ニキビ治療症例4 20代男性 アキュテイン治療

初診時写真

顔全体に炎症性ニキビが多発しています。

アキュテイン治療3-1-1初診時

アキュテイン治療3-1-2初診時

1ヶ月後写真

頬を中心とした炎症性ニキビが消退しています。この患者さんは初期悪化がありました。イソトレチノイン(アキュテイン)を飲み始めて2週間後には大きな炎症性ニキビが噴き出てきたとのことでしたが、治療継続を指示しました。

アキュテイン治療3-2-1 1ヶ月後

5ヶ月後写真

新生ニキビ、活動性ニキビはなくなり、幸いニキビ跡の色素沈着や凹凸もそこまで残らずに治癒しました。

5ヶ月後

5ヶ月後2

後記

この患者さんは15年ほどニキビに悩まされており、皮膚科で保険治療を受けても改善を認めなかったため、受診されました。アキュテイン治療時の初期悪化については説明していたのですが、治療開始2週間後にニキビがかなり悪化してしまったようで、心配になり当院へ電話がありました。アキュテイン治療の場合は1ヶ月間、ホルモン治療の場合は3ヶ月間、一過性にキビが悪化する可能性がありますので、その期間は我慢しなければなりません。悪化しても特別な治療は行わず、触らない、潰さないということを心がけてもらい、内服を続けるように指示しました。1ヶ月後に来院した際は、上の写真のようにすでに改善傾向となっていました。

詳細

症例の経過をさらに詳しくお知りになりたい方は、「ニキビ治療ブログ症例4」をご覧ください。

 

写真は、治療を受けている患者さんのご厚意にて掲載させていただいており、美容目的ではなく「ニキビの治療」という観点から写真を掲載しております。見やすくなるように補正は行っておりますが、修正は行っていません。
※写真の無断転載を固く禁じます