚の細胞を正常化させる作用

アキュテインは細胞に働きかけて、皮脂腺細胞や表皮細胞を正常化する働きがあります。皮膚の細胞が正常に働くようになると、異常な角化(皮膚が厚くなり、毛穴がつまる)が起こらなくなり、毛穴がつまらなくなればニキビの炎症が起こらなくなります。

アキュテインのニキビへの作用は①よりも②のほうが重要です。皮脂腺の細胞は強いため、アキュテインの治療が終了すると、皮脂腺の大きさは徐々に元の大きさに戻っていきます。皮脂量も約9割が元に戻ります。皮脂の量が戻ってもニキビが出来にくくなる理由は、皮膚の細胞が正常化し、皮脂が出たとしてもそれが毛穴をつまらせることが無くなるからです。

もっと詳しく知りたい方は、当院のニキビ治療ブログ「アキュテイン(イソトレチノン)がニキビを治す理由」をご覧ください。

アキュテインの治療期間

アキュテインの治療期間は1クール=6ヶ月間です。ニキビの治りが悪い場合、8ヶ月間に延長することもあります。最近は欧米のクリニックでも治療期間を長くする傾向にあります。その理由は、長く治療を継続したほうがより確実にニキビを叩くことができ、治療終了後の再発率を下げることができるからです。

しかし、再発率を下げられる反面、長期に飲めばそれだけ副作用のリスクが高くなることに留意しなければいけません。

1クールの治療終了後、最低でも2ヶ月間(できれば4ヶ月間)の休薬期間を取ります。ニキビの再発がないか、あっても軽ければ、治療は終了となります。

気になるほどの再発がある場合は、2ヶ月以上の休薬を取った後、再度受診していただき、2クール目の治療を行うかどうかを検討します。2クール目の治療期間も6ヶ月間です。

ニキビが再発したとしても、以前よりもできにくい状態になることがほとんどですので、2クール、3クールと治療を重ねることで、ほとんどのケースでニキビが気にならない状態までもっていくことが可能です。

再発率を下げる工夫については、よくある質問の「アキュテイン治療で再発を抑える工夫にはどんなものがありますか?」も併せてご覧ください。

アキュテインの副作用

アキュテインには、様々な副作用があることも事実です。

主なものとして、治療中は肌や粘膜が乾燥します。特に唇が最も乾燥しやすい部位です。乾燥によって口角炎(唇の端が切れる)も起こりやすくなりますので、起こってしまった場合には治療用の薬を処方します。

アキュテインは飲み薬ですので、顔、目、唇だけでなく全身が乾燥しますから、全身保湿が必要になります。当院では保湿用の薬、調剤化粧品を何種類か用意していますので、必要であればそれらの薬を併用して治療します。

皮膚の紅潮(赤み)も良く起こる副作用の一つです。レチノイド作用で毛細血管が拡張するために、ほてりやすくなったり赤みが出やすくなったりします。

その他、重大な副作用にうつなどの気分の落ち込み(自殺衝動)、肝炎、膵炎、潰瘍性大腸炎などの腸の炎症性疾患などがあります。

女性には「胎児の催奇形性」という重大な副作用があるため、内服中、及び内服終了後の6ヶ月間は避妊を必ず行っていただきます。この避妊期間については、添付文書上は「治療終了後1ヶ月間」となっていますが、私が12年前に国内で治療を開始した際は、日本人のデータがほとんどなかったために、安全性のマージンを取って避妊期間を延長しました。現在でもその期間を適用しています。

アメリカでは「iPLEDGA」というアキュテイン治療に関するプログラムが組まれており、女性の妊娠の有無を確認するために、毎回尿検査を行うことを義務付けています。当院でも治療開始以来、プログラムを厳格に守っています。

また、肝機能障害など、内臓に負担がある薬剤のため、副作用が出現しないかを必ずチェックする必要があります。当院では毎月採血をし、副作用が起こり得る検査値「20項目以上」をすべてチェックしています。危険な副作用の兆候が出る前に、未然に防げるように努力し、安全性を重視して治療を行っています。

アキュテインの副作用についてもっと知りたい方は、よくある質問の「アキュテイン治療の副作用にはどんなものがありますか?」をご覧ください。

当院では初診時に「アキュテインの副作用についての説明書」を患者さんへお渡しし、一つ一つの副作用とその対処法などを丁寧に説明していきます。疑問点などがあれば診察時に何でもご相談ください。

アキュテインの治療症例

実際に当院で行ったアキュテインによるニキビ治療の症例は、「治療症例」のページをご覧ください。

アキュテインの治療費用

アキュテインによるニキビ治療の費用は、全額自費負担になります。

正規ルートから厚生労働省への薬監手続き、薬監証明などの書類作成などを行ってクリニックで輸入するため、個人輸入よりは高い金額になるかもしれませんが、当院はアキュテインによるニキビ治療の症例数が全国で最も多いため、全国で最も安い治療費に設定しています(2016年度当院調べ)。

医師の処方せんがないアキュテインの個人輸入は禁止されています(厚生労働省:アキュテインの個人輸入に関する注意喚起)。米国FDAでもアキュテインの個人輸入サイトは違法です。米国では医師でも全員がアキュテインを処方できるわけではなく、登録制になっており、アキュテインに関して一定の知識がある医師のみが処方できるようになっています。

アキュテインの使用には細心の注意が必要ですので、医師の責任のもとに服用することを強くお勧めします。

当院では、標準的な用量(1日20mg)での治療の場合、診察費・検査費用・薬代を含めて1ヶ月あたり初診時は19,720円~20,680円、2回目以降は16,820円~17,780円(税抜)です。

アキュテインは、原則として中等症~重症以上のニキビに用いられるお薬ですが、程度があまりひどくないケースでは、1日10mgから開始することもあります。また反対に、重症度が高いケースでは、1日40mgや60mgで開始することもあります。

より詳しい料金については「アキュテイン治療の詳しい料金」と「ニキビ治療料金表」をご覧ください。

アキュテイン治療を受けることができない方

以下の方はアキュテインによるニキビ治療を受けることができません。

1. アキュテインを個人輸入している方

アキュテインの個人輸入は厚生労働省から禁止されています。当院では医師の責任の下で医薬品の処方と治療を受けることができる患者さんのみに診療を行っておりますので、ご了承ください。

2. 軽症ニキビの方

アキュテインは難治性で中等症以上のニキビの方のみに適応があります。

3. 15歳未満の方

骨端線が閉鎖して、身長の伸びが止まる可能性があります。

4. 18歳未満の方

18歳未満の方は初診時には保護者の方と同伴でなければ、薬の処方はできません。再診時はご本人だけでも診察可能です。

5. 精神疾患を患っている方

うつ病、統合失調症等の精神疾患を患っている方は、治療を受けることができません。既往があって現在完治されている患者さんは、診察の際に医師へご相談ください。

6. ご妊娠中の方など

妊娠中、授乳中、または1年以内に妊娠の予定がある方は、アキュテインの内服はできません。

7. レーザー脱毛、フラッシュ脱毛中の方

治療中、および治療中止後3~6ヶ月間は脱毛を中断していただきます。

8. 定期検診の重要性

1クール6ヶ月間、1ヶ月に1回の検査が必要となります。遠方の方には長めに処方することも可能ですので、診察時にご相談ください。定期的に当クリニックへ通うことが出来ない方は、お近くの他の病院での治療をおすすめします。

 

もっと詳しくアキュテインの情報を知りたい方は、よくある質問のアキュテイン治療についてをご覧ください。

よくある質問を見る