VCエチル日焼け止め

  •  

     

    活性酸素の発生を抑える
    水酸化アルミニウムコーティング
    ルチル型酸化チタンと

    紫外線A波による
    メラニン単量体の重合化を
    抑制し、シミを防ぐ
    ビタミンCエチルを配合

    ノンケミカルで肌に優しく
    石鹸・洗顔料で洗い流せる
    日焼け止めクリーム

    SPF30 PA++

「肌を錆びさせない日焼け止め」に徹底的にこだわりました

紫外線散乱剤のルチル型酸化チタンを水酸化アルミニウムでコーティングすることで、酸化チタンの光触媒活性を不活化し、活性酸素の発生を抑えています。また、高い抗酸化作用のあるビタミンCエチルを配合することで、紫外線による活性酸素を除去し、光老化を防ぎます。

肌老化を抑えるシンプルな処方設計にこだわりました。

ビタミンCエチルは日焼け止めに最適

ピュアビタミンCは、紫外線の影響でアスコルビン酸ラジカルが発生するため、日中の使用はできません。それに対し、ビタミンC誘導体はラジカルの発生が少なく、日中でも使用することが可能です。

ビタミンC誘導体はUVBによるDNA損傷を減少させ、細胞レベルで肌を紫外線から守ります。その中でもビタミンCエチルは、熱や光に対する安定性が高く、誘導体そのままの形でビタミンCとして作用し(即効性)、72時間かけて肌の中でビタミンCへ代謝されるため、持続性があります。さらにビタミンCエチルだけが持つ作用として、UVAによるメラニン単量体の重合抑制作用があります。

ビタミンCエチル特有のメラニン単量体重合抑制作用

日焼け後のシミは、UVBの影響によって発生する他、UVAが表皮基底層の「メラニン単量体」を重合化させる(集まって重なり合わせる)ことによっても発生します。メラニン単量体は集まると色が濃くなり、メラニンを形成します。ビタミンCエチルは、このメラニン単量体が重合化するのを抑制し、UVAによる「後からじわじわ出現してくるシミ」をブロックします。

ビタミンCエチルについて詳しくは、高濃度「浸透型」VCローションのページをご参照ください。

「VCエチル日焼け止め」の特徴

VCエチルUVホワイト日焼け止め特徴1ノンケミカル・紫外線吸収剤不使用で、肌に優しい処方設計です。VCエチルUVホワイト日焼け止め特徴2専用クレンジング不要。せっけんや洗顔料で洗い流すことができます。(※1)
VCエチルUVホワイト日焼け止め特徴3白残りせず、弱いウォータープルーフ効果があるため、化粧下地としてもご使用になれます。(※2)VCエチルUVホワイト日焼け止め特徴4光触媒活性を抑えた酸化チタンを採用し、抗酸化作用を持つビタミンC誘導体とビタミンEを配合。
VCエチルUVホワイト日焼け止め特徴5乾燥の原因となる酸化亜鉛不使用で、1日中うるおいをずっとキープします。VCエチルUVホワイト日焼け止め特徴6VCエチル配合で、ニキビをできにくくし、紫外線によるシミを防ぎます。

 

※1 基剤に少量のシリコーンを使用していますが、表面処理はノンシリコーンのため、せっけんで落とせます。※2 多少の汗・水を弾きますが、夏場のメイク下地や皮脂の多い方へのメイク下地には適しません。

「きしみ」をなくすことが課題でした

紫外線吸収剤を使わないノンケミカル処方の場合、SPFを上げようとすると、どうしても紫外線散乱剤による「きしみ」が出てしまいます。

この日焼け止め原料独特のきしみにより、肌が突っ張ったように感じたり、ゴワゴワしているように感じたりして、日焼け止めを使いたくないと感じる人も少なくありません。

当院の調剤日焼け止めは、何度何度も試作を重ねて、ノンケミカルとは思えない使い心地を実現しました。白残りせず、良く伸びるため、肌にストレスなく使用することができます。院内にテスターがありますので、ぜひお試しください。

日焼け止め使用感

 

VCエチル日焼け止め / 1,980円(税抜)

SPF30 PA++。敏感肌・乾燥肌の人でも使えます。うるおいがずっと続く、ノンケミカルで肌に優しい日焼け止め。

  • ■内容量 / 30ml 
    ■使用期限 / 処方日より 室温3ヶ月
    ■使用感 / しっとり
    ■無香料・無着色・パラベンフリー・エタノールフリー
    ■有効成分 / 酸化チタン(ルチル型・水酸化Alコーティング) 3-O-エチルアスコルビン酸
    ■全成分 / 院内パンフレットをご覧ください。
    ※多少の汗・水を弾きますが、ウォータープルーフ効果は弱いため、汗をかいた後はこまめに塗り直してください。