バイオエコリア(α-グルカンオリゴサッカリド)

美肌菌を増やすバイオエコリア

当院のすべての化粧水に、肌の善玉菌を増やす「バイオエコリア」(※)を配合しています。バイオエコリアは、ショ糖とマルトースから作られた天然のオリゴ糖です。


※グルコオリゴ糖 成分名: α-グルカンオリゴサッカリド

善玉菌は、肌のバリア機能の最前線

皮膚には、肌に住み着いている菌が 200種類以上います。善玉菌である表皮ブウ球菌などは、皮脂を酸性の「脂肪酸と保湿作用がある「グリセリン」に分解し肌をみずみずしい弱酸性に保ちます。一方、悪玉菌である黄色ブドウ球菌などは、普段は大人しくしていますが、 善玉菌が減って肌がアルカリ性に傾くと、がぜん元気になり、増殖を始めます。皮膚の細菌のバランスが崩れ、悪玉菌が異常に増殖することが、アトピーやニキビの原因の一つと考えられています。

アクネ菌は、普段は善玉菌のように肌を守る働きをしていますが、肌の環境が悪化して毛穴が詰まると、大増殖してニキビの原因となります。そのような菌を「日和見菌(ひよりみ菌)」と言います。


バイオエコリア2

 

バイオエコリアの生物選択性

善玉菌(ミクロコッカス・クリスチネ)と悪玉菌(黄色ブドウ球菌)を、0.5%のバイオエコリアを含む培地で24時間培養した結果、善玉菌は100倍に増加し、悪玉菌は100分の1に減少していました。他の複数の菌種においても、バイオエコリアは、肌に有益な常在菌の栄養源になり、肌に好ましくない細菌や、感染症を起こす細菌の栄養源にはならないことが証明されています。